Webライター

Webライティングのリード文の役割とは?具体的な作り方や3つのテンプレートを紹介

タイトル

kazu

専業Webライター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やしたい、SEOの実践経験を増やしたいという目的でブログを運営しています。

「Webライティングのリード文の役割は?」
「リード文はどうやって書けばいい?具体的な書き方について知りたい!」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

Webライティングを勉強しているものの、リード文をどうやって書けばいいか悩み、つまずいてしまう方は多いでしょう。

リード文は、読者への共感や記事の結論、内容などを端的に伝えることが大切です。テンプレートを使えば、初心者でも楽に執筆できるようになりますよ。

この記事では、上手くリード文を書けるようになりたいあなたのために、以下の情報について解説します!

この記事でわかること

  • リード文の役割
  • リード文の書き方やテクニック
  • 3つのリード文テンプレート
kazu
僕はリード文のテンプレートを使い、ここまで成果を上げられました!

会社を辞めて独立
未経験から月収65万円
1年でディレクターに昇格

初心者でも読者の心を掴めるリード文が書けるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください!

Webライティングのリード文とは?重要な3つの理由

Webライティングのリード文とは?重要な理由

リード文は読者を引き込むための文章です。記事の一番上に設置されており、以下のような理由から非常に重要だと言えます。

リード文が重要な理由

  • 読者を引き込める
  • 内容がわかりやすくなる
  • SEO対策になる
kazu
本質を知らないと良いリード文は書けません。なぜ重要なのか必ず理解しておきましょう。

①読者を引き込める

リード文の役割は、記事を読み進めてもらうこと。

Web記事は本などと違い、すぐ読み飛ばされてしまいます。読者への共感やその解決策、記事の内容を先に伝えることで、最後まで読んでもらえるようになるのです。

どれだけ記事の内容が素晴らしくても、リード文がおろそかだと読んでもらうことすらできません。そう考えると、リード文は超重要だと言えるのではないでしょうか?

②内容がわかりやすくなる

読者に記事の内容を伝えるのもリード文の役割です。

リード文では、記事の結論や解決策、具体的な内容を最初に伝えます。その結果、読者は理解を深めた上で記事を読み進められ、結果的に商品が売れることにも繋がるのです。

kazu
商品が売れる(コンバージョン)は、クライアントにとって非常に重要です。

③SEO対策になる

リード文はSEO対策にも有効です。

SEOとは
Search Engine Optimizationの略。サイトや記事をGoogle検索で上位表示させるための一連の施策のこと。

Googleが記事の品質を評価する上で、ひとつの基準となるのが「滞在時間」です。

リード文を書かず、読者にすぐ離脱されてしまった場合、滞在時間はほとんどありません。その結果、Googleから「全然読まれてないから品質が悪い」と判断され、検索順位を落とされてしまいます。

kazu
滞在時間を伸ばすためにも、リード文で読者をしっかり引き込むことが重要です。

SEOについては以下の記事で詳しく解説しています。

WebライターSEO
【最新】WebライターならSEO知識は必須!今すぐ実践できるテクニック10選を紹介

「SEOってどんなもの?」 「Webライターが知っておくべきSEO知識とは?具体的な書き方も知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? WebライターにはSEOの知識が必須です。 しかしそう ...

続きを見る

Webライティングでリード文を作る6つの手順

Webライティングでリード文を作る手順

リード文の重要性を理解したところで、次は具体的にどうやってリード文を書いていくのか見ていきましょう。

具体的な手順は次の6つです。

リード文を作る手順

  1. 疑問で引き込む
  2. 読者に共感する
  3. 解決策を提示する
  4. 信頼性を担保する
  5. 記事の内容をまとめる
  6. 容易さを伝える
kazu
初心者でも意外と簡単にできますので、順に見ていきましょう。

①疑問で引き込む

まずは読者の疑問を言語化しましょう。

たとえばダイエットの記事なら、読者には次のような疑問が生まれているはずです。

「ダイエットにはどんな運動をすればいいの?」
「どんな食事を取ればいいの?」
「最短で痩せる方法を知りたい!」

これをそのまま記事の一番上に書くことで、読者に「自分事」として認識してもらい、読まれやすくなります。

②読者に共感する

疑問を伝えたら、次に共感しましょう。

先ほどのダイエットの記事の場合、次のような共感になります。

運動しても痩せないと辛いですよね
食事を変えても痩せず、悩んでいる方も多いでしょう
何ヶ月も体重が変わらず心が折れる方も多いと思います

ただし、共感は外すとあまり意味がありません。読者にしっかり共感するには、まず「どんな人が」「どんな悩みを抱えているのか」を明確にすることが大切です。

kazu
この「ペルソナ設定」は、後ほど詳しく解説します。

③解決策を提示する

Web記事は「結論ファースト」が大切です。

読者への共感も大切ですが、そればかりだと回りくどいと感じられ、離脱される可能性も考えられます。

読者の悩み・疑問への解決策を真っ先に提示すれば「この記事なら問題が解決しそう」と感じてもらえます。

④信頼性を担保する

Google検索ではE-A-Tも重要です。

E-A-Tとは
Googleがサイトを評価する上で、重視している以下3つの項目のこと。
Expertise(専門性)
Authoritativeness(権威性)
Trustworthiness(信頼性)

信頼性や権威性を示すため、記事のトップには以下のような要素を盛り込みましょう。

  • 筆者の実績
  • 監修者の情報
  • 参考にした文献

Webにはいい加減な情報も出回っています。しかしだからこそ、E-A-Tを意識することで他のWeb記事と差別化できるのです。

⑤記事の内容をまとめる

次に、記事の内容を伝えていきましょう。

あらかじめ記事の流れがわかっていれば、読者の理解が深まりますし、理解が深まればより長い時間読んでもらえるようになります。

ただし、情報は多すぎても良くありません。人間は選択肢が多すぎると、逆に思考停止し読むのをやめてしまうためです。リード文では、記事内で特に重要な情報を3〜4つに絞って伝えることが大切です。

kazu
リストタグや装飾を使い、わかりやすく伝えるようにしましょう。

⑥容易さを伝える

最後に、簡単にできると背中を後押ししましょう。

多くの読者は、情報を得てもそう簡単には変われないと考えながら記事を閲覧しています。

kazu
この記事を読んでいるあなたも「本当に解決するのだろうか?」と、心の奥底で考えているのではないでしょうか?

そこで「5分で理解できます」「初心者でもできるようになります」などと伝えることで、より安心して記事を読み進めてもらえます。

Webライティングで良いリード文を作る3つのポイント

Webライティングで良いリード文を作るポイント

さらに良いリード文を作りには、以下のポイントも意識しておきましょう。

良いリード文を作るポイント

  • ペルソナを作る
  • 読者ニーズを感が和える
  • 短く簡潔にする

それぞれわかりやすく解説します。

①ペルソナを作る

ペルソナとは、記事のターゲットとなる読者像のこと。

リード文には読者の疑問・共感が入ります。しかし、読者像がわかっていないのに、読者の悩みが明確にわかるはずはありませんよね。

読者像は、具体的なら具体的なほど有効です。リサーチしながら「どんな読者が検索しているのか」をしっかり考えましょう。

kazu
僕の場合、ペルソナで以下の項目を設定しています。
  • 年齢&性別
  • 仕事&家族構成&収入
  • 抱えている悩み
  • テーマに対する目標
  • 性格や人生観
  • 商品の購入プロセス

思ったより細かいと感じた方も多いはず。しかしこれくらい細かく設定しておけば、読者の悩みも手に取るようにわかりますよ。

②読者ニーズを考える

ペルソナの後は、読者ニーズを考えておきましょう。

読者ニーズは共感を深める上で重要なのですが、記事の構成にも深く関わってきます。記事のリサーチ段階で、読者ニーズをしっかり考えておいた方が良いですね。

競合記事の内容だけでなく、Yahoo!知恵袋や関連キーワード、再検索キーワード(LSI)なども見て、多くの読者ニーズを探りましょう。

具体的なやり方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

Webライター構成
【丸わかり】Webライターが記事構成を作る手順は?使用すべきツールやコツも解説

「記事構成ってどうやって作ればいい?」 「何かコツとかあるの?サクッと良い構成を作れるようになりたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 「構成は記事の9割を占める」と言われているほど重要ですが ...

続きを見る

③短く簡潔にする

リード文は確かに重要ですが、長すぎてはいけません。

あまりダラダラと共感しすぎていると、読者は回りくどさを感じてしまい、離脱されてしまうでしょう。

目安としては200文字程度が妥当です。冗長表現やかぶるような部分は極力削り、スマートに読者を本文に案内しましょう。

すぐに使える!Webライティングのリード文テンプレート

すぐに使えるリード文テンプレート

これまで紹介したリード文の書き方は、あくまで一例。メディアによって様々なリード文があるため、テンプレートを利用して臨機応変に使いこなしましょう。

リード文テンプレート

  • お悩み解決系
  • まとめ系
  • 解説系

①お悩み解決系

最もスタンダードな型のリード文です。

当記事で紹介した書き方は、このテンプレートに即しています。個人ブログでも多く使われており、最も読者に寄り添い、読んでもらえる可能性が高いリード文だと言えるでしょう。

「〇〇って何?」
「〇〇するにはどうすればいい?」

こんな疑問を持っていませんか?

〇〇に悩む方は多いでしょう。

(記事の結論)

この記事では、以下の内容について解説します

  • 〇〇
  • 〇〇
  • 〇〇

〇〇について5分で理解できますので、ぜひ最後までご覧ください!

②まとめ系

非常にシンプルなリード文です。

記事の内容を簡単に伝えることで、読者がパッと本文に入っていけるため、スムーズに本文を読んでもらえます。

当記事の内容は以下の通りです。

  • 〇〇
  • 〇〇
  • 〇〇

〇〇について5分で理解できますので、ぜひ最後までご覧ください!

③解説系

企業メディアでよく使われるリード文です。

本当なら読者の疑問・共感を挟んだ方が読まれやすくなるのですが、堅めのメディアにはこちらの方が好まれます。

〇〇とは〜〜です。

〇〇について、〜〜や〜〜と考えている方は多いでしょう

この記事では、〇〇とはどのようなものなのか、どうやって〇〇すれば良いのか詳しい情報をまとめました。

〇〇について5分で理解・実践できますので、ぜひ最後までご覧ください!

Webライティングのリード文とメタディスクリプションの違い

リード文とメタディスクリプションは明確に異なります。

メタディスクリプションとは、検索画面でタイトルの下に表示されている文章のこと。簡単に言うと、検索画面でのリード文だと言えるでしょう。

メタディスクリプション

メタディスクリプションは、何も設定していなければ記事の一番上の文章、つまりリード文が適用されます。リード文を少し改変し、より読みやすくするのも良いでしょう。

Webライティングはリード文が超重要!テンプレートも活用しよう

Webライティングではリード文が非常に重要です。

読者の悩み・疑問を把握し、適切にリード文を書けば記事が読まれる確率はグンと高まります。良いリードを作るためのペルソナや読者ニーズの設定も重要です。

初心者の方は、まず以下の手順でリード文を作成してみましょう。

リード文を作る手順

  1. 疑問で引き込む
  2. 読者に共感する
  3. 解決策を提示する
  4. 信頼性を担保する
  5. 記事の内容をまとめる
  6. 容易さを伝える

当ブログでは、Webライターの基礎知識や勉強方法について解説していますので、ぜひ参考にしてください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kazu

専業Webライター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やしたい、SEOの実践経験を増やしたいという目的でブログを運営しています。

-Webライター

© 2022 KAZUBLOG Powered by AFFINGER5