フリーWebライター

Webライティングの見出しとは?基礎知識や魅力的な見出しを付けるテクニックを解説!

タイトル

「Webライティングにおける見出しって何?」
「見出しはどう付ければいい?具体的なやり方をわかりやすく知りたい!」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

Webライティング初心者の方は、見出しとは何か、具体的にどうやって設定すればいいのかわからないケースも多いでしょう。

見出しは、読者を迷わせないための道標とも言えるもの。見出しを正しく設定できないと、Webライティングの基礎ができているとは言えません。

この記事では、あなたのために以下の情報について解説します!

この記事でわかること

  • 見出しとは
  • 見出しを付ける具体的な方法
  • 見出しを設定する時の注意点
kazu
僕は正しくWebライティングを学んだことで、ここまで成果を上げられました!

会社を辞めて独立
未経験から月収65万円
1年でディレクターに昇格

見出しの設定ができるようになれば、Webライティングが一気に楽になり稼げるライターに近づけますので、ぜひ最後までご覧ください!

Webライティングにおける見出しとは?

ライティングの見出しとは?

Webライティングにおける見出しとは、コンテンツの内容をわかりやすく表したものです。

見出しにはいくつか種類があり、たとえば大見出しの中に小見出しが入っている「入れ子構造」になっています。Googleが記事の内容を把握するためにも、正しい見出しの設定は重要です。

kazu
もちろん、コンテンツを作成するWebライター側も正しい見出しの付け方を知っておく必要があります。

Webライティングで見出しが重要な3つの理由

Webライティングで見出しが重要な3つの理由

Webライティングで見出しが重要なのは、次のような理由が挙げられます。

見出しが重要な理由

  • SEO対策になる
  • 読みやすい記事になる
  • 目次から必要情報に飛べる

①SEO対策になる

SEOライティングは、記事を検索上位に上げるための文章術。

見出しを設定してわかりやすい記事することで、記事が読まれるようになり、結果的に検索結果の上の方に表示されるようになります。

また、Googleはクローラーというロボットを巡回させて、記事の良し悪しを判断しています。正しく見出しを設定しておくことで、クローラーが記事の構造を把握できるというメリットもあるのです。

kazu
本気でSEO対策を行うなら、見出しについての知識は必須とも言えるでしょう。

SEOについてより詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

WebライターSEO
【最新】WebライターならSEO知識は必須!今すぐ実践できるテクニック10選を紹介

「SEOってどんなもの?」 「Webライターが知っておくべきSEO知識とは?具体的な書き方も知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? WebライターにはSEOの知識が必須です。 しかしそう ...

続きを見る

②読みやすい記事になる

先ほどのSEOの話は、少し複雑だったかもしれません。

しかし、見出しは読者にとって読みやすい記事にするというシンプルな効果も期待できます。

見出しがないと、どこにどの内容が書いているか非常にわかりにくくなります。その結果、読者は文章を読むのに疲れ、その記事から離脱してしまうでしょう。

kazu
読者の理解を助けるためにも、見出し設定は必須です。

③目次から必要情報に飛べる

Web上の記事を読む際、多くの読者は目次を見て自分が読みたい箇所に飛ぶのではないでしょうか?見出しはこの目次の項目にもなります。

見出しタグを設定しておけば、目次に表示されるようになり、読者がどこから読むか選べるようになります。

この記事の場合、見出しを付ける手順を手っ取り早く知りたい読者は目次をクリックして「Webライティングで見出しを付ける手順」を読むはずです。

kazu
このように、読者が必要な情報だけを読むのに見出しや目次が重要になります。

Webライティングの見出しに関する5つの基礎知識

Webライティングの見出しに関する基礎知識

Webライティングで見出しを付ける際は、最低限以下のポイントだけは押さえておきましょう。

見出しの基礎知識

  • KWを意識する
  • 正しい階層構造にする
  • 文章の内容と一致させる
  • 見出しで内容がわかるようにする
  • 適切な順番にする

それぞれ詳しく解説していきます。

①KWを意識する

SEOライティングでは、読者が検索するキーワード(以下KW)に基づいて、読者のニーズに沿った情報を入れていくことが基本中の基本です。

この際、見出しにもしっかりKWを含めることがSEO対策になります。

全ての見出しに無理矢理KWを入れ込む必要はありませんが、最低限以下のポイントは守って見出しを付けるようにしましょう。

  • 1〜2個目までのH2には必ずKWを入れる
  • できるだけ多くのH2にKWを入れる

②正しい階層構造にする

見出しの階層構造も理解しておきましょう。

見出しはH2〜H6まであり、H2の中にH3が入っている「入れ子構造」になっています。もちろん、小さい見出しの中に大きい見出しが入ることはあり得ません。

見出し

また、H3以下の見出しは「並列する要素」を扱うために使うものですので、基本的に単一では使いません。

kazu
単一でH3、H4を使ってしまうミスは多いため注意しましょう。

③文章の内容と一致させる

見出しと本文の内容は一致させましょう。

たとえば、見出しが「筋トレのテクニック5選」なのに、内容が全く関係のないダイエットの内容だったらどうでしょうか?

「騙された!!読むだけ時間の無駄だな」と感じて、その記事を読むのをやめてしまうでしょう。

これは極端な例ですが、実際には「〇〇を解決する方法」と書かれていながら、具体的なやり方が何ひとつ書かれてないと読者を失望させてしまいます。

④見出しで内容がわかるようにする

見出しでは結論ファーストにすることも大切です。

たとえば「ダイエットには食事が一番大事」という趣旨の見出しを付けるとしましょう。この場合の良い例・悪い例を紹介します。

× ダイエットに大事な要素とは?
○ ダイエットに一番大事なのは食事

kazu
後者の方が結論ファーストで、読者に優しいと言えるのではないでしょうか?

最初に結論を書いたら、あとは読まれないのではないかと考える方もいるかもしれません。しかし実は逆で、先に結論を書くことで読者は理由や根拠を知りたがり、本文まで読まれるようになるのです。

⑤適切な順番にする

見出しは適切な順番で設置しましょう。

たとえば「有酸素運動とは」と「有酸素運動のポイント」の2つの見出しがあったとします。この見出しは、どちらが先にくるべきでしょうか?

答えは「有酸素運動とは」ですね。

この見出しを先に置かないと、有酸素運動とは何かわからないまま「有酸素運動のポイント」について説明されることになり、混乱を招きかねません。

kazu
本質は「この順番で読者はスムーズに理解できるのか?」を考えることです。

さらに魅力的な見出しを付ける5つのポイント

さらに魅力的な見出しを付けるポイント

見出しをさらに魅力的にし、読者に読み進めてもらうためには以下のポイントも意識しましょう。

見出しを付けるテクニック

  • 簡潔にする
  • メリットを明確にする
  • 関連KWも組み込む
  • 数字を入れる
  • 数字を入れる

①簡潔にする

見出しはできるだけ簡潔にしましょう。

見出しの文言がごちゃごちゃしていると、それだけで「なんか難しそうだな」「よくわからないな」と思われ、離脱される可能性があるためです。

kazu
具体例を挙げてみましょう。

× 筋トレの効率をさらに高めるためのポイント
○ 筋トレを効率化するポイント

単一で見ると、そこまで差がないかもしれません。しかし、前者のような冗長な見出しが続くと目次がごちゃごちゃして見にくくなり、非常に見栄えが悪いです。

kazu
構成を組む際は、見出しを一瞥して見にくくないか確認しましょう。

②メリットを明確にする

見出しでは読むメリットを明確にしましょう。

kazu
先日僕がライターさんにフィードバックした内容で、次のようなものがありました。

h2:筋トレをする3つのメリット
h3:基礎代謝が上がる
h3:成長ホルモンが分泌される
h3:血行が良くなる

kazu
どうでしょう?パッと見でメリットが伝わるでしょうか?

ある程度筋トレの知識がある方なら、内容を予測できるかもしれませんが、全く知識がない方からすればなんのことがわからないはずです。

大事なのは「基礎代謝が上がりどうなるのか」「成長ホルモンが分泌されどうなるのか」です。伝わりにくい見出しを無意識に書いてしまう方は多いため、読者が意味を理解できるのかしっかり推敲しましょう。

③関連KWも組み込む

ターゲットとなるKWには、関連するKWが存在するケースもあります。関連KWを調べるには「ラッコキーワード」という無料ツールを使用します。

kazu
たとえば筋トレというKWの関連KWを調べてみると、次のようにざっと出てきます。

筋トレの関連KW

SEO対策で絶対に知っておいてほしいのですが、関連KWをタイトルや見出しに組み込むことで、さらに集客を見込める可能性があります。

関連KWが多すぎるケースでは?
「キーワードプランナー」を使い、KWのボリュームを調べ、ボリュームの大きい関連KWを優先するのがおすすめです。

④数字を入れる

見出しではナンバリングを意識しましょう。

たとえば「筋トレのメリット」という見出しなら、次のようにするのがおすすめです。

× 筋トレのメリット
○ 筋トレをする3つのメリット
○ 筋トレのメリット3選

具体的な数字は読者の目を引きます。また、数字化することでいくつ項目があるのか把握しやすくなるため、入れておいて損はないでしょう。

なお、h3にもしっかり数字を入れることで「いま何個目の項目を読んでいるのか」がすぐわかるため、より読者にとって親切な記事になりますよ。

⑤感情を刺激する

時には読者の感情を刺激することも意識しましょう。

特に、一般的な常識とは異なる内容や、読者の悩みを直接的に解決するような内容の見出しを付けるときに役立ちます。

  • 実は〇〇
  • 〇〇なのにどうして?
  • 〇〇な方必見!
kazu
見出しが冗長にならない範囲内で、こうしたワードを組み込むと効果的です。

Webライティングで見出しを付ける手順

Webライティングで見出しを付ける手順

見出しの重要性は分かったけど、具体的にどうやって構成を練っていけばいいかわからない!という方は多いでしょう。

具体的には、以下の順番で構成を練っていきます。

  1. ペルソナや読者ニーズを考える
  2. 関連キーワードやYahoo!知恵袋を検索する
  3. 競合記事をリサーチする
  4. 記事に組み込む内容を決める
  5. 見出しやタイトルを設定する

Webライティングの構成について、以下の記事でより詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

Webライター構成
【丸わかり】Webライターが記事構成を作る手順は?使用すべきツールやコツも解説

「記事構成ってどうやって作ればいい?」 「何かコツとかあるの?サクッと良い構成を作れるようになりたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 「構成は記事の9割を占める」と言われているほど重要ですが ...

続きを見る

また、本文の書き方については以下の記事で解説しています。見出しを作ったものの、どうやって本文を書けばいいかわからない方は、ぜひ参考にしてください。

Webライティングで見出しを付ける時の3つの注意点

Webライティングで見出しを付ける時の注意点

Webライティングで見出しを付ける際は、以下の点にも注意しておきましょう。

見出しを付ける際の注意点

  • 冗長にならないようにする
  • 矛盾した見出しを作らない
  • デザイン上の理由で見出しを作らない

①冗長にならないようにする

見出しは冗長にならないよう注意です。

前述の通り、見出しがごちゃごちゃしていると読者の理解を妨げるだけでなく、目次の時点で「難しそうな記事だな」という印象を与えてしまいます。

kazu
見出しは極力シンプルを心がけましょう。

感情を刺激するテクニックも、記事の核心となる重要な部分にのみ使うようにしましょう。

②矛盾した見出しを作らない

矛盾した内容にならないよう注意です。

たとえば「ダイエットに重要なのは食事」という見出しがあるにもかかわらず、真っ先に有酸素運動の見出しが前に来ているケース等ですね。

矛盾を避けるには、まず「記事の結論」を決めておくことが大切です。結論を決めた上で、見出しの内容や順番を決めておけば、矛盾は生じなくなります。

③デザイン上の理由で見出しを作らない

初心者に多いのが、デザインとして見出しを使ってしまうケースです。

見出しを付ける理由は、見栄え上の問題もありますが、何よりも「論理破綻しないため」に付けるのが本質的な部分になります。

論理を無視して見出しを付けてしまうと、支離滅裂な記事になって読者を混乱させてしまいます。デザインではなく、論理のために見出しを使いましょう。

見出し作成が簡単になる!Webライティング構成テンプレート

見出し作成が簡単になる!Webライティング構成テンプレート

構成を練る際は、テンプレートがあると便利です。

テンプレートを作っておけば、どの順番でリサーチを進めればいいのかわかりやすくなり、悩まずに構成を組めるようになります。

kazu
構成のたびに「何をしようか?」と悩むのはリソースの無駄遣い。ペルソナや読者ニーズの把握に脳のリソースを割きましょう。

以下は僕の使っている構成テンプレートですので、良ければコピーして活用してください。

>>構成テンプレートを使う

テンプレートの使い方は?
上部メニューバーの「ファイル」から「コピーを作成」でテンプレートをコピーできます。

Webライティングでは見出しが超重要!わかりやすく伝えることを意識しよう

Webライティングでは見出しが非常に重要です。

見出しは読者の理解を助けるのはもちろん、Googleに記事の構造を把握してもらうのにも役立ちます。

SEOライターとして稼ぐなら、基本中の基本だと言えるでしょう。初心者はまず、最低限以下のポイントを押さえておいてください。

見出しの基礎知識

  • KWを意識する
  • 正しい階層構造にする
  • 文章の内容と一致させる
  • 見出しで内容がわかるようにする
  • 適切な順番にする

当ブログでは、Webライターの基礎知識や勉強方法について解説していますので、ぜひ参考にしてください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kazu

専業Webライター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やしたい、SEOの実践経験を増やしたいという目的でブログを運営しています。

-フリーWebライター

© 2022 KAZUBLOG Powered by AFFINGER5