Webライター

【文章下手でもわかる】Webライターの記事の書き方は?良い文章を書く10個のポイント

Webライター 書き方

kazu

フリーのWebライター&ディレクター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やすべく発信しています。

「Webライターで記事を書く方法は?」
「文章下手でも書けるようになる?上手い文章を書くコツがあれば知りたい!」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

結論からお伝えすると、Webライターに文章センスは必要ありません。

Webライターに求められるのは「正確で読みやすい文章を書くスキル」で、正しく学習すれば未経験からでも身に付けられますよ。

この記事では、Webライターで上手い記事を書けるようになりたいあなたのために、以下の情報について解説します。

この記事でわかること

  • 記事を書くステップ
  • 上手いタイトルを付ける方法
  • 気をつけたい文章術
kazu
この内容を実践して、僕はここまで成果を上げられました!

  • 会社を辞めて独立
  • 未経験から月収65万円
  • 1年でディレクターに昇格

Webライターとしてスキルを高めて稼いでいけるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください!

Webライターは文章下手でもなれる

文章下手でも大丈夫

Webライターに特別な文章スキルは必要ありません。

ライターに求められるのは、作家のようなセンスが必要な文章ではなく、読者にとって必要な情報を「過不足なくわかりやすく伝える」スキルです。

これは正しい文章力について学べば、未経験からでも十分身に付けられます。

kazu
僕も完全未経験からライターを始めたので、問題ありませんよ。

日本語が書けない人でない限り、ライターになれる可能性は十分あります。この記事を読み、正しい文章力を身に付けていきましょう。

Webライターの記事の書き方5ステップ

記事を書くステップ

Webライターの仕事の大半は「SEOライティング」です。

SEOライティングでは、書いた記事を検索上位に表示させて、執筆を依頼したクライアントに利益を生むのが目的となります。

まず、以下の手順で記事を書いていきましょう。

ライターが記事を書く手順

  1. 構成を練る
  2. 構成に沿ってリサーチ
  3. リード文を作成
  4. 本文の執筆
  5. 校閲してから納品

各手順を詳しく解説します。

①構成を練る

いきなり文章を書き始めることは、まずありません。

SEOライティングなら、検索上位に上げたいキーワードを指示されるはずです。まずはそのキーワードで検索し、読者にとって必要な情報をリサーチして、必要な見出しを練っていきます。

見出しとは、文章における章のようなもので、大きい順にH2〜H6まであります。

見出しが設定されていないと、記事をどんな流れで書けば良いかわからなくなり、支離滅裂な文章が出来上がってしまうでしょう。

構成の作り方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>>【丸わかり】Webライターが記事構成を作る手順は?使用すべきツールやコツも解説

Webライター構成
【丸わかり】Webライターが記事構成を作る手順は?使用すべきツールやコツも解説

「記事構成ってどうやって作ればいい?」 「何かコツとかあるの?サクッと良い構成を作れるようになりたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 「構成は記事の9割を占める」と言われているほど重要ですが ...

続きを見る

②構成に沿ってリサーチ

次に、構成に沿ってリサーチしましょう。

記事はどう書くかより、何を書くかが大切です。読者にとって必要な情報を集め、取捨選択して過不足なく伝えることで、読まれる記事が出来上がります。

リサーチではただ情報を集めるだけでなく、正確性のある情報を持ってくることや、独自体験などで差別化することも意識しなければなりません。

正しいリサーチ方法は、こちらの記事で詳しく紹介しています。

>>>【今更聞けない】Webライターは情報収集が命!7つのリサーチ方法と効率を高めるコツ

Webライター 情報収集
【今更聞けない】Webライターは情報収集が命!7つのリサーチ方法と効率を高めるコツ

「ライターの情報収集はどうやればいい?」 「毎回リサーチにかなり時間がかかる…もっと効率の良い方法を知りたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? Webライターはネットから情報収集する方が多いと ...

続きを見る

③リード文を作成

リサーチまで終わったらついに執筆です。

まずは記事の冒頭にある「リード文」から書き始めていきましょう。

リード文とは、記事の冒頭で読者を引き込む文章のこと。

大前提として、Webメディアは基本的に読まれません。

読者は記事にアクセスして、欲しい情報がなさそうだなと感じたら、その時点でパッと離脱してしまいます。

kazu
記事を読んでもらうには、リード文で読者の心を掴むことが超重要です。

リード文では最低限、以下の要素を盛り込みましょう。

  • 問いかけ
  • 読者への共感
  • 記事の内容
  • 得られる未来

たとえば、「太もも 痩せる」というキーワードのリード文ならこんな感じです。

「太ももが太くて恥ずかしい…」
「これじゃ水着も着られない…なんとか夏までに痩せる方法はないの?」

あなたはそうお考えではありませんか?

太ももが太いのが気になるものの、ダイエット等を試してもなかなか上手くいかず、そのままにしている方は多いと思います。

そこでこの記事では、太ももを細くして美しい脚を手に入れたいあなたのために、以下の情報について解説します。

  • 〇〇
  • 〇〇
  • 〇〇

理想の体を手に入れて、水着も堂々と着られるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください!

良いリード文が思いつかない方は、このリード文の形式を真似てしまっても問題ありません。

④本文の執筆

リード文を書いたら、本文を書いていきましょう。

構成とリサーチが完了していれば、あとは内容に沿って書いていくだけですので、そこまで時間もかからないはずです。

ただし、文章が読みにくかったり違和感があったりすると、信頼できないサイトだとみなされて離脱される恐れがあります。

後ほど細かい文章術を紹介していますので、ぜひ参考にしながら執筆してください。

⑤校閲してから納品

執筆後は、納品する前に必ず校閲してください。

執筆完了段階では、誤字脱字や違和感のある表現などが残っている可能性が非常に高いため、きちんと精査しなければ記事の品質が下がります。

目視でチェックした後、校閲ツールで仕上げていきましょう。

kazu
きちんと見直しされていない文章は、発注者には簡単に見抜かれるので注意です。

なお、おすすめの校閲ツールは「文賢」です。

文賢は精度が高く、誤字脱字だけでなく文章表現についてのアドバイスまでしてくれるため、初心者が文章力を高めるのには非常に役立ちます。

>>>文賢を導入してさらに文章力を高める

読まれやすいタイトルを付ける5つのポイント

読まれるタイトルを付けるポイント

タイトルは非常に重要な要素です。

いくら記事の内容が素晴らしくても、タイトルがいまいちだと読者に読んでもらえず、検索順位も上がりません。

タイトルを付けるときは、以下5つのポイントを意識しましょう。

良いタイトルを付けるポイント

  • キーワードを必ず入れる
  • 文字数を合わせる
  • 括弧を使う
  • 数字を入れる
  • ベネフィットを入れる

①キーワードを必ず入れる

キーワードを入れるのは基本中の基本です。

タイトルに狙っているキーワードを入れれば、読者やGoogleにどんなテーマの記事なのか伝わり、評価されやすくなります。

kazu
SEOにある程度詳しい方なら、誰でも知っているテクニックですね。

タイトルにキーワードが入っていなければ、まず突っ返されてしまうでしょう。それくらい重要なことですね。

②文字数を合わせる

タイトルの文字数は32〜40文字にしましょう。

Googleの検索結果に表示される文字数には限度があり、あまりタイトルが長すぎても、残念ながら読まれません。

ただし、多少はみ出るくらいなら問題ないです。重要なことやどうしても読んでほしい内容は、40文字の枠内に収まるようにしましょう。

③括弧を使う

キャッチーなタイトルを付けるため、括弧を使ってみましょう。

タイトルの冒頭などに【】を入れることで、読者の目を引くことができます。キャッチーな文言を入れても無理矢理な文章になりにくいため、非常に使いやすいです。

おすすめなのは以下のような表現です。

【必見】
【検証】
【結論】
【悲報】
【結果】
【注意】
【人気】
【解決】
【裏ワザ】
【完全版】
【保存版】
【徹底解説】
【初心者向け】
【〇〇でもわかる】

kazu
他にも、Web記事などで使えそうな表現を見つけたら、メモしておくと良いでしょう。

④数字を入れる

数字を入れるのもおすすめです。

数字を入れることで、記事の内容がどれくらいあるのか読者に伝わるため、目を引くことができます。

たとえばこんな感じですね。

おすすめのパソコン10選
効率良く痩せる5つのポイント
知っておきたい3つの手順

特にランキング系記事では、競合記事よりも量が少ないと見劣りして見えるため、競合を意識しながら数字を決めると良いでしょう。

⑤ベネフィットを入れる

タイトルには極力ベネフィットを入れましょう。

メリットとベネフィットの違いとは?メリットは「機能」を表すのに対し、ベネフィットは「読者の理想」を表します。

たとえば、「筋トレメニューを紹介」はメリットですが、「夏までに痩せる」「モテる体になる」などは読者にとってのベネフィットです。

メリットばかり入れても、機能性ばかり主張してつまらないタイトルになるため、ベネフィットを入れることは常々意識しましょう。

kazu
ベネフィットはタイトルだけでなく、リードや本文を書くときも重要です。

Webライターが正しい文章を書く10個のチェックリスト

正しい文章を書くチェックリスト

Webライターは正しい文章を書くことが必要不可欠。

文章テクニックについて挙げるとキリがありませんが、安定して仕事を取っていきたいなら、最低限以下のポイントだけは抑えておきましょう。

文章で気を付けるポイント

  • 結論ファースト
  • 一文を短く
  • 表記揺れ
  • 商標ミス
  • 指示語
  • 反復
  • ひらがなと漢字のバランス
  • あいまいな表現
  • 箇条書き
  • レギュレーション

1つずつで良いのでマスターしていきましょう。

①結論ファースト

文章は必ず結論から書きましょう。

大切なことなので何度も言いますが、Webメディアの文章はすぐ読み飛ばされるため、だらだら文章を書いてはいけません。

おすすめなのは「PREP法」です。

PREP法とは、結論ファーストで書いていくテクニックで、初心者でも迷わずに執筆できるようになります。

順番は次の通りです。

  • 結論
  • 理由
  • 具体例や根拠
  • 結論

②一文を短く

一文を短くするよう心がけましょう。

文章が長すぎると、何を伝えたいのかわかりにくくなり、読者の理解を妨げます。一文の長さは60文字くらいまでが目安です。

反対に、あまりに短い文章が続くと小学生の作文のようになり、幼稚な印象を与えてしまいます。何事もやり過ぎには注意ですね。

kazu
校閲の段階で読み返しながら、ちょうど良いリズムを身につけていくと良いでしょう。

③表記揺れ

初心者は表記揺れにも要注意です。

表記揺れとは、同じ語句を使っているのに、記事内で表記がバラバラになっていること。

たとえば、冒頭では「パソコン」と書いているのに、本文では「PC」と表記しているのが表記揺れです。

kazu
よく使う語句があれば、あらかじめどの表記にするか頭の中で決めておきましょう。

④商標ミス

商標ミスにも注意しましょう。

特定の会社名やサービス名をミスするのは、ライターとしてよろしくありません。クライアントからの信頼性も損ねてしまうでしょう。

特に間違えやすいのは以下のような語句です。

  • WiFi → Wi-Fi
  • Ubereats → Uber Eats
  • Macbook → MacBook

記事内で固有名詞が出てきたら、一度検索して公式サイトでどう表記されているか確認しましょう。

kazu
ミスを誘発しないよう、ユーザー辞書に登録しておくのもおすすめです。

⑤指示語

指示語は使いすぎないようにしましょう。

「これ」「それ」「あれ」などの指示語は、使いすぎると何を指しているかわからなくなり、読者が理解しにくくなります。

kazu
特に、指示語と指示語が示す対象が遠すぎるとわかりにくくなります。

⑥反復

同一語句の過剰な反復にも気を付けましょう。

たとえば次のような文章は、「トレーニング」という語句が使われすぎていて、くどさや読みにくさを感じさせてしまいます。

クランチは体を上下させるトレーニングです。

腹筋トレーニングの中でも、動作が簡単で取り組みやすいため、初心者にもおすすめのトレーニングだと言えるでしょう。

過剰な反復を修正してみました。

クランチは体を上下させるトレーニングです。

腹筋を鍛えるメニューの中でも、動作が簡単で取り組みやすいため、初心者にもおすすめだと言えるでしょう。

文章を簡略化や言い換えで、過剰は反復は避けられますよ。

⑦ひらがなと漢字のバランス

ひらがなと漢字のバランスも大切です。

ひらがなが多すぎると幼稚な印象を与えますし、漢字が多すぎると詰まって読みにくくなります。バランスが重要だということですね。

漢字とひらがなのバランス

⑧あいまいな表現

あいまいな表現はできるだけ避けましょう。

「〜を意識しましょう」「〜に注意しましょう」と書いてしまう人は多いですが、この表現は使いすぎると良くありません。

いくら「〜しましょう」と訴えかけても、具体的な行動を示さなければ読者にとって役に立たないからです。

参考までに、あいまいな文章の典型例を挙げてみました。

(悪い例)
カードの支払いを忘れないよう注意しましょう。

注意しましょうと言われても、具体的に何をすべきかわからないので困惑してしまいますよね。そこで、次のように書き換えてみました。

(良い例)
カードの支払いを忘れないよう、通知サービスに登録しておくなどして対策しましょう。

kazu
このように「具体性」を重視することで、より読者にとって役立つ記事になります。

⑨表や箇条書き

情報をまとめるときは、ぜひ装飾を活用しましょう。

たとえば、複数の情報を一気に紹介したいときは、普通の文章よりも箇条書き(リスト)の方がわかりやすいです。

箇条書き

また、商品やサービスなどの情報をまとめて伝えたいなら、表を使うと見やすくなります。

kazu
装飾を活用すれば、誰でも簡単に読みやすい記事が作れますよ。

ちなみに、Googleドキュメントでも上部ツールバーから箇条書きや表を挿入できるので、ぜひ試してみてください。

⑩レギュレーション

執筆の際は必ずレギュレーションを守りましょう。

レギュレーションはクライアントが定めているルールのことで、文法や装飾のやり方など多岐にわたる。

クライアントは、ライターに依頼するときにいちいち指示しなくても済むよう、わざわざレギュレーションを作っています。

それを読まずに記事を納品すれば、きちんとレギュレーションを読まない非常識なライターだとみなされ、契約を切られてしまうでしょう。

kazu
正しい文法よりも、レギュレーションを優先して守りましょう。

Webライターは著作権や引用に注意しよう

著作権や引用に注意

Webライターが注意すべきなのは引用です。

情報や文章にもきちんと著作権があるため、引用ルールを守っていないと、引用元から訴えられてしまう可能性があります。

引用の際は、次のルールを守りましょう。

  • 著作物が公表されている
  • 引用する側の著作物と引用される側の著作物が明確に区別されている
  • 引用する側の著作物と引用される側で「主と従」の関係がある
  • 情報の出所を明示する
  • 著作者の意思に反する改変をしない

参考:公益社団法人著作権情報センター

引用の際は文章を改変せず、きちんと「引用タグ」を使って参考元のリンクを明確にしましょう。

Webライターが文章力を高めるなら本もおすすめ

文章力を高めるなら本がおすすめ

さらに文章力を高めたいなら、読書がおすすめです。

本を読めば、ライターに必要な文章術を一通り学べるため、インプットなしで応募するより仕事も取りやすくなりますよ。

ライター初心者なら、次のような書籍を手に取ってみると良いでしょう。

  • 1時間でわかるWebライティング
  • 沈黙のWebライティング
  • 人を操る禁断の文章術


 

仕事や家事などで忙しくて、なかなかインプットの時間が取れない方は「オーディブル」もおすすめです。

オーディブルは音声で読書ができるため、通勤時間や家事・育児合間など、スキマ時間をつかって無駄なくインプットできます。日々繰り返せば、大きくスキルアップできるでしょう。

最初の1ヶ月は無料なので、試してみて損はありませんよ。

>>>無料でオーディブルの耳学を体験する

Webライターは文章下手でもなれる!記事の書き方をマスターしよう

文章下手でもWebライターとして稼ぐことは可能です。

Webライターに求められるのは、作家や小説家の書くような美しい文章ではなく、読者に必要な情報をわかりやすく伝える文章です。

kazu
僕ももともと文章を書くのは苦手でしたが、今では問題なく稼げています。

記事を書くなら、まずは以下の手順について理解しておきましょう。

Web記事を書く手順

  1. 構成を練る
  2. 構成に沿ってリサーチ
  3. リード文を作成
  4. 本文の執筆
  5. 校閲してから納品

早く稼ぎたい方は、スクールもおすすめです。

WritingHacksならWebライティングを体系的に学べ、さらにプロライター集団「沖プロ」に入って大きく稼げるチャンスがあるため、超有益なスクールです。

kazu
僕もWritingHacksを受講し、未経験から月50万円まで稼げるようになりました!

最速で結果を出したいなら、ぜひ受講してみてください!

>>>WritingHacksを受講してプロライターになる

【体験談】WritingHacksで本当に稼げるようになる?評判や受講してみた結果を暴露します

「WritingHacksは稼げるようになる?」 「未経験でも大丈夫なの?値段だけの価値があるのか知りたい!」 あなたはこんなふうに悩んでいませんか? 結論からお伝えすると、WritingHacksを ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kazu

フリーのWebライター&ディレクター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やすべく発信しています。

-Webライター

© 2022 KAZUBLOG Powered by AFFINGER5