Webライター

WebライターはWordPress必須!開設手順&最低限知っておきたい操作方法

タイトル

kazu

フリーのWebライター&ディレクター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やすべく発信しています。

「WebライターはWordPressが必要?」
「お金をかけても開設した方が良い?手順や操作方法について詳しく知りたい」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

結論からお伝えすると、Webライターは一度はWordPressを学んでおくべきです。

WordPressが使えれば、SEOの知識などが身に付きますし、何より取れる仕事が広がって他のライターとの差別化になります。

この記事では、ライター初心者でWordPressを開設しようか悩むあなたに向けて、以下の情報について解説します。

この記事でわかること

  • WordPressを開設すべき理由
  • WordPressを学習する方法
  • 最低限知っておきたい7つの操作方法
kazu
僕はWordPressを立ち上げ、ここまで成果を上げられました!

  • 会社を辞めて独立
  • 未経験から月収65万円
  • 1年でディレクターに昇格

WordPressが使えるようになって仕事の幅が広がりますので、ぜひ最後までご覧ください!

WebライターはWordPress必須

WebライターはWordPress必須

結論からお伝えすると、WebライターはWordPress必須だと言えるでしょう。

そもそもWebライターとは、ブログやWebメディアを運営しているクライアントに記事を寄稿し、報酬をもらう仕事です。

ほとんどのクライアントは、WordPressを使ってメディア運営しています。

WordPressとは
世界中で使われている、コンテンツ管理システムのことです。簡単に言うと、誰でも簡単にブログが作れるシステムになります。

自分のブログを持っておくと、WordPressへの直接入稿や装飾ができるようになり、より多くの仕事が取れるようになります。

kazu
というより、高単価の仕事はほぼ直接入稿が基本です。

お金も手間もそこまでかからないため、Webライターとして本格的に稼いでいきたい方は、ぜひWordPressを開設しましょう。

WebライターがWordPressを開設すべき3つの理由

WordPressを開設すべき理由

WebライターがWordPress必須だと言われる理由は、主に次の3つです。

WordPressを開設する理由

  • 仕事を取りやすくなる
  • SEOの知識が身に付く
  • ブログで収益を狙える

それぞれ詳しく解説します。

①仕事を取りやすくなる

WordPressの知識があると、仕事が取りやすくなります。

どこで仕事を取るにしても、多くのクライアントは「WordPressを使えるWebライター」を求めているためです。

WordPressは使えた方が良い、というよりもほぼ必須です。

kazu
WordPressが使えないライターは、料理も洗濯もできない家政婦のようなものです。

ただ、実際にはWordPressが使えないライターも割といるので、しっかり操作スキルを身に付けておけば差別化になりますよ。

②SEOの知識が身に付く

WordPressでブログ運営すると、SEOの深い知識が身に付きます。

SEOとは
簡単に言うと、記事をGoogleの検索結果に上位表示させる施策のことです。

WebライターでもSEO知識は身につきますが、どうしても学べる範囲は限られます。

自分でブログ運営すれば、記事だけでなくメディア全体のSEO対策を学べるため、よりスキルアップできます。

kazu
アクセス数や読者のアクションを分析するなど、ブログ運営にはライター以上にスキルが求められます。

他のWebライターよりスキルアップしたい方は、ぜひメディア運営してさらにSEOの知識を身に付けましょう。

③ブログで収益を狙える

上手くいけば、ブログからも収益が狙えます。

Webライターは稼げるようになるまで早いですが、書き続けないと報酬はもらえません。一方ブログは、稼げるまでの難易度は高いですが、半自動的に収益が生まれます。

kazu
両者は、収益構造的にかなり相性が良いと言えるでしょう。

Webライターで確実に稼ぎつつ、ブログで収益を狙うスタイルは、とてもバランスが良いためおすすめです。

最悪ブログで稼げなくても、メディア運営の実績が得られるため無駄にはなりません。

【超簡単】WebライターがWordPressを開設する手順

WordPressの開設手順

WebライターにWordPressが必要だと言われても、立ち上げが面倒臭そうでためらってしまう方も多いでしょう。

しかし、現在ではWordPress開設は簡単になっており、以下の3ステップで完了します。

  1. サーバーを契約する
  2. ドメインを取得する
  3. WordPressを立ち上げる

おすすめなのは「エックスサーバー」からの立ち上げです。

サーバー契約やドメイン取得、WordPressのインストールまで一貫して行えるため、迷うことがありません。多くの人が使っていて、安心感があるのもポイントです。

WebライターでWordPressの立ち上げを考えている方は、ぜひこちらから立ち上げてみましょう。

>>エックスサーバーで楽々ブログを開設する

WebライターがWordPressを学習する3つの方法

WordPressの学習方法

WordPressを立ち上げたら、実際に使いこなせるようになっていく必要があります。

WebライターがWordPressを使いこなすには、以下の勉強方法が良いでしょう。

WordPressを学習する方法

  • 書籍
  • スクール
  • 記事を書いて独学

それぞれ詳しく解説します。

①書籍

最初は書籍で学習するのもおすすめです。

最近ではWordPressに関する情報も広まってきており、以下のようなわかりやすい本も出版されています。

  • 稼ぐ人がやっているWordPressの設定・使い方22選: 脱ブログ初心者のための入門講座
  • 一日で作れる!サクッとできるWordPressの教科書

こちらは、Kindle Unlimitedなら無料で読めます。

Kindle Unlimited登録から30日間無料で利用でき、実質無料でWordPressについて学べるため、操作方法がわからない方はぜひ登録してみましょう。

>>>Kindleの1ヶ月無料で読み放題を体験する

②スクール

初心者ならスクールを利用するのも手です。

WordPressを使っていると、細かい部分でわからないことも出てきます。スクールなら、不明点も質問して解決できるため、初心者でも安心だと言えるでしょう。

しかし、スクールは料金が高いため、あくまで本格的にブログで収益を出していきたい方向けです。

kazu
初心者ライターなら、スクールまで受講する必要はないかなと思います。

③記事を書いて独学

もっともおすすめなのは、独学する方法です。

記事を書きながら操作方法を覚えるのがもっとも早いですし、スクールと違ってお金もかかりません。

kazu
僕がWordPressを使いこなせるのも、実際にブログをたくさん書いてきたからです。

特にWebライターなら、書いた記事をそのままポートフォリオとしても使えるため、一石二鳥だと言えるでしょう。

WebライターがWordPressで最低限知っておきたい7つの操作方法

WordPressの操作方法

初心者ライターがWordPress入稿の案件を取るなら、次の7つの操作方法だけは覚えておきましょう。

WordPressの操作方法

  • 文字装飾
  • 画像入れ
  • 表(テーブル)
  • 箇条書き(リスト)
  • メタディスクリプション
  • パーマリンク
  • 公開・プレビュー

それぞれわかりやすく実演していきます。

①文字装飾

もっとも多く使うのが文字装飾です。

ほとんどのWeb記事は、読者にとって読みやすくして離脱されないよう、大事な箇所に装飾を施しています。

特にメジャーなのは以下の2つですね。

  • 太字
  • マーカー

装飾を行うには、まず書いた文章を選択します。

次に、上部ツールバーにある「B」をクリックすると文字が太字になります。

マーカーも同じく文章を選択して、マーカーを入れるのですが、どこから選択するかはWordPressのテーマによって異なります。

kazu
マニュアル等に載っていない場合は、遠慮せずクライアントに聞きましょう。

②画像入れ

案件によっては、画像選定も求められるケースがあります。

まずは、無料画像サイトから画像をダウンロードしましょう。おすすめなのは、次のようなサイトです。

  • Unsplash
  • PIXTBAY
  • ぱくたそ

ダウンロードした画像は、そのままだとファイルサイズが大きくてサイトの読み込み速度を下げてしまうこともあるため、こちらのサイトで圧縮しましょう。

>>compression

画像を入れるときは、WordPressの編集画面にドラッグ&ドロップすれば、自動的に挿入してくれます。

一度入れた画像をもう一度探したいときは、画面左上にある「メディアを追加」のメディアライブラリから選択しましょう。

メディアを追加

③表(テーブル)

記事をわかりやすくするために必須なのが表です。

商品の価格やサービスなど、文章にするとわかりづらくなるような内容は、どんどん表にしていきましょう。

まずは上部ツールバーにある、網目状のマークを選択します。

テーブルを選択

行と列の数を選び、クリックすると表が挿入されるため、要素を書き込んでいきましょう。

行数と列数を選択

なお、WordPressテーマによってはツールバーにテーブルがないケースもあります。

Googleドキュメント等から表をコピペしても良いですが、クライアントに挿入方法を聞いた方が良いでしょう。

④箇条書き(リスト)

表と並んでリストも重要です。

リストで箇条書きにすれば、どんな要素があるのか一目でわかるため、より読者に優しい記事になります。

まずはリスト化したい文章を選び、ツールバーにある三本線をクリックします。

すると、文章がリスト化されてわかりやすくなりました。

なお、リストには以下の2種類があります。

  • 番号なしリスト
  • 番号ありリスト

手順を紹介するときなど、順番性がある場合は番号なしリストを使いましょう。

⑤メタディスクリプション

メタディスクリプションとは、検索結果でタイトルの下に表示される文章のことです。

メタディスクリプション

クライアントによっては、入稿の際にメタディスクリプションの設定を求められることがあるため、入れておきましょう。

以下はメタディスクリプションの例です。

(問いかけ)
「Webライターの提案文はどう作ればいい?どこを改善すればいいか具体的に知りたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか?

(記事の総論)
提案文を書くときは、まずはクライアントに沿った提案文に見直し、どんどん応募しておくことが重要です。

(記事の内容&呼びかけ)
この記事では、提案文の書き方や差別化ポイントを解説していますので、ぜひご覧ください!

⑥パーマリンク

パーマリンクとは、記事のURLの文字列のことです。

タイトルのすぐ下から設定することができ、こちらもクライアントによっては設定を求められることがあります。

パーマリンクを設定する際は、記事で狙うキーワードを英語化するのが基本です。

たとえば、キーワードが「ブログ 始め方」なら、パーマリンクは「blog-begin」となります。

kazu
英語がわからないときは「〇〇 英語」で検索すると良いですよ。

⑦公開・プレビュー

記事を書いている最中は、こまめに保存するのも重要です。

kazu
何かの表紙にページを読み込んでしまい、内容がリセットされてしまうのはよくあるパターンです…。

画面右上にある「下書き保存」をクリックすると公開せずに保存できるため、うまく活用しましょう。

すぐ隣にあるプレビューをクリックすると、記事が実際どのように表示されるのか確認できます。

表や装飾などがおかしくなっていないか、プレビューでしっかりチェックしておきましょう。

記事を勝手に公開するとクライアントに迷惑がかかるため、下書きの状態で納品しましょう。

WebライターがWordPressを活用する2つの方法

WordPressの活用方法

WebライターがWordPressを役立てるには、次のような方法が考えられます。

WordPressを活用する方法

  • ポートフォリオにする
  • ブログ運営する

それぞれ詳しく解説します。

①ポートフォリオにする

もっとも手軽なのは、ブログをポートフォリオにする方法です。

ポートフォリオとは
いわゆる「作品例」のこと。Webライターの場合、特定キーワードを狙って書いた記事がポートフォリオになる。

実績がないライターの場合、どんな文章なのかわからないため、クライアントからすると依頼しづらいです。

しかし、ポートフォリオがあればライターとしての文章力がわかるため、発注されやすくなります。

ポートフォリオの作り方は、以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

>>【未経験でも可】Webライターはポートフォリオ必須!作り方やおすすめサイトを解説

タイトル
【未経験でも可】Webライターはポートフォリオ必須!作り方やおすすめサイトを解説

「Webライターのポートフォリオって何?」 「どうやって作ればいいの?実績がないときの対処法についても知りたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? ポートフォリオ、つまり参考となる実績や記事があ ...

続きを見る

②ブログ運営する

ブログ運営で利益を狙うのも手です。

先ほども解説した通り、Webライターは記事を書かないと稼げませんが、ブログなら自動で収益が入ってくる仕組みを作れます。

とはいえ、ブログで稼ぐのは意外と難易度が高いため、ある程度Webライターとしてスキルが付いてきてからでも遅くないでしょう。

ブログについては、以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

>>【現役ライターが解説】Webライターはブログ必須!おすすめする5つの理由と開設方法

タイトル
【現役ライターが解説】Webライターはブログ必須!おすすめする5つの理由と開設方法

「Webライターとブログどっちがいい?」 「それぞれの違いは何?Webライターやりながらブログはアリなのか知りたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 結論からお伝えすると、Webライターとブロ ...

続きを見る

WebライターはWordPress必須!早めに開設して操作を覚えよう

WebライターにとってWordPressは必須です。

多くの案件では、WordPressへの入稿や記事の装飾を求められるため、WordPressが使えれば取れる案件はグッと広がります。

kazu
単価を高めたいなら、WordPressは絶対に習得しておきましょう。

WordPressはなんだか難しそうと感じて、戸惑っている方も多いと思いますが、実は非常に簡単です。

エックスサーバーなら、面倒なドメイン契約、WordPressの立ち上げまですべて済ませられます。初心者ライターは、ぜひこちらからWordPressを立ち上げましょう。

>>エックスサーバーで楽々ブログを開設する

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kazu

フリーのWebライター&ディレクター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やすべく発信しています。

-Webライター

© 2022 KAZUBLOG Powered by AFFINGER5