Webライター

Webライターとはどんな仕事?未経験から仕事を取る手順&ライターがおすすめな3つの理由

Webライターとは

kazu

フリーのWebライター&ディレクター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やすべく発信しています。

「Webライターってどんな仕事?」
「本当は稼げないんじゃないの?未経験からライターになる方法も知りたい!」

あなたはこんな疑問を持っていないでしょうか。

Webライターは、文字通りWeb上で文章を書く仕事です。

ライターにも種類があるので一概には言えませんが、比較的再現度が高く、未経験でも取り組みやすい仕事だと言えるでしょう。

この記事では、Webライターに興味があるあなたに向けて、こんな内容を解説します。

この記事でわかること

  • Webライターの仕事内容や収入
  • 向いている人・いない人の違い
  • 未経験からライターになるステップ
kazu
僕は未経験からWebライターを始め、ここまで成果を上げられました!

  • 会社を辞めて独立
  • 未経験から月収65万円
  • 1年でディレクターに昇格

Webライターという仕事により興味を持てるはずなので、ぜひ最後までご覧ください!

そもそもWebライターとは

Webライターとは

Webライターは、Webで読まれる文章を書く仕事です。

そもそも「Webで読まれる文章」とは、読者の考えていることを先読みして答え、離脱されないようにする文章のこと。いわゆる「Webライティング」と呼ばれたりもします。

もしWebライターで稼げるようになれば、場所や時間に縛られない、自由な働き方を実現できますよ。

kazu
会社員時代と比べ、自宅やカフェで自由に仕事ができて楽しいです。

参入者は増えてますが、本気で取り組めば楽勝で差別化できるのでぜひ頑張りましょう。

Webライターの仕事内容

Webライターの仕事内容

Webライターには向き不向きがあります。

まずは具体的な仕事内容や、どれくらい稼げるのか見ていきましょう。

①ライターの種類

一言でWebライターと言っても、仕事内容に応じて色々なタイプに分けられます。主なタイプは次の5つです。

Webライターの種別

  • SEOライター
  • 取材ライター
  • 書籍ライター
  • LPライター
  • メルマガライター

一番メジャーなのは「SEOライター」になるでしょう。

Web上の記事、いわゆる「SEO記事」はある程度執筆のルールが決まっており、また仕事依頼も圧倒的に多いことから、文章起業を目指すのに適しています。

kazu
僕もSEOライター一本でやってきました。

途中で路線変更することも可能なので、まずは再現性の高いSEOライターを目指してみましょう。

②SEOライターの業務内容

ついさっき紹介した「SEOライター」なら、業務内容はこんな感じです。

  • 構成を作る
  • 必要情報のリサーチ
  • リサーチ内容をもとに執筆
  • 校正して納品

まずはクライアントから「キーワード」を共有されます。

たとえば、「筋トレ おすすめ」とか「ポケットWi-Fi ランキング」などですね。このキーワードに沿って、読者のニーズなどを考えながら構成を組んでいきます。

Webライター構成
【丸わかり】Webライターが記事構成を作る手順は?使用すべきツールやコツも解説

「記事構成ってどうやって作ればいい?」 「何かコツとかあるの?サクッと良い構成を作れるようになりたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 「構成は記事の9割を占める」と言われているほど重要ですが ...

続きを見る

構成を作ったら、次はリサーチングです。

Webライターは小説家などと違い、「どう書くか」以上に「何を書くか」が求められます。読者のニーズを読みつつ、必要な情報を取捨選択して、記事に入れていくのが大切です。

Webライター 情報収集
【今更聞けない】Webライターは情報収集が命!7つのリサーチ方法と効率を高めるコツ

「ライターの情報収集はどうやればいい?」 「毎回リサーチにかなり時間がかかる…もっと効率の良い方法を知りたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? Webライターはネットから情報収集する方が多いと ...

続きを見る

構成とリサーチが終わったら、ようやく執筆です。

執筆時間は個人差が大きいですが、初心者だと5,000文字の記事を書くのに5時間以上はかかるでしょう。

最初は辛いですが、そのうち1日1〜2万文字くらいは書けるようになりますよ。これは才能とかではなく、単純に慣れの問題だと思います。

具体的な文章のルールなどは、こちらの記事で解説しているので参考にしてください。

Webライター 書き方
【文章下手でもわかる】Webライターの記事の書き方は?良い文章を書く10個のポイント

「Webライターで記事を書く方法は?」 「文章下手でも書けるようになる?上手い文章を書くコツがあれば知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 結論からお伝えすると、Webライターに文章セン ...

続きを見る

Webライターの収入

Webライターの収入

Webライターの収入は、人によってかなり差があります。

副業か専業かによっても大きく変わりますが、副業なら最初は月1〜10万円程度になるでしょう。

もし副業で10万円稼げれば、会社を辞めてフルコミットすることで月30万円程度は稼げるため、独身で生活費を抑えられるなら独立も可能です。

kazu
なお、独身で実家暮らしの僕の収入変遷はこんな感じ。

ライター収入の遷移

ここから全然伸び代はあるので、夢のある仕事ですよね。

未経験からWebライターになる2つのデメリット

Webライターになるデメリット

Webライターは大変魅力的な仕事ですが、一方で次のようなデメリットも存在します。

Webライターのデメリット

  • 最初は稼ぎづらい
  • 自己管理が必要になる

もう少し詳しく解説します。

①最初は稼ぎづらい

1つ目のデメリットは、最初は稼ぎづらいこと。

初心者の文字単価は1.0円未満が多く、仮に単価0.1円なら、10,000文字書いたとしても1,000円にしかなりません。かなり地獄だと思います。

おそらく、時給も500円を切るでしょう。

kazu
このように、Webライターは最初どうしても辛い仕事です。

とはいえ、日々読書をしたり人のブログを読んだりしてスキルアップしていけば、文字単価を上げることも可能です。過度に恐れることはないですよ。

②自己管理が必要になる

2つ目のデメリットは、自己管理が必要なこと。

Webライターはあくまで個人事業主です。作業したくないときもやる気が起きないときも、誰も叱ってくれません。

kazu
すべて自分の意思でやり遂げる必要があります。

また、スキルアップの意識を持って行動しないと単価がずっと上がらず、辛い思いをすることにもなります。

Webライターに限らず、フリーランスとして活動するなら自己管理は必要不可欠。この能力は、副業時代からコツコツ身に付けていくしかありません。

未経験からWebライターになる3つのメリット

Webライターになるメリット

Webライターは最初きついですが、一方で稼げるようになると次のようなメリットもあります。

Webライターのメリット

  • 場所や時間に縛られない
  • 専門知識を学びながら稼げる
  • 収入に天井がない

それぞれ詳しく解説します。

①場所や時間に縛られない

1つ目のメリットは、何にも縛られないこと。

フリーランスライターになれば、働く場所や着る物、髪型など何も制限されません。

休日も自由なので、友人や彼女の予定にも合わせられますし、地方に移住して固定費を抑えることも可能です。

kazu
大切な人と過ごせる時間が増えるのは、ライターの大きな魅力だと感じました。

②専門知識を学びながら稼げる

2つ目のメリットは、専門知識も学べること。

Webライターで活動していると、自ずと何かしらの知識が得られます。

例えば僕の場合、過去に「債務整理」や「筋トレ」といったジャンルの記事を執筆していましたが、おかげで法律や筋肉の部位について詳しくなりました(笑)

kazu
ジャンルを選べば、自分が知りたい情報について詳しくなれますね。

自分の頭で理解していないと執筆はできないので、普通にネットサーフィンして調べるよりも、ずっと頭に定着します。

自分が知りたい、または興味のあるジャンルに取り組めば、お金を稼ぎながら深い知識を身に付けることも可能です。

③収入に天井がない

3つ目のメリットは、収入に天井がないこと。

会社員なら、多くの人は月収20〜40万円ほど。昇進にはかなり時間がかかりますし、昇進したとしても劇的に収入が上がることはありませんよね。

しかし、ライターは単価や作業量が増えた分だけ稼ぐことができます。

実際に、ライターで月100万円以上稼いでいる人もいるので、夢のある仕事だと言えるでしょう。

kazu
僕は月50〜60万円ですが、それでも同年代のサラリーマンよりは稼いでるかもです。

本当にWebライターになった方が良いのか

Webライターになった方が良いのか

Webライターは非常に魅力的な仕事ですが、当然向き不向きはあります。

「あなたはライターに向いてない」

そう言われたからといって決して諦める必要はないのですが、ひとつの参考にしてください。

①向いている人の特徴

次のような人はWebライターに向いています。

Webライターに向いている人

  • 孤独で作業するのが苦ではない
  • 新しい知識やスキルを身につけたい
  • 会社の仕事がつまらないと感じている

Webライターは非常に孤独な仕事です。

クライアントとのやり取りを除けば、家やカフェでずっと一人で作業することになるため、一人の時間が嫌いじゃない人に向いています。

また、ライターとしての執筆活動を通じ、様々なジャンルの知識を身に付けられるのも面白いです。

「もっと色々な知識を身に付けたい!」「今の仕事はつまらない…」そう感じている人は、ぜひWebライターになりましょう。

②向いていない人の特徴

次のような人はWebライターに向きません。

Webライターに向いていない人

  • 一人で作業するのが無理
  • スキルアップに興味がない

先ほども解説した通り、Webライターは基本的にほぼ孤独で作業します。したがって、常に人と絡んでいないと死んでしまうような人には、到底おすすめできません。

また、Webライターはスキルアップして単価を高めてなんぼの仕事です。

「スキルアップとか興味ない」「別に今の給料のままでいい」と考えている人は、Webライターになる意味はないように思います。

とはいえ、最初はそんなに意識高くなくても大丈夫なので、まずは「行動」することから始めましょう。

次項では、Webライターになる方法を具体的に解説していきます。

【体験談】未経験からWebライターで仕事を取る手順

未経験からWebライターで仕事を取る手順

Webライターの魅力は説明しました。

しかし、「じゃあ、何から始めれば良いの?」そう考えている人がほとんどでしょう。

安心してください。この項では、未経験からWebライターになる3つの手順について、詳しく解説していきます。

未経験からWebライターになる方法

  1. 必要な道具を揃える
  2. 必要なスキルを身に付ける
  3. 案件に応募する

①必要な道具を揃える

まずは最低限の道具を揃えましょう。

Webライターを始めるハードルは低く、最低限必要なのは次の2つだけです。

Webライターの必需品

  • パソコン
  • ネット環境

スマホでも執筆は不可能ではないですが、ハッキリ言って非常に書きづらくストレスも溜まるため、パソコンは必須だと言えるでしょう。

そこまでスペックは必要ないので、安いパソコンでも問題ありません。

おすすめのパソコンは、こちらの記事で解説しています。

Webライター パソコン
【3分で解決】Webライターにおすすめのパソコンは?選び方や必要スペックについて解説

「Webライターにおすすめのパソコンは?」 「スペックはどのくらい必要なの?後悔しない選び方を知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 一言でパソコンと言っても、各メーカーから様々な商品が ...

続きを見る

Webライターは、記事のリサーチ・共有や入稿などを行うため、常にネット環境が必要です。

ほとんどの家はネット環境があると思いますが、いつも通信が不安定なようなら、見直しした方が良いでしょう。

なお、お試しで導入する場合は、いつでも解約できる「縛りなしWi-Fi」がおすすめです。

≫縛りなしWi-Fi公式ページ

②必要なスキルを身に付ける

パソコンやネット環境があるなら、次は必要なスキルを身に付けましょう。

Webライターには様々なスキルが求められますが、最低限次の4つは必要です。

Webライターに最低限必要なスキル

  • WEBライティング
  • SEOの基礎知識
  • リサーチ能力
  • コミュニケーションスキル

それぞれ詳しく解説します。

WEBライティング

Webライティングとは、Webで読まれる文章を書くスキルです。

Webの文章はほんとに読まれません。ちょっとでも「わかりにくいな」「読む価値ないな」と思われたら、そこで離脱されてしまいます。

そこで、読者の気持ちを先回りして書いてあげる必要があります。

具体的にはこんな感じですね。

副業ならまずWebライターを始めましょう。

なぜなら、参入ハードルが低めだからです。

私の場合、プログラミングやブログでは思い切り挫折してしまいましたが、Webライターだと稼ぐことができるようになりました。

初心者が副業をやるなら、Webライターが始めやすいのでおすすめです。

このように、結論を先に書いて読者を惹きつけ、その後に理由や具体例で納得させる。これがWebライティングのもっとも基本的な文章構成です。

この文章術は「PREP法」と呼ばれているので、文章を書くときはぜひ実践してください。

より詳しいテクニックは、こちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

Webライター 書き方
【文章下手でもわかる】Webライターの記事の書き方は?良い文章を書く10個のポイント

「Webライターで記事を書く方法は?」 「文章下手でも書けるようになる?上手い文章を書くコツがあれば知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 結論からお伝えすると、Webライターに文章セン ...

続きを見る

SEOの基礎知識

次にSEOの知識も重要です。

そもそも「SEO」とは、Search Engine Optimizationの略で、自分のサイトを検索上位に上げる施策のこと。

この施策を用いてクライアントのサイトを上位に上げ、収益を生み出すお手伝いをするのがライターの仕事です。

細かなSEO対策は紹介しきれませんが、本質的な部分として「読者に対して価値提供をする」ことだけは絶対に覚えておいてください。

kazu
これは僕の出した結論ではなく、Googleのガイドラインで記載されている事実です。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

引用:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

SEOとは読者の気持ちを先読みして、最高のユーザー体験を与えるための施策です。

こちらの記事を読めば、 SEOの基礎知識はバッチリ理解できますよ。

WebライターSEO
【最新】WebライターならSEO知識は必須!今すぐ実践できるテクニック10選を紹介

「SEOってどんなもの?」 「Webライターが知っておくべきSEO知識とは?具体的な書き方も知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? WebライターにはSEOの知識が必須です。 しかしそう ...

続きを見る

リサーチ能力

次に重要なのがリサーチ能力です。

Webライターの仕事には、ほとんどの場合「キーワード」が用意されています。

例えば、クライアントから「投資 おすすめ」というキーワードを指定されたら、そのキーワードを元に「どんな情報が必要なのか」「調べた情報は事実なのか」を調べていきます。

文章の質は、集めた情報の質で決まると言っても過言ではありませんから、正確に情報をリサーチする能力も必要です。

リサーチ方法については、こちらの記事をご覧ください。

Webライター 情報収集
【今更聞けない】Webライターは情報収集が命!7つのリサーチ方法と効率を高めるコツ

「ライターの情報収集はどうやればいい?」 「毎回リサーチにかなり時間がかかる…もっと効率の良い方法を知りたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? Webライターはネットから情報収集する方が多いと ...

続きを見る

コミュニケーションスキル

最後に、コミュニケーションスキルも重要です。

チャットの内容が長すぎたり、無駄なやり取りを繰り返していたりするライターは、クライアントから敬遠されてしまいます。

Webライターに限らず、仕事ではとにかくコミュニケーションコストを下げるのが重要です。

具体的には、結論を先に書く、質問をするときは丸投げでなく選択肢を作るなど、クライアントに頭を使わせることを極力なくしましょう。

コミュニケーションコストは継続受注にも関わってくるので、とても重要なスキルです。

③案件に応募する

必要なスキルを身に付けたら、案件に応募してみましょう。

仕事を取る方法は色々ありますが、もっとも確実かつ再現性が高いのは「クラウドソーシング」ですね。

クラウドソーシングにも色々ありますが、まずは以下の2社に登録しておけば間違いありません。

クラウドソーシングは手数料を取られるのがネックですが、登録者数が多く、報酬を払わず逃げられるリスクもありません。

よって、初心者はまずランサーズかクラウドワークスで仕事受注すると良いでしょう。

Webライターでスキルアップする3つの方法

Webライターのスキルアップ方法

単価を上げるにはスキルアップが必須です。

とはいえ、スキルアップの方法に悩む人も多いと思いますので、以下の方法を試してみましょう。

Webライターのスキルアップ方法

  • 本を読む
  • コミュニティに参加する
  • フィードバックをもらう

それぞれ詳しく解説します。

①本を読む

1つ目のスキルアップ方法は、本を読むこと。

定期的な読書を習慣にすれば、ライティングスキルや専門知識を身に付けられるため、Webライターとしてスキルアプしやすくなります。

なお、読書は主に「文章力向上」と「専門知識」のどちらで行うか決めておきましょう。

例えば、専門知識を身に付けたいなら、専門ジャンルに関する本を片っ端から読む。文章力を向上させたいなら、尊敬できるライターやブロガーの文章を音読、または写経してみるのがおすすめです。

kazu
いずれにせよ、自分以外の人の文章に触れることで、より表現豊かになりますよ。

②コミュニティに参加する

2つ目のスキルアップ方法は、コミュニティに参加すること。

Webライターのコミュニティでは、日々ユーザー同士のやり取りや有益な動画、アーカイブの共有が行われているため、スキルアップには最適です。

kazu
僕は以下2つのコミュニティに入っています。
  • ライター組合
  • Webライターラボ

どちらも非常に良いコミュニティなので、気軽に参加してみてください!

③フィードバックをもらう

3つ目のスキルアップ方法は、フィードバック(以下FB)をもらうこと。

クライアントやディレクターからFBを受けることで、自分の弱点が明確になるため、大幅なスキルアップに繋がります。

とはいえ、FBがもらえるかどうかはクライアント次第。

仕事を選ぶときは、多少単価が安くても積極的にFBをくれるクライアントと付き合う方が、将来的な単価は高くなるでしょう。

Webライターに関するよくある質問

この項では、Webライターに関するよくある質問をまとめました。

  • ライターはきつい?
  • 1日のスケジュールは?
  • 専業ライターは不安じゃない?

それぞれ本音で回答していきます。

Q1. ライターはきつい?

A. 正直キツイことも多いですね。

労働型のビジネスなので、朝から晩までずっと執筆していることもありますし(笑)でも、時間や場所、服装に一切縛りがないので、毎朝満員電車で通勤するよりはるかにマシですね。

家でずっとおしゃれなジャズを聴きながら仕事できるので、ストレスも溜まりません。

Q2. 1日のスケジュールは?

A. 専業なので基本ずっと執筆しています(笑)

朝は5時に起きてブログの更新、あとは夜の22時くらいまではずっとクライアントに納品する文章、または構成の執筆に充てています。

夕方にちょっと筋トレとランニングを挟んだり、デートの日だけは丸一日休みを取ったりしてますが、基本は土日も仕事ですね。

Q3. 専業ライターは不安じゃない?

A. あまり不安は感じないです。

不安ゼロではないですが、それでも日々スキルアップしていけば仕事に困ることはないと思います。

むしろ、会社でスキルアップに繋がらない仕事に時間を費やしている方が、僕は危険だと思います。

まとめ|未経験でもWebライターを目指すなら講座もおすすめ!

Webライターは、Web上で文章を書くお仕事です。

他のWeb系副業よりも稼げるまでが早く、参入障壁も低めなのが魅力だと言えるでしょう。

ただし、本当に真剣に取り組んでいる人は少ないので、しっかりスキルアップを考えながら行動すれば簡単に差別化できますよ。

特に、次のような人はWebライターになることをおすすめします。

Webライターに向いている人

  • 孤独で作業するのが苦ではない
  • 新しい知識やスキルを身につけたい
  • 会社の仕事がつまらないと感じている

早く稼ぎたい方は、スクールもおすすめです。

WritingHacksならWebライティングを体系的に学べ、さらにプロライター集団「沖プロ」に入って大きく稼げるチャンスがあるため、超有益なスクールです。

kazu
僕もWritingHacksを受講し、未経験から月50万円まで稼げるようになりました!

最速で結果を出したいなら、ぜひ受講してみてください!

>>>WritingHacksを受講してプロライターになる

【体験談】WritingHacksで本当に稼げるようになる?評判や受講してみた結果を暴露します

「WritingHacksは稼げるようになる?」 「未経験でも大丈夫なの?値段だけの価値があるのか知りたい!」 あなたはこんなふうに悩んでいませんか? 結論からお伝えすると、WritingHacksを ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kazu

フリーのWebライター&ディレクター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やすべく発信しています。

-Webライター

© 2022 KAZUBLOG Powered by AFFINGER5