Webライター

Webライターの勉強方法7選!おすすめの本や教材、効率的な独学の手順も解説

タイトル

kazu

専業Webライター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やしたい、SEOの実践経験を増やしたいという目的でブログを運営しています。

Webライターとして収入を増やしたくても、具体的にどう勉強すればいいのか悩みますよね。

ライティングで最も大切なのは、インプットとアウトプットです。例えば、勉強した内容をすぐに実践してみることで、効率的に脳に定着させられますよ。

この記事では、Webライターの効率的な勉強方法を知りたい方に向けて、次の情報について解説します。

この記事でわかること

  • 勉強するメリット
  • おすすめの勉強方法
  • アウトプットの手段

著者の信頼性

  • フリーライターとして独立
  • 未経験から月収65万円
  • 1年でディレクターに昇格

効率的にスキルアップして収入を高められますので、ぜひ最後までご覧ください!

Webライターの勉強ではインプットとアウトプットが大切

Webライターの勉強ではインプットとアウトプットが大切

インプットしたら必ずアウトプットも行いましょう。

人間の脳は、繰り返し使われる情報が重要だと判断します。つまり、インプットした内容をすぐ実践したり誰かに教えたりすれば、効率的に学習できるのです。

kazu
本や教材を見てウンウンとうなっているだけでは、ライティングは身に付かないということですね。

例えば、文章の型を学んだらその通りに書いてみる。バズるタイトルの付け方を知ったら、その通りにタイトルを作ってみるといった感じです。

勉強したら、実際のライティングでどんどん活用していきましょう。

とはいえ、そもそもWebライターは何を勉強すれば良いのか、わからない方も多いでしょう。以下の記事では、稼ぐためのスキルについてまとめていますので、参考にしてくださいね。

タイトル
Webライターの必須スキル5選!効率的なスキルアップ・キャリアアップの方法も解説

Webライターの必須スキルは文章力だけではありません。他にも、SEOやWordPressへの知識、最低限のコミュニケーション能力も必要です。 ライターで稼げない原因の多くは、単純なスキル不足。まずは自 ...

続きを見る

Webライターが勉強する3つのメリット

Webライターが勉強するメリット

勉強するメリットがわからないと、モチベーションも上がりませんよね。

Webライターがライティングスキルや専門性を高めれば、こんなメリットがあります。

勉強するメリット

  • 単価が上がる
  • 働き方の幅が広がる
  • 営業せず仕事をもらえるようになる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①単価が上がる

当然ですが、スキルアップすると単価が上がりやすくなります。

単価が上がる要因はさまざまですが、基礎となるのは「文章力」です。いくら専門性やSEOの知識があっても、肝心の文章がイマイチだと単価の高い仕事は取れません。

kazu
基礎がないと家が立たないように、文章力を磨かないと良いライターにはなれないです。

低単価案件に注意!

せっかくスキルアップしても、低単価案件にとどまっていては意味がありません。特に初心者のうちは「少し書けるようになったな」と感じたら、より高単価の案件に営業・提案していきましょう。

文章力は一朝一夕では身に付きません。後で紹介する「本」や「教材」なども活用し、コツコツとスキルアップしていきましょう。

②働き方の幅が広がる

ハイスキルなライターになれば、さまざまな働き方ができます。

具体的には、専門知識を増やせば書けるジャンルが広がり、取材ができるようになれば取材ライターとして働けるようになります。

kazu
幅広い仕事が取れれば、収入の安定性が高まるのもポイントですね。

しかし最初からあれこれ手を出すと、スキルが分散されてしまい逆効果です。まずは、案件数も多い「SEOライティング」の領域を極めていきましょう。

③営業せず仕事をもらえるようになる

スキルアップすると営業の手間も省けます。スキルの高いライターには、様々なクライアントから仕事が殺到するからです。

多くの記事を上位表示させた実績があれば、色々なメディアから声がかかるでしょう。また、専門性を身に付ければ関連するジャンルの執筆依頼も増えていきます。

確かに、ライターとして稼ぐには営業力も必須です。しかし、営業する手間が省けると時給単価アップに繋がり、その結果稼ぎやすくなります。

kazu
スキルを高めれば様々な恩恵がありますね。次は、具体的な勉強方法を見ていきましょう。

Webライターにおすすめの勉強方法7選

Webライターにおすすめの勉強方法

Webライターにおすすめの勉強方法は、以下の7つです。

Webライターの勉強方法

  • 実践
  • 教材
  • 添削を受ける
  • ブログを読む
  • ブログ運営
  • 資格を取る

それぞれの方法について具体的に解説します。

①実践

質は量からしか生まれません。つまり、実践あるのみです。

いくら本を読んだりセミナーを受けたりしても、実際のライティングでインプットしたことを実践しなければ、自分のスキルにはなりません。

初心者のうちは、タイトルや記事構成、文章の型などを覚えたら、まずは見よう見まねで1記事書いてみましょう。実際に書いてみれば、自分は何ができて何ができないのか明確になってきます。

kazu
ライターにとって、書くことそのものが最大の勉強なのです。

②本

ライティングの次に優先すべきは読書です。

本には成功したプロのノウハウが詰め込まれており、信頼性の高い情報が手に入ります。

さらに、本を読んでその内容をまとめたり、要約して人に紹介したりすることで思考力を鍛えられます。

kazu
論理的思考力を身に付ければ、読みやすく伝わりやすいライティングができるようになります。

個人的には以下の3冊がおすすめです。

  • 伝わる 文章の基本
  • 文章力が、最強の武器である
  • ロジカルな文章の書き方 超入門

それぞれの内容を簡単に解説していきます。

伝わる 文章の基本

著者 高橋廣敏(たかはし ひろとし)
ページ数 208ページ
金額 1,430円

読み手の立場に立つ、Webライティングの基本が書かれています。

学校で習った国語の勉強だけでは、わかりやすい文章を書けません。この本には、文章をわかりやすくする「構成」「文章表現」が網羅されており、基本を学ぶにはピッタリです。

これから文章を書いて生きていく方は、まずこの本から読んでみましょう。

文章力が、最強の武器である

著者 藤吉 豊
ページ数 210ページ
金額 1,485円

文章の機能がわかりやすく解説されています。

初心者の方は、「何を書くか」がおろそかになっているケースが多いです。この本では「内容を面白くする6つのポイント」を筆頭に、何をどう書くかが順序立てて説明されています。

自分の文章が薄いと感じる方は、ぜひ手に取ってみてください。

ロジカルな文章の書き方 超入門

著者 別所栄吾 (べっしょ えいご)
ページ数 243ページ
金額 1,540円

論理的な文章を書くノウハウが詰まった本です。

内容がイマイチなライターは、執筆前に情報をしっかり整理できていません。この本では、アイデアの出し方や整理の仕方がわかりやすく解説されています。

記事を書くとき、書き出しに悩んでしまう方に読んでほしい一冊です。

 

なお、本を買うにもお金かかります。初心者で稼げないうちは、本の出費も辛いですよね。できるだけ安く、そして多くの本が読めればいいと思いませんか?

そんな方はぜひ「Kindle Unlimited」を試してみてください。なんと、月額980円で200万冊以上が読み放題。本を一冊買うお金で、大量に読書できるのです。

ここで、利用者の感想を見てみましょう。

Kindle Unlimitedがあれば絶対的なインプット量が増え、ライターとしての単価も高められます。さらに、最初の2ヶ月はわずか99円でお試しできますよ。

もっと詳しく見る

③教材

独学で稼げない方は教材も検討しましょう。

教材やスクールを活用すれば、ライターで稼ぐために必要な情報を体系的に学べ、最短距離で収益化を目指せます。

確かに教材にはお金がかかります。しかし、人生単位で見れば超コスパの良い投資なので、ぜひ検討してほしいです。

kazu
僕が月収50万円以上稼げるライターになれたのは、間違いなく自己投資のおかげだと思っています。

ライタースクールにも色々あります。お金を無駄にしないため、確実に稼げるスクールを知りたいはずです。ライティングをゼロから体系的に学びつつ、プロから添削を受けられたら良いと思いませんか?

そんな方にはぜひ「WritingHacks」を試してほしいと思います。ライティングスキルだけでなく、仕事の取り方やクライアントとのコミュニケーションまで身に付けられるため、再現性が非常に高いです。

ここで、利用者の感想を見てみましょう。

WritingHacksではプロによる計3回の添削があり、購入後は永久に質問し放題ですので、稼げなかったらどうしようと悩む方も安心です。今後値上がりする可能性もあるため、早めに決断しましょう。

もっと詳しく見る

なお、以下の記事で僕が受講した結果も公開しています。

④添削を受ける

添削を受けるのもおすすめです。

クライアントやディレクターからフィードバックを受ければ、自分の弱点が明確になります。

kazu
自分では気付けなかった弱点がわかるため、添削を受けられる機会があれば積極的に活用していきたいですね。

とはいえ、仕事でフィードバックをくれる相手に出逢える機会はそう多くありません。そこでオンラインサロンなどを活用し、添削してもらう機会を探すと良いでしょう。

⑤人の書いた文章を読む

人の書いた文章も積極的に読んでみましょう。

上手い人の文章を読めば、自分が知らなかった文章テクニックやノウハウがわかり、さらに文章力アップに繋がります。

例えば、以下のような記事を見ると良いでしょう。

  • 担当しているメディアの他の記事
  • 検索上位に出てくる競合記事
  • 同グループのライターの記事
  • 興味があるジャンルのブログ記事

とはいえ、記事を読んでもそれを活かせないと意味がありません。読んだら「どこが違うのか」「なぜ違うのか」を考えてみましょう。

思考法

他の人の記事を読み、自分の記事と何が違うのか思考することで、文章のクオリティを高められますよ。

⑥ブログ運営

自分でブログを運営するのもおすすめです。

基本、ライターが任せられるのは記事執筆のみ。しかし、自分でブログを作ろうと思うとサイト設計からキーワード選定まで行う必要があり、より幅広い領域について学べます。

kazu
もし収益化できなくてもポートフォリオになるため、やっておいて損はありません。

確かにブログを書くのは時間がかかります。しかし、それに見合ったスキルが身につくので時間を割く価値はあります。

ブログは無料ブログではなく、WordPressがおすすめです。しかしサーバー代がかかりますし、どうやって開設すればいいかもわからないですよね。できるだけ安く、簡単にマイブログを立ち上げたいと思いませんか?

そこでおすすめなのが「エックスサーバー」です。エックスサーバーはわずか月額495円から利用可能。ドメイン取得やWordPressの立ち上げまで同時にできるため、誰でも簡単にブログを作れます。

ここで、利用者の感想を見てみましょう。

エックスサーバーならほとんどの人が確実にブログを立ち上げられ、ライターとしての実績作りやスキルアップにも繋がります。なんと最初の10日間は無料ですので、お金をかけることなくブログをお試しできますよ。

格安でブログを開設する

⑦資格を取る

専門性を高めたい場合、資格取得を検討しましょう。

資格があれば知識が身に付くだけでなく、高単価の仕事を取りやすくなります。さらに、場合によっては記事の監修者になれるため、実績作りにも役立ちます。

具体的には、ジャンルに応じて次のような資格がおすすめです。

ジャンル 資格 合格率
金融 ファイナンシャルプランナー 2級の場合
50.56%(学科)
60.26%(実技)
不動産 宅地建物取引士 15%
ビジネス 証券アナリスト 48.6%(一次)
52.1%(二次)
転職 キャリアコンサルタント 46.1%
医療 介護福祉士 71.0%
薬機法管理者 50.0%
美容 日本化粧品検定 1級の場合
62.8%
薬機法管理者 50.0%
健康 食生活アドバイザー 2級の場合
40.0%
栄養管理士 65.1%

ただし、資格取得には時間もかかります。まずは自分が好きなジャンル、書いていて苦にならないジャンルを見つけていきましょう。

Webライターが実践したい3つのアウトプット方法

Webライターが実践したいアウトプット方法

インプットしたらアウトプットも重要です。最も有効なアウトプットはもちろん実践することですが、他にも次のようなアウトプット方法があります。

アウトプットの手段

  • ツイート
  • 図解
  • 音声配信

①ツイート

時間がない方は、ツイートが最も手軽でおすすめです。

アウトプットには、インプットした内容を簡潔にまとめて言語化する「要約力」が求められます。ツイッターは140文字までしかツイートできないため、要約力が鍛えられますよ。

下手くそでも構いません。インプットしたら、積極的にツイートしてみましょう。

kazu
僕もこんな感じで、読書したらツイートでアウトプットしています。

②図解

時間があれば図解にも挑戦しましょう。

内容を図にすれば理解しやすくなるだけでなく、見ている人にも伝わりやすくなります。

図解には無料の画像編集アプリ「Canva」が最適です。たとえば、僕はツイートに以下のような図解を添付しています。

読書の図解

慣れるまで時間はかかりますが、自分の発信の価値を高めたいなら実践してみる価値はあります。

③音声配信

音声配信にも挑戦してみましょう。

音声配信なら図解ほど時間はかかりませんし、空いた時間に気軽に取り組めます。

無料で配信できる「Stand FM」を利用すれば、誰でも簡単にアウトプットできますよ。身近な人に本の内容を話す機会がないなら、ぜひ音声配信してみましょう。

kazu
僕も以下のような音声配信チャンネルを作り、定期的に配信しています。

>>Stand FM

Webライターは勉強が必須!インプットしたらアウトプットも忘れずに

今回はWebライターの勉強方法を紹介しました。

インプットした後、実践のライティングでしっかりアウトプットすれば、学んだことを脳に定着させられます。これで、初心者の方も劇的なスキルアップが図れるでしょう。

主な勉強方法は以下の7つです。

Webライターの勉強方法

  • 実践
  • 教材
  • 添削を受ける
  • ブログを読む
  • ブログ運営
  • 資格を取る

ぜひこの記事の内容を実践し、Webライターとして効率的にスキルアップしてくださいね!

なお、知識ゼロから最短でスキルアップしたいなら「WritingHacks」がおすすめです。

WritingHacksなら、ライティングから仕事の取り方、クライアントとのコミュニケーションまで体系的に学習できます。

kazu
3ヶ月間全く稼げなかった僕も、受講してわずか半月で仕事が取れるようになりました。

効率的に勉強したい方は、情報がまとまっていて添削や質問機能もあるWritingHacksを受講してみましょう!

もっと詳しく見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kazu

専業Webライター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やしたい、SEOの実践経験を増やしたいという目的でブログを運営しています。

-Webライター

© 2022 KAZUBLOG Powered by AFFINGER5