Webライター

【副業可】Webライターはスマホでも始められる!未経験から稼ぐ手順を徹底解説

タイトル

kazu

フリーのWebライター&ディレクター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やすべく発信しています。

「Webライターはスマホでも稼げる?」
「スマホでも文章は書けるの?副業Webライターで収入を得る方法を知りたい!」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

結論からお伝えすると、スマホでも執筆は可能です。

とはいえ、パソコンの方が効率が良いのは事実。まずはスマホからできる範囲でWebライターをやってみて、稼げるようになったらパソコンの購入を検討すると良いでしょう。

この記事では、あなたのために以下の情報について解説します!

この記事でわかること

  • スマホでもWebライターで稼げるのか
  • スマホだけでWebライターとして稼ぐ手順
  • おすすめのアプリや副業の注意点
kazu
僕はこの記事の通りに実践して、ここまで成果を上げられました!

  • 会社を辞めて独立
  • 未経験から月収65万円
  • 1年でディレクターに昇格

スマホから副業Webライターで稼げるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください!

スマホでも副業Webライターとして稼げる?

結論からお伝えする、スマホからでもWebライターを始めることは可能です。

Googleドキュメント等のアプリを使えば、スマホからでも執筆できますし、WordPressも入稿だけならアプリからできるでしょう。

kazu
とはいえ、やはり執筆効率はパソコンの方が上。

本格的に稼ぎたいなら、パソコンはいずれ必要になるでしょう。購入を迷っているなら、まずスマホから始めてみて、稼げるようになってからパソコンを購入するのがおすすめです。

Webライターなら、スペックが低くて安いパソコンでも問題ありません。

スマホで副業Webライターとして稼ぐ5つの手順

スマホで副業Webライターとして稼ぎたい人は、まず以下の手順に沿って進めていきましょう。

Webライターとして稼ぐ手順

  1. クラウドソーシングに登録
  2. プロフィールを作成
  3. ポートフォリオを作成
  4. 提案文を考える

各手順を詳しく見ていきましょう。

①クラウドソーシングに登録

Webライターで仕事を取る方法は、SNSや直接営業、コミュニティなどさまざまですが、最も簡単なのはクラウドソーシングです。

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐサービスのこと。特に、以下の2社は利用者数が多くておすすめです。

どちらも無料で登録できるため、まずはどんな案件があるか見るためにも、会員登録を済ませておきましょう。

②プロフィールを作成

クラウドソーシングに登録したら、まずプロフィールを作りましょう。

プロフィールは案件に応募したときに見られる可能性があり、適当に作っていると、仕事が取りにくくなります。逆に、プロフィールが充実しているとクライアントから仕事がもらえることも。

kazu
プロフィール作成の際は、以下のポイントを重視しましょう。
  • 自己紹介
  • 実績
  • 単価

さらに詳しいプロフィールの作り方は、こちらで解説しています。

>>【初心者向け】Webライターのプロフィール文はどう書けばいい?実績がないときの対処法

【初心者向け】Webライターのプロフィール文はどう書けばいい?実績がないときの対処法

「プロフィール文ってどう書けばいいの?」 「絶対に書くべきことは?仕事が取れるライターになりたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? クラウドソーシングに登録したらまずプロフィールを作ると思いま ...

続きを見る

1. 自己紹介

冒頭にちょっとした自己紹介を書きましょう。

クライアントとしても、素性のわからない人に依頼するのは不安ですので、あなたがどんな人か簡単に伝えることが大切です。

kazu
以下は僕が使っている文章です。

〇〇と申します。

現在26歳で、大阪で専業ライターとして活動しております。趣味は旅行やお酒を飲むこと、投資について勉強することです。

配慮のあるクライアントなら、あなたの事情を考えて依頼してくれる可能性もありますし、趣味の話で盛り上がるかもしれません。

2. 実績

実績も非常に重要です。クライアントは、そのライターに依頼したらどんな結果がもたらされるのか気になるもの。

どのくらいの実績やスキルがあるのか伝え、あなたを採用する理由を示しましょう。

実績がない方は、持っている資格や業界経験、趣味などを書くか、試しに記事を書いてみるのも良いでしょう。

3. 単価

プロフィールには単価をハッキリ示しましょう。

最初から単価〇〇円以上とわかっていれば、クライアントとしても予算が組みやすく、依頼しやすいです。

また、リライトの場合は文字数で報酬換算するのが難しいため、一律で決めておいた方が良いでしょう。

資格を持っているジャンルは単価を高めにするなど、スキルに応じてこまめに単価設定するのも手です。

③ポートフォリオを作成

プロフィールと合わせ、ポートフォリオも作成しておきましょう。

ポートフォリオとは、参考となる記事のことで、これがあるのとないとのでは、受注率に大きな差が生まれます。

以下の手順に沿ってポートフォリオを作成していきましょう。

  1. サイトを開設
  2. 記事を数記事書く

さらに詳しいポートフォリオの作り方は、こちらで解説しています。

>>【未経験でも可】Webライターはポートフォリオ必須!作り方やおすすめサイトを解説

タイトル
【未経験でも可】Webライターはポートフォリオ必須!作り方やおすすめサイトを解説

「Webライターのポートフォリオって何?」 「どうやって作ればいいの?実績がないときの対処法についても知りたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? ポートフォリオ、つまり参考となる実績や記事があ ...

続きを見る

1. サイトを開設

まずはポートフォリオ用のサイトを作る必要があります。サイトを作るには、以下のような方法があります。

  • WordPress
  • note
  • アメブロ
  • ペライチ
  • Jimdo

特におすすめなのはWordPressです。

WordPressとは
簡単に言うと、誰でも簡単にブログやWebメディアが作れるプラットフォームで、世界中で使われています。

WordPressはサーバー代がかかりますが、クライアントからすると非常に安心感があり、仕事獲得しやすくなりますよ。

WordPressの使い方や立ち上げ方は、こちらの記事で詳しく紹介しています。

>>WebライターはWordPress必須!開設手順&最低限知っておきたい操作方法

タイトル
WebライターはWordPress必須!開設手順&最低限知っておきたい操作方法

「WebライターはWordPressが必要?」 「お金をかけても開設した方が良い?手順や操作方法について詳しく知りたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 結論からお伝えすると、Webライターは ...

続きを見る

2. 記事を数記事書く

サイトを立ち上げたら、記事を何記事か書いてみましょう。

当然、最初は実績が何もありません。クライアントからすると、どれくらいの実力があるかわからないため、参考記事を書いておくと有効です。

どうやって記事を書いたらいいのかまったくわからない方は、こちらの記事を参考にしてください。

>>【文章下手でもわかる】Webライターの記事の書き方は?良い文章を書く10個のポイント

Webライター 書き方
【文章下手でもわかる】Webライターの記事の書き方は?良い文章を書く10個のポイント

「Webライターで記事を書く方法は?」 「文章下手でも書けるようになる?上手い文章を書くコツがあれば知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 結論からお伝えすると、Webライターに文章セン ...

続きを見る

④提案文を考える

プロフィールやポートフォリオができたら、早速案件に応募しましょう。応募する際は、提案文をしっかり考えることが大切です。

提案文とは
クラウドソーシングでクライアントに提出する、応募分のことです。

提案文を書く際は、以下の4点が大切です。それぞれのポイントについて、詳しく解説していきます。

  • 案件への理解
  • 自分の情報
  • 稼働時間
  • 疑問への回答

さらに詳しい提案文の作り方は、こちらで解説しています。

>>【発注者目線で解説】Webライターは提案文で受注率が上がる!書き方&差別化ポイント

【発注者目線で解説】Webライターは提案文で受注率が上がる!書き方&差別化ポイント

「Webライターの提案文はどう作ればいい?」 「全然案件が取れない!どこを改善すればいいか具体的に知りたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? Webライターを始めたばかりの頃は、どれだけ応募し ...

続きを見る

1. 案件への理解

まずは案件への理解を示しましょう。

クライアントは自分のメディアに最適なライターを探しているため、まずは何を求めているのか察知することが重要です。

kazu
たとえば、僕は以下のように書いています。

初めまして。〇〇と申します。
〇〇な案件ということで応募させていただきました。

私は〇〇(ライティング)を得意としております。

また、〇〇(資格や実績)もありますので、御社のお役に立てるはずです。

2. 自分の情報

自分の情報もしっかり載せましょう。

すべてのクライアントがプロフィールまでしっかり見てくれるわけではないため、提案文でもしっかり自己紹介することが大切です。

【経歴】
20XX年:〇〇大学卒業
20XX年:〇〇企業勤務

資格(あれば)

ポートフォリオ(あれば)
過去〇〇(キーワード)についての記事を執筆しています。私の書く文章の参考として、ご確認いただければ幸いです。

3. 稼働時間

稼働時間も忘れずに書いておきましょう。

クライアントからすると、せっかく採用したのに思ったより作業してもらえないと、不満に感じてしまいます。

kazu
以下のように、作業時間を明確にしてください。

週〇〇時間稼働できます。もし稼働時間についてご相談あれば、ご気軽によろしくお願いします。

4. 疑問への回答

最後に、クライアントの質問には絶対に答えるようにしましょう。

質問にしっかり回答していないと、募集文を読んでいないとみなされて、弾かれてしまう可能性が高いです。

中には、コピペの提案文を嫌ってわざと質問を設けているクライアントもいるため、募集文はしっかり読んでください。

⑤テストライティングを受ける

よほど実力を認められた場合以外は、基本的に採用前にテストライティングに合格しなければなりません。

テストライティングとは、本当に採用に足るライターなのか確認するために行われる執筆作業のことです。

ここが正念場ですので、頑張って記事を書いて乗り切りましょう。何度も落ちてしまう場合、基礎が抜けている可能性が高いため、以下のような記事を参考にしてください。

Webライター 書き方
【文章下手でもわかる】Webライターの記事の書き方は?良い文章を書く10個のポイント

「Webライターで記事を書く方法は?」 「文章下手でも書けるようになる?上手い文章を書くコツがあれば知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 結論からお伝えすると、Webライターに文章セン ...

続きを見る

Webライター構成
【丸わかり】Webライターが記事構成を作る手順は?使用すべきツールやコツも解説

「記事構成ってどうやって作ればいい?」 「何かコツとかあるの?サクッと良い構成を作れるようになりたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 「構成は記事の9割を占める」と言われているほど重要ですが ...

続きを見る

Webライター 情報収集
【今更聞けない】Webライターは情報収集が命!7つのリサーチ方法と効率を高めるコツ

「ライターの情報収集はどうやればいい?」 「毎回リサーチにかなり時間がかかる…もっと効率の良い方法を知りたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? Webライターはネットから情報収集する方が多いと ...

続きを見る

WebライターSEO
【最新】WebライターならSEO知識は必須!今すぐ実践できるテクニック10選を紹介

「SEOってどんなもの?」 「Webライターが知っておくべきSEO知識とは?具体的な書き方も知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? WebライターにはSEOの知識が必須です。 しかしそう ...

続きを見る

スマホでWebライターを始めるときに役立つアプリ3選

スマホでWebライターとして稼ぎたいなら、以下のようなアプリをインストールしておきましょう。

Webライターに役立つアプリ

  • クラウドソーシングアプリ
  • チャットワーク
  • Googleドキュメント

①クラウドソーシングアプリ

Webライターはレスの早さも重要です。クライアントから連絡が来たら、すぐに対応できるようにしておきたいですね。

最低限、ランサーズとクラウドワークスのアプリ入れておいてください。

kazu
通知設定もきちんと行っておきましょう。

②チャットワーク

仕事をこなしていく上で、チャットワークは重要なチャットツールです。

多くのクライアントは、チャットワークでやりとりを行っています。案件によっては、チャットワークでのやりとりが条件になっていることも。

kazu
円滑にコミュニケーションを図るためにも、必ず使えるようになっておきましょう。

最初は無料で使えますが、トーク数が増えてくると課金する必要があります。とはいえ、トークが増えている時点で仕事をもらえているはずですので、多少料金がかかっても問題ないでしょう。

③Googleドキュメント

Googleドキュメントは、執筆や共有に役立つツールです。

ドキュメントを公開して、URLをクライアントに伝えることで、構成や記事を共有できます。精度の高い音声入力も使えるため、スマホでの執筆も楽になりますよ。

kazu
パソコンを導入しても、スマホに入れておけば役立つツールだと言えるでしょう。

スマホで副業Webライターを始めるときの4つの注意点

スマホで副業Webライターとして活動する際は、以下の4点には充分注意しましょう。

副業ライターの注意点

  • 詐欺案件に気を付ける
  • スマホで気軽に稼げるという謳い文句に乗らない
  • 仮払いされてから仕事を始める
  • テストの宝珠がない案件には応募しない

それぞれ詳しく解説していきます。

①詐欺案件に気を付ける

クラウドソーシングはまともなクライアントが大半ですが、中には詐欺師のような人もいるので要注意です。

たとえば、初心者ライターを勧誘して公式LINE等に誘導し、高額商材を売りつけたりロクでもない副業に誘ったりする事例があります。

kazu
「初心者歓迎」などと謳った案件は、詐欺の可能性が高いため、応募しないようにしましょう。

②スマホで気軽に稼げるという謳い文句に乗らない

YouTubeなどを見ていると、スマホだけで片手間で稼げますなどと謳った広告が出てきますが、惑わされないよう注意です。

僕はWebライターとして、ようやく月50万円ほど稼げるようになったからこそわかりますが、楽に稼ぐ方法など存在しません。

片手間でできる副業なんて、誰でもできる = 価値がないので、そんなことでお金がもらえる仕組みはまず成り立たないのです。

kazu
この記事を読んでいるような真剣な方には、楽に稼ぐことを考えるのではなく、正しく努力してほしいと思います。

③仮払いされてから仕事を始める

クラウドソーシングでは、必ず仮払いされてから仕事を開始しましょう。

仮払いが終わっていないと、報酬を支払わずにそのまま逃げられたとしても、打つ手がなくなってしまいます…。

もしテストライティングや執筆を依頼されたのに仮払いされない場合は、クライアントに催促しましょう。

kazu
それでも仮払いされない場合は、作業する必要はありません。

④テストの報酬がない案件には応募しない

中には無報酬でテストライティングを行わせるクライアントもいますが、決して関わらないようにしましょう。

テストとはいえ、成果物に対して報酬を受け取るのは当然の権利。テストに報酬を支払わないクライアントは、非誠実ですので、関わらない方が良いです。

kazu
募集している単価に対し、テストの報酬が異常に低い(1/10以下)クライアントも同様です。

スマホで書くのは大変!執筆効率が上がるおすすめのパソコン3選

スマホで記事を書くのは非効率ですので、最終的にはパソコンを購入しましょう。おすすめは以下の3つです。

MacBook Air
Chromebook x360
Surface Laptop Go

なお、おすすめのパソコンや選び方は、こちらの記事でより詳しく解説しています。

>>【3分で解決】Webライターにおすすめのパソコンは?選び方や必要スペックについて解説

Webライター パソコン
【3分で解決】Webライターにおすすめのパソコンは?選び方や必要スペックについて解説

「Webライターにおすすめのパソコンは?」 「スペックはどのくらい必要なの?後悔しない選び方を知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 一言でパソコンと言っても、各メーカーから様々な商品が ...

続きを見る

①MacBook Air

価格 115,280円
画面サイズ 13インチ
重さ 1.29kg
CPU M1チップ(Core i7相当)
メモリ 8GB
ストレージ 256GB

もっともおすすめなのはMacBookです。

iPhoneとの連携性が高く、メモやリマインダーなどを共有したり画像などを送信したりできるため、リサーチが楽になります。

リセールが高く、特に近年発売された「M1チップ」入りのMacBookは、価格の割に高性能なのも魅力です。

kazu
Webライターのパソコン選びで迷っているなら、MacBookを選びましょう。

≫MacBook Airの購入はこちら

②chromebook x360

価格 101,425円
画面サイズ 13.5インチ
重さ 1.45kg
CPU Core i5
メモリ 8GB
ストレージ 256GB

快適性重視なら、chromebook x360がおすすめです。

独自OSによってMacやWindowsよりもサクサク動くのが特徴で、ちょっとした画像編集などもサクッとこなせます。

Googleアカウントとの連携性も高く、自動でアップデートが行われるため、セキュリティも高めです。

kazu
サクサク快適に作業したいなら、chromebook x360を選びましょう。

≫chromebook x360の購入はこちら

③Surface Laptop Go

価格 106,260円
画面サイズ 12.4インチ
重さ 1.11kg
CPU Core i5
メモリ 8GB
ストレージ 128GB

外出作業が多いなら、Surface Laptop Goがおすすめです。

他のノートパソコンより軽量で持ち運びやすく、さらに「Word」などのMicrosoftが標準搭載されているのも役立ちます。

kazu
カフェや旅行先などで作業するなら、ぜひ視野に入れたいパソコンだと言えるでしょう。

≫Surface Laptop Goの購入はこちら

副業Webライターは副業禁止の会社でもできる

Webライターは、副業禁止の会社でも問題なく始められます。

そもそも副業がバレるのは、副業収入を得たことで住民税が上がってしまうから。確定申告書を作成する際、自分で交付するようにしておけば、会社にバレることはありません。

kazu
そもそも、会社が副業を制限する権利はないので、自信を持って自分の力で稼ぐ力を身に付けていきましょう。

公務員は法的に副業が禁止されています。破ると懲戒免職、減給などのリスクがあるため注意しましょう。

スマホからでも副業Webライターになれる!まずはクラウドソーシングに登録しよう

Webライターはスマホからでも始められます。

ただ、スマホだとどうしても執筆に時間がかかってしまうため、最終的にはパソコンの導入を検討してください。

最後に、スマホからWebライターを始める手順をおさらいします。

スマホからWebライターを始める手順

  1. クラウドソーシングに登録
  2. プロフィールを作成
  3. ポートフォリオを作成
  4. 提案文を考える

Webライターで稼ぐのは決して楽ではありません。しかし、「スマホだけ楽に稼げる」などの誘惑に惑わされず、自分を信じてコツコツ努力していってもらえればと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Webライター

© 2022 KAZUBLOG Powered by AFFINGER5