おすすめグッズ

【初心者必見】Webライターの必需品はたった3つ!現役ライターが便利グッズを公開

kazu

フリーのライター。金融やフィットネスが得意分野。温泉旅館とお酒、そしてサーフィンを愛しています。ブログテーマは「フリーランス人生を謳歌する」こと。

「Webライターに必要な物って何?」
「何があればライターを始めらられる?」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

最初に結論をお伝えすると、ライターはPCと執筆用ツール、そしてネット環境さえあれば始められます。

kazu
でも、他にもあったほうが良い物はたくさんあるので、それも詳しく紹介します!

最後まで読み、さっと必要なものを揃えてライターライフを歩み出しましょう!

Webライターの必需品はたった3つ!

ライターの仕事に必要な道具は少ないですので、あなたが今何も持っていなかったとしてもあまり問題ありません。

kazu
絶対に必要なものは次の3つだけ!

ライターの必需品

  • PC
  • ツール
  • ネット環境

当たり前ですがPCは必須ですね。

文字入力がスムーズになるのはもちろん、リサーチや案件管理のやりやすさもスマホとは雲泥の差です。

kazu
どれもスマホじゃめちゃくちゃやり辛いです(汗)

執筆ツールもほぼ必須です。ただ、大半は無料で使えますから、ブックマークに登録すればそれでもう準備完了です。

最後に、ネット環境もすごく大事です。

ネット環境が整っていないと、読み込みが遅くてイライラしますし、最悪執筆データが消えて嘆くハメになります。

kazu
本当にえらいことになるので、絶対にネット環境は整えましょう!

次からは、それぞれのおすすめを紹介していきます。

ライターの必需品①おすすめのPCはズバリこれ!

ライターのおすすめPCは、ズバリMacbookです。

kazu
僕がMacをおすすめする理由はこんな感じ!

Macがおすすめな理由

  • かっこいい
  • iPhoneとの連携が便利
  • 意外と安く手に入る
  • リセールが高い
  • かっこいい

Macbook最大のメリットは、カッコイイこと。

カッコイイPCを使っているとテンションも上がりますし、それが作業のモチベーションにも繋がります。特に、スタイリッシュなフリーランスに憧れているなら、絶対Macの方がいいです。

また、Macbookは思っているほど高くありません。

僕はApple公式の「認定整備済み品」で、型落ちのMacbookProが安く買えちゃいました。しかも、現在はM1チップが搭載されたMacbookAirが最安値で買えるため、そちらが最もおすすめです。

また、Mac製品は人気があってリセールが高く、購入価格は高くても損しにくいのが忘れてはならないポイント。

kazu
以前、1年半使ったiMacが購入時と3〜4万円しか変わらない値段で売れました!

最後に。やっぱりカッコイイので、個人的にはMacbookをおすすめしたいですね(笑)

ライターの必需品②絶対に知っておくべき執筆ツール9選

ライターは、次の9つのツールを使いこなせるようにしておきましょう。

ライターの執筆ツール

  • ドキュメント
  • スプレッドシート
  • 校正ツール
  • コピペチェック
  • 文字数チェック
  • ラッコツール
  • ラッコキーワード
  • 請求書作成ソフト
  • 会計ソフト

全部ブックマークに入れておくと便利です!

①ドキュメント

ドキュメントはライターの必須アイテム。

クライアントからこれで納品依頼されることも多いですし、直接入稿の案件でも校正案を出すときに使えます。あと、wordやメモと違って「shift+command+V」が使えるのも嬉しいポイントですね。

kazu
このコマンドは、コピー元の書式を参照しないので非常に便利です!

同期も早いから、使えるようになっておいて損はない。

②スプレッドシート

ライターは、スプレッドシートの使い方も最低限抑えておきたい。

クライアントから依頼内容をシートで渡されることは多いし、上手く使いこなせれば案件管理・収益管理にも活用できます。

kazu
こんな感じで案件管理・収益管理が同時に可能です!

シートが使えればライター業だけでなく、ブログ運営などさまざまなビジネスに応用できますよ。

③校正ツール

納品前は、必ず校正ツールでチェックしましょう。

この一瞬の手間を挟むだけで記事の質を高め、クライアントからの評価まで高められると考えると、非常に利用価値が高いと言えます。

なお、校正には主に以下の2通りのやり方があります。

校正のやり方

  • Wordの校閲機能を使う
  • 校正専用ツールを使う

wordはWindowsなら無料で使えます。

Mac版だとWordにもお金がかかりますが、それでもせいぜい年間12,000円ほどですので、十分なコスパですね。

kazu
基本的にはWordの校閲機能で十分です!

④コピペチェック

クライアントによっては、コピペチェックを依頼されることもあります。

ライターの中には、既存記事の内容をパクって納品する悪質な人もいるし、意図しなくても内容が似通ってしまうことは往々にしてあり得るからです。

そんなときは、コピペチェックで一致率を調べ、オリジナリティの高い記事に仕上げてあげましょう。

≫CopyContentDetector

⑤文字数チェック

このツールは地味ながら非常に使用頻度が高いです。

クライアントから記事の文字数を指定されることは多いし、そうでなくてもタイトルやメタディスクリプションの文字数は重要です。

確かに、Googleドキュメントなら「Shift+Command+C」ですぐ文字数がわかります。しかし、一定範囲の文字数だけを調べることはできず、微妙に小回りが効かないのが問題点。

kazu
僕は、タイトルの文字数を調整するときによく使ってます。

≫文字数チェッカー

⑥ラッコツール

ラットツールはリサーチの必須ツール。

競合記事の見出しだけを抜き出せるため、必須情報が素早くわかりますし、競合のタイトルと見出しを同時にドキュメントに貼り付けられるのは便利です。

kazu
僕は基本的にh2のみ抜き出し、h3の内容は別途検索してリサーチしています!

≫ラッコツール

⑦ラッコキーワード

ラッコツールと同じく、リサーチの必須ツール。

こちらは入力したキーワードの関連キーワードを抽出してくれるため、オリジナリティの高い記事を作るときのヒントになります。

kazu
競合記事の内容だけでなく、関連KWを考慮することも非常に大切です!

キーワード選定にも使えますので、ぜひブックマーク登録を!

≫ラッコキーワード

⑧請求書作成ソフト

直接契約するなら、請求書作成も必須です。

無料で請求書が作れるソフトには、次のようなものがあります。

主な会計ソフト

  • INVOY
  • Misoca
  • Spuare
  • 会計free
kazu
正直、どれも使い勝手はほぼ変わらないと思います。

僕はクライアントからの指定があって「Misoca」を使っていますが、初心者でも非常に簡単に請求書が作れますよ。

⑨会計ソフト

最後に必要なのが会計ソフト。

会計ソフトとは、一年間の収入や経費を記入して確定申告書を作成できるソフトで、フリーランスライターの必需品となります。

kazu
確定申告はめんどくさいですが、必ず向き合わないといけません(笑)

おすすめの会計ソフトは次のようになります。

主な会計ソフト

  • クラウド会計freee
  • マネーフォワードクラウド会計
  • 弥生会計オンライン

どれでも機能性は同じくらいですので、好みで選ぶと良いでしょう。

ライターの必需品③サクサク仕事が進むモバイルルーター3選

PC、ツールに続き必須なのが通信環境。

ライターで通信速度が遅いのは致命的。作業時のストレスにも繋がるため、絶対にちゃんとした環境を整えておきたいですね。

kazu
マンション等に優秀なWi-Fiがあるなら、この項は見る必要なしです!羨ましい…

モバイルルーター(ポケットWi-Fi)なら持ち運びもできて、旅行先やカフェの作業、そして引っ越しにも対応できますよ。

特にメジャーなモバイルルーターは次の3つ。

おすすめのモバイルルーター

  • カシモWiMAX
  • 縛りなしWi-Fi
  • BIGLOBE WiMAX 2+

それぞれのおすすめポイントを解説します!

①カシモWiMAX

料金プランがシンプルでわかりやすいのが魅力です。

必須のオプション等はなく、月額料金4,455円から利用できます。通信は実質無制限。3日で15GBの縛りはありますが、ほとんどの場合制限されることはないでしょう(専業でゴリゴリやっている人除く)。

ただし、支払い方法がクレジットカードのみのため、カードを持っていないと契約できない点に注意です。

カシモWiMAX 公式ページ

②縛りなしWi-Fi

文字通り、契約期間の縛りがないのが特徴のルーターです。

あまり長い期間使用するつもりはない、お試しで使ってみたいという場合でも柔軟に対応できますね。

ただし、縛り"あり"プランは3万円以上の違約金がかかってしまいますので、それなら別のWi-Fiを選んだほうが良いでしょう。

家の通信が不安定で、試験的にモバイルルーターを導入してみたいという目的であればおすすめです。

縛りなしWi-Fi 公式ページ

③BIGLOBE WiMAX 2+

BIGLOBE WiMAXは、他より契約期間が短いのがポイントです。

1年以上利用すれば解約料金はかからないため、こちらも試験的な利用に適しているといえます。ただし、料金に関してはそこまで安いというわけではないため、短期間で使うことを想定する場合におすすめです。

BIGLOBE WiMAX 2+公式ページ

Webライターの必需品ではないが、あると嬉しいもの7選

最初にお伝えした通り、PCと執筆ツール、ネット環境さえあればライターの仕事はできます。

しかし、より効率良く作業して稼げるライターになるためには、次のようなアイテムもあると便利です。

あると便利なアイテム

  • PCスタンド
  • サブモニター
  • 電子書籍
  • デスクランプ
  • イヤホン
  • スタンディングデスク
  • ゲーミングチェア

それぞれ詳しく紹介します。

①PCスタンド

PCスタンドは肩の疲れを防ぐグッズです。

これがあると画面の高さが上がって目線と近くなるため、肩が疲れにくくなり、長時間の作業にも役立ちます。

kazu
快適すぎて、僕はもうこれなしで作業できないです(笑)

なお、おすすめは「MOFTのノートパソコンスタンド」です。

PCに貼り付けるタイプのため移動が楽チンで、高さは2段階調整可能。多くの方が心配するであろう揺れもなく、非常に快適に作業できますよ。

何かひとつPCスタンドを買うなら、MOFTのノートパソコンスタンドを選ぶと良いでしょう!

②サブモニター

モバイルモニターも快適作業に役立つアイテムです。

ライターはリサーチしながらドキュメントにまとめたり、公式サイトの情報を表に書き込んだりする作業もあり、2画面あると作業スピードが大幅に変わりますよ。

kazu
ノートPCの場合、1画面だとスペースが圧倒的に足りない…(汗)

おすすめは「EVICIVのモバイルモニター」です。

おすすめする最大の理由が、目の疲れにくさ。アンチグレアを搭載しており、MacのNight Shiftを常用している僕からしても違和感ナシ。長時間作業で目をいたわりたいなら、EVICIVのモバイルモニターが最適ですよ!

③電子書籍

ライターとして、というよりフリーランスとして読書は習慣化すべき。

しかし、紙の書籍はかさばるし、届くのに時間もかかる…。そんな悩みを全て解決してくれるのが電子書籍ですね。

確かに、端末代がかかるのはネックです。しかし、電子書籍なら紙の書籍よりも安めに買えるし、何より買いに行く手間がかかりません。

kazu
場所も取らないので、ミニマリストにはたまらないアイテム!

主な電子書籍は、やはり「Kindle」か「kobo」です。

どちらも書籍数等は変わらないため、楽天ユーザーならkoboを、それ以外ならKindleでいいんじゃないかと思います。

④デスクランプ

長時間作業する専業ライターの必須アイテム。

いくらパソコンの画面が明るいとは言え、明かりなしでの作業は目を悪くしてしまう可能性が高いです。デスクランプがあれば、優しい光でずっと作業していても目の疲れを感じにくいですよ。

kazu
長時間作業するなら、調光機能はマストですね!

おすすめなのは、こちらのクランプ式クリップライトです。

明るさや色温度を調整できるため、あなたにとって最適な明るさ加減で作業できるのがポイントです。操作も、直接操作とリモコンの両方があるため、使い勝手も良好。

残念ながらクランプで挟めない机には使えませんが、そうでないなら持っておいて損はありませんよ。

⑤イヤホン

より集中力を高めたいなら、イヤホンも欲しいところです。

特に、ノイズキャンセリングなら外界の音も全く聞こえなくなるため、カフェなど騒がしい場所での作業もへっちゃら。

kazu
最近ではスタバも騒がしくなってるので…(汗)これは必須アイテムですね!

おすすめなのは、やはりAirPods Proですね。

ノイズキャンセリングの機能が凄まじく、宅配便がきても全く気づかないほど。コンパクトなボディに反して電池時間が長く、充電も非常に早いため、長時間ガッツリ作業する人でも十分に満足できますよ。

⑥スタンディングデスク

長期在宅ライターはほぼ必須かもしれません。

ずっと家で執筆作業をしていると、腰を痛めたり体が硬くなったりして健康にあまり良くないです。

kazu
出かける機会がないと、ほんと運動不足になるんですよね…

そんなときはスタンディングを導入すべきです。

スタンディングデスク以下のようにさまざまなタイプがありますので、お好みで選ぶと良いでしょう。

スタンディングの方法

  • 机に乗せるタイプ
  • 高さ調節なしタイプ
  • 高さ調節できるタイプ(手動・電動)
kazu
こちらはいいデスクが見つかったら紹介します(笑)

⑦ゲーミングチェア

長時間作業する専業ライターなら、ちゃんとした椅子は欲しいです。

ゲーミングチェアは長時間の作業に適していて、僕は常日頃から重宝しています。ただ、けっこういい値段がしますので、ある程度本格的にライターをやると決めてからでも遅くはないでしょう。

kazu
僕が使っているのはこちらのチェア。記事執筆を影で支え続けてくれる、相棒とも言える存在です(笑)

最大のポイントは、なんといっても機能性とインテリア性の充実。

シックな色合いのため、木製のデスクと組み合わせても雰囲気を崩すことがありません。それでいて、高さ調整やリクライニング、アームレストの高さ調整までバッチリです。

アームレストがないのが唯一の欠点ですが、長時間作業に耐えられる椅子を探しているなら、ぜひ検討してみてください。

まとめ

ライターの必需品は、PCと執筆ツール、そしてネット環境のみ。

ネットビジネスらしく非常に手軽なのですが、実際にライターをやっていると、より快適な環境を求めるようになってきます。上記3点以外のグッズは、欲しくなったら揃える形で大丈夫ですよ。

ライターは体力・集中力が命。長時間作業することを考えると、道具への投資は絶対に必要になってきます。

どんどん記事を書き、稼げるライターになるためにも、今回おすすめしたアイテムをぜひ試してみてください!

  • この記事を書いた人

kazu

フリーのライター。金融やフィットネスが得意分野。温泉旅館とお酒、そしてサーフィンを愛しています。ブログテーマは「フリーランス人生を謳歌する」こと。

-おすすめグッズ

© 2021 kazublog Powered by AFFINGER5