Webライター

【保存版】Webライターに必要なものは3つだけ!必需品やあると便利な物について解説

kazu

フリーのWebライター&ディレクター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やすべく発信しています。

「Webライターになるには何が必要?」
「パソコンは何を選べばいい?揃えるべきものや費用についても知りたい!」

あなたはこんな疑問を持っていないでしょうか?

Webライターは参入障壁が低く、パソコンとツール、ネット環境の3つだけあれば最低限仕事を進めることが可能です。

kazu
ただし、より効率的に稼ぐにはそれだけでは不十分だと言えるでしょう。

この記事では、Webライターを始めるのに何を揃えればいいか分からないあなたに向けて、こんな情報を解説します。

この記事でわかること

  • Webライターの必需品
  • あると便利なもの
  • 仕事獲得に必要なスキル
kazu
僕はこの記事で紹介している道具を揃え、未経験から1年間でここまで成果を挙げられました。

  • 会社を辞めて独立
  • 未経験から月収65万円
  • 1年でディレクターに昇格

この記事だけでWebライターになる準備がバッチリ整いますので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

Webライターの必需品は?必要なもの3選

Webライターの必需品

Webライターの仕事を始める上で、絶対に必要だと言えるものは次の3つだけです。

Webライターの必需品3つ

  • パソコン
  • ツール
  • ネット環境

それぞれ詳しく解説します。

①パソコン

パソコン

1つ目に必要なのが、パソコンです。

執筆はスマホでもできますが、圧倒的にやりづらいので、効率的に仕事するならパソコンは必要になってきます。

とはいえ、Webライターの仕事は動画編集などと違ってそこまでスペックを必要としないため、10万円未満の安いパソコンでも十分です。

kazu
僕は当初お金がなかったので、分割でMacBookを購入しました。

もっともコスパが高くておすすめなのは、M1チップの入った「MacBook Air」です。


 他と比較したい方は、こちらの記事でおすすめを紹介しているので、サクッと決めちゃいましょう。

>>>【3分で解決】Webライターにおすすめのパソコンは?選び方や必要スペックについて解説

Webライター パソコン
【3分で解決】Webライターにおすすめのパソコンは?選び方や必要スペックについて解説

「Webライターにおすすめのパソコンは?」 「スペックはどのくらい必要なの?後悔しない選び方を知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 一言でパソコンと言っても、各メーカーから様々な商品が ...

続きを見る

②ツール

ツール

2つ目に必要なのが、ツールです。

Webライターは文章を書いて共有したり、記事に必要な情報をリサーチした入りするのにツールが必要になります。

特に重要なのは次の7つ。

必要なツール

  • Googleドキュメント
  • スプレッドシート
  • 校正ツール
  • コピペチェック
  • ラッコツール
  • ラッコキーワード
  • 請求書作成ソフト

ほぼ無料で使えますので、ブックマークしておきましょう。

1. Googleドキュメント

Googleドキュメントは絶対に必須です。

ドキュメントはいわゆる「Word」のようなツールで、オンライン共有できるのが特徴。これで構成案や本文の納品を求められることもあります。

他にも、リサーチした情報をメモするのにも便利ですね。

なお、クライアントへの共有は以下の手順で行いましょう。

  1. 画面右上の「共有」をクリックする
  2. 「リンクを知っている全員に変更」をクリックする
  3. 「制限付き」を「リンクを知っている人全員」に変更する
  4. 「閲覧者」を「編集者」に変更する

面倒ですが、この手順を踏まないと共有されたクライアントがアクセスできないので要注意です。

2. スプレッドシート

スプレッドシートも最低限使えた方が良いです。

「案件の日程調整」や「構成案の提出」に使える上に、上手く使えばこんな感じで執筆情報もまとめられますよ。

シートを上手く活用すれば、ブログ運営にも使えるのでぜひ慣れておきましょう。

3. 校正ツール

記事のクオリティアップには校正ツールが欠かせません。

記事を納品する前は、誤字や文章の破綻など、さまざまな修正点を直してから納品します。その時の手助けとなるのが、校正ツールです。

おすすめのツールは「文賢」です。

導入するための費用は高めですが、さまざまなアドバイスを受けられるため、ミスをなくしながら文章力を高められます。

特にライティング力を高めたい初心者の方は、ぜひ導入しておきましょう。

>>>文賢を導入してさらに文章力を高める

4. コピペチェック

場合によっては「コピペチェック」も求められます。

同じキーワードで記事を書けば、コピペでなくても他サイトと被ることも少なくこともありません。コピーコンテンツはサイトの評価を下げるため、ツールで一致率を調べておきましょう。

一般的に一致率が40〜50%以下であれば問題ありません。

≫CopyContentDetector

5. ラッコツール

ラッコツールはリサーチの効率を高めてくれます。

記事を書くときは、競合リサーチが必須です。検索上位に上がっている記事は、それだけGoogleに評価されている可能性が高いからですね。

ラッコツールは、競合記事の見出しが一目でわかるので、リサーチの効率がグンと上がります。実際に検索してみると、こんな感じですね。

僕は競合記事のh2やH3を取り入れながら、必要な情報は別途検索しながらリサーチしています。

≫ラッコツール

6. ラッコキーワード

ラッコキーワードもリサーチには必須です。

入力したキーワードの関連ワードを抽出してくれるため、記事作成のヒントになります。

例えば、「ブログ 始め方」で検索してみると、こんな感じでザッと関連キーワードがわかります。

僕の場合、これをドキュメントに貼り付けて、特に重要なキーワードは記事の構成に盛り込んだりしています。

≫ラッコキーワード

7. 請求書作成ソフト

最後に必要なのが請求書ソフトです。

クラウドソーシング以外で仕事する際は、必ず請求書が必要になります。クライアントの手間を省くため、自分で作れるようにしておきましょう。

なお、無料請求書作成ソフトには次のようなものがあります。

  • Misoca
  • INVOY
  • Spuare
  • 会計free

僕はクライアントからの要望で「Misoca」を使っていますが、非常に簡単に請求書が作れますよ。

≫MISOCA

この記事で紹介したのはあくまで必要最低限。より効率的に執筆したいという方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

>>>【超厳選】Webライターの効率化におすすめのツール7選&無料画像サイトも紹介!

Webライター ツール
【超厳選】Webライターの効率化におすすめのツール7選&無料画像サイトも紹介!

「Webライターにおすすめのツールは?」 「どんなツールで執筆すればいい?より効率的に稼げるようになりたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? Webライターは、リサーチから執筆までほぼパソコ ...

続きを見る

③ネット環境

ネット環境

3つ目に必要なのが、ネット環境です。

もう家にある人も多いと思いますが、通信が遅いと作業効率が落ちたり、ストレスが溜まったりするので、見直しておきましょう。

kazu
僕はポケットWi-Fiを使ってますが、旅行先やカフェにも持って行けて便利ですよ。

おすすめは次の2つです。

おすすめのポケットWi-Fi

  • カシモWiMAX
  • 縛りなしWi-Fi

それぞれのおすすめポイントを解説します。

1. カシモWiMAX

カシモWiMAXは料金の明快さが利点です。

通信量無制限で、月額4,455円のプランのみ。これ以上でも以下でもありませんので、どのプランにしようか迷うことはありません。

一応「3日で15GB」の縛りはありますが、大量の執筆作業をこなしながら動画視聴やオンラインゲームでもやらないとまず届かない数値。

kazu
普通に使うだけならまず問題ないでしょう。

どれかポケットWi-Fiを選ぶなら、ぜひカシモWiMAXに申し込んでみてください!

>>>カシモWiMAX

2. 縛りなしWi-Fi

縛りなしWi-Fiは文字通り、期間の縛りがありません。

多くのポケットWi-Fiには1〜2年の契約期間があり、中途解約すると高額な違約金がかかりますが、縛りなしWi-Fiならいつでも解約可能。

kazu
ポケットWi-Fiは、いざ導入してみるとやっぱり要らないと思うケースも多いため、お試しできるのは便利ですね。

試験的にポケットWi-Fiを導入したい方は、ぜひ縛りなしWi-Fiを活用しましょう。

>>>縛りなしWi-Fi公式ページ

Webライターの必需品ではないが、あると便利なもの7選

Webライターであると便利なグッズ

これから紹介するグッズは、別に必須ではありません。

しかし、持っていると執筆効率が上がったり、作業が快適になったりするので、ぜひ導入を検討してほしいと思います。

あると便利なグッズ

  • PCスタンド
  • モバイルモニター
  • イヤホン(ノイズキャンセル付き)
  • ステンティングデスク
  • ゲーミングチェア
  • デスクライト
  • 電子書籍
kazu
いつ買っても値段は同じなので、早めに導入したほうがお得ですよ。

①PCスタンド

まず真っ先に導入したいのがPCスタンドです。

目線がまっすぐになるので、肩が疲れにくくなって長時間の作業にも耐えられます。慣れてしまうと、スタンドなしでの作業は考えられません。

kazu
これを導入してから、腰を痛めたり肩が凝ったりすることがなくなりました。

自宅では「YooBaoのノートパソコンスタンド」を使っています。

安定感があって、高さや角度も自由に調整できるので、自分の体格や机の高さに合わせて使えますよ。

出先では「MOFTのノートパソコンスタンド」を使っています。

こちらはパソコンに貼り付けるタイプ。非常にコンパクトでかさばらず、サッとスタンディングできるため、外出が多い方には非常におすすめです。

 ②モバイルモニター

モニターがあれば作業効率がグッと高まります。

画面がひとつだと、執筆とリサーチで画面をいちいち切り替えなければなりませんが、モニターがあればその問題は解消されます。

kazu
ノートパソコンだとサブモニターはほぼ必須レベルですね。

おすすめは「EVICIVのモバイルモニター」です。

「アンチグレア」機能により、ライターの大敵である目の疲れから守ってくれます。サポートも優良で、壊れたりケーブルがダメになったりしてもすぐ対応してくれました。

③イヤホン(ノイズキャンセル付き)

集中力を高めたいならイヤホンもおすすめです。

Webライターは集中力との勝負。しっかり集中できる環境を整えることで、作業量が増えて結果的に稼げるようになりますよ。

kazu
特にノイズキャンセリング付きのイヤホンを導入すれば本当に世界が変わります。

おすすめは「AirPods Pro」です。

ノイズキャンセリング機能がすごくて、スタバに行ったときに隣で赤ちゃんが泣いていても、ほとんど気になりませんでした。

やや高価ですが、充電の持ちも良くてずっと活躍してくれるので、ぜひ購入しておきましょう。

④ステンティングデスク

専業ライターにとっては良いアイテムです。

ライターはずっと家で引きこもりがち。そうなると、体が痛くなったり姿勢が悪くなったりする可能性も高くなりますから、時折立ち作業すると良いですよ。

kazu
スタンディングデスクなら、いちいち土台を置いたりしなくてもさっと昇降できるので便利です。

おすすめは「ダンスのゲンの昇降デスク」です。

昇降がすごく楽で、座り作業・立ち作業の切り替えがスムーズにできます。また、安価な割に作りがしっかりしているのもポイントです。

⑤ゲーミングチェア

自宅作業ならゲーミングチェアも欲しいですね。

合わない椅子を使っていると、腰を痛めやすくなります。特に、専業になると家で長時間作業になるので、多少奮発しても良い物を買っておきましょう。

kazu
僕も予算は5万円くらい用意しました。

おすすめは「noblechairs ICON」です。

座り心地は硬めですが、腰と頭にクッションが付いているので座り心地は調整可能。ゲーミングチェアの割にはオシャレで、デスクにも合わせやすいのがミソです。

⑥デスクライト

ずっと自宅作業ならデスクライトも欲しいです。

一言で「光」と言っても、暖色系や寒色系などさまざまな色温度があり、時間帯によって使い分けることで目の疲れを軽減できます。

kazu
デスクライトがないと机が暗くて、目がかなり疲れます。

おすすめはこちらのクリップライトです。

明るさ&3種類の色温度を、ワンタップで調整できます。アームの部分はかなり柔軟性があり、自分の好きな位置・角度にライトを持ってこれるのが嬉しいポイントですね。

⑦電子書籍

最後に、リサーチに使えるのが電子書籍です。

特に「Kindle Unlimited」なら、月額料金を払えば対象書籍をいくらでも読み放題なので、読書にかかるコストを大幅削減できます。

今なら最初の1ヶ月だけ無料になりますので、ぜひ試してみてください。

>>>Kindleの1ヶ月無料で読み放題を体験する

kazu
スマホで読むのと比べ、目に優しくて画面も多いいため、電子書籍リーダーの購入がおすすめです。

僕は「Kindle PaperWhite」を使っています。

こちらのモデルは広告がないのでストレスフリーで、さらに防水機能も持っているため、お風呂でも読書できます。

Webライターに必要とされるスキル3選

Webライターに必要なスキル

道具を揃えただけでライターにはなれません。

Webライターとしてスタートダッシュを切るには、以下のスキルをまず身に付けるところから始めましょう。

必要なスキル

  • Webライティング力
  • SEOの基本知識
  • コミュニケーションスキル

それぞれ詳しく解説します。

①Webライティング力

「Webライティング」とは、Webで読まれる文章を書くスキルです。

本や新聞と違って、Web文章は読み飛ばされがちです。

kazu
検索した記事が参考にならず、ブラウザバックした経験があるのではないでしょうか?

これを最後まで読んでもらうためのスキルが、いわゆるWebライティングなのです。

具体的には、次のような順序で文章を書きます。

  1. 結論
  2. 理由
  3. 根拠や具体例
  4. 結論

これは「PREP法」と呼ばれる文章術。他にも色々な文法がありますが、まずはこちらから身に付けていきましょう。

詳しい文章術は、こちらの記事で解説しています。

>>>【文章下手でもわかる】Webライターの記事の書き方は?良い文章を書く10個のポイント

Webライター 書き方
【文章下手でもわかる】Webライターの記事の書き方は?良い文章を書く10個のポイント

「Webライターで記事を書く方法は?」 「文章下手でも書けるようになる?上手い文章を書くコツがあれば知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 結論からお伝えすると、Webライターに文章セン ...

続きを見る

②SEOの基本知識

次に重要なのが「SEO」の知識です。

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、記事を検索上位に上げるための施策のこと。

SEO対策でクライアントのサイトを上位に上げ、検索したユーザーに商品・サービスを購入してもらって利益をもたらすのがライターの仕事。

つまり、SEOについて理解していないと、ライターとして活躍することはまずできません。

SEOについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>>【最新】WebライターならSEO知識は必須!今すぐ実践できるテクニック10選を紹介

WebライターSEO
【最新】WebライターならSEO知識は必須!今すぐ実践できるテクニック10選を紹介

「SEOってどんなもの?」 「Webライターが知っておくべきSEO知識とは?具体的な書き方も知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? WebライターにはSEOの知識が必須です。 しかしそう ...

続きを見る

③コミュニケーションスキル

最低限のコミュニケーションスキルも必要です。

Webライターはクライアントワークなので、相手に「この人付き合いづらいな…」と感じられたら、依頼がもらえなくなります。

kazu
コミュニケーションで仕事を失うのは、非常にもったいないですよね。

高度なコミュニケーションスキルはなくても、相手の立場に立って考えることは意識しましょう。

例えば、要件をまず伝える、修正した箇所をわかりやすくまとめるなど、ちょっとした気遣いが売れっ子ライターへの道になりますよ。

Webライターに必要なものはたった3つ!サッと揃えて仕事獲得しよう

Webライターに必要なものはたった3つです。

Webライターの必需品

  • PC
  • ツール
  • ネット環境

パソコンは安い物でも十分ですし、ツールはどれも無料で利用可能です。それに、ネット環境も月々5,000円くらいで収まるでしょう。

まずは必要なスキルを身に付けて仕事をこなしながら、必要だと感じたものから揃えていきましょう!

早く稼ぎたい方は、スクールもおすすめです。

WritingHacksならWebライティングを体系的に学べ、さらにプロライター集団「沖プロ」に入って大きく稼げるチャンスがあるため、超有益なスクールです。

kazu
僕もWritingHacksを受講し、未経験から月50万円まで稼げるようになりました!

最速で結果を出したいなら、ぜひ受講してみてください!

>>>WritingHacksを受講してプロライターになる

【体験談】WritingHacksで本当に稼げるようになる?評判や受講してみた結果を暴露します

「WritingHacksは稼げるようになる?」 「未経験でも大丈夫なの?値段だけの価値があるのか知りたい!」 あなたはこんなふうに悩んでいませんか? 結論からお伝えすると、WritingHacksを ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kazu

フリーのWebライター&ディレクター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やすべく発信しています。

-Webライター

© 2022 KAZUBLOG Powered by AFFINGER5