Webライター

【結論】Webライターは将来性あり!需要がある3つの理由&稼げるライターになる方法

Webライター 将来性

kazu

フリーのWebライター&ディレクター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やすべく発信しています。

「Webライターって将来性はあるの?」
「参入者が増えてるしオワコン…?今から始めても稼げるのか知りたい!」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

結論からお伝えすると、Webライターは将来性のある仕事です。

確かに参入者は増えていますが、その中でもスキルがある人はほんの一握りなので、スキルアップしていけば十分必要とされるライターになれますよ。

この記事では、Webライターになりたいが将来性に不安があるあなたに向けて、次のような内容を解説します。

この記事でわかること

  • Webライターの将来性
  • 将来性のあるライターの特徴
  • ライターとしてステップアップする方法
kazu
僕は未経験からライターになり、ここまで成果を上げられました!

  • 会社を辞めて独立
  • 未経験から月収65万円
  • 1年でディレクターに昇格

Webライターが将来どうなるのか分かりますので、ぜひ最後までご覧ください!

Webライターは将来性のある仕事

Webライターには将来性がある

webライターは十分将来性があると言えるでしょう。

確かに、現状では参入者が非常に多い上に、低単価案件ばかりで稼げないという声もよく耳にします。

しかし、クライアントやディレクターは、スキルのあるWebライターを常に確保したいというのが現状。

kazu
僕もライターさん募集をしましたが、スキルのある人は本当に少なかったです。

スキルを身に付ければ、どんどん仕事をもらって稼ぐこともできるので、まだまだ未来は明るいと言えるでしょう!

Webライターがオワコンと言われる3つの原因

Webライターがオワコンだと言われ理由

そもそも、Webライターがオワコンだと言われているのは次のような理由があります。

ライターがオワコンだと言われる理由

  • 参入者が増えているから
  • 単価が安くて稼げないから
  • AIで代用できると思われているから

それぞれ詳しく解説します。

①参入者が増えているから

1つ目の理由は、参入者が増えているからです。

Webライターは、他のネット副業などと比べ、参入障壁が低いと言えます。

kazu
僕はブログやプログラミングで挫折してしまいましたが、Webライターなら稼げました。

しかしその分、参入してすぐ諦めてしまう人も多くなってきたので、稼げないと認知されてしまったのだと思います。

②単価が安くて稼げないから

2つ目の理由は、単価が安くて稼げないからです。

Webライターは、基本的に1文字〇円の「文字単価」という報酬制度で仕事をもらいます。

昔のライター業界は知りませんが、今はどんどん単価が下がっていると言われていて、実際に文字単価1円未満の案件も少なくありません。

kazu
ただ、単価が安い問題もしっかりスキルを高めていけば解決できます。

低単価案件を受ける人は、割合で見ると増えています。しかし、ちゃんと案件を選べば十分稼げるので、そこまで危惧する心配はありませんよ。

③AIで代用できると思われているから

3つ目の理由は、AIで代用できると思われているからです。

近年、AIは凄まじいスピードで進化を遂げています。

kazu
実際、タクシー運転手などは自動運転に変わるのではないかと言われていますね。

文章作成も、AIでできるようになるのではないか危惧されています。

とはいえ、読者の気持ちを読んで記事を書くのは人間にしかできないことなので、きちんとスキルを身に付けていれば仕事を失うことはないと断言できます。

Webライターの将来性があると言える3つの理由

確かに、Webライターオワコン説を唱える人も多いです。

しかし、僕は後発で参入して十分稼ぐことができましたし、今から始めてもそれは同じだと思います。

そう考える理由は次の3つです。

ライターの将来性がある理由

  • 本気で取り組む人が少ないから
  • 単価の高い案件は多いから
  • AIはまだまだ追いついていないから

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①本気で取り組む人が少ないから

1つ目の理由は、本気で取り組む人が少ないからです。

Webライターは確かに参入者が多いですが、本気でスキルアップしようと取り組む人は、実はほとんどいません。

また、副業やスキマ時間で作業する人が非常に多いため、人よりも時間を確保して書ける量を増やすだけで、十分差をつけられます。

Webライターは参入者が多いように見えて、実はいくらでも差別化できるのです。

②単価の高い案件は多いから

2つ目の理由は、高単価案件は普通にたくさんあるからです。

確かに、クラウドソーシングサイトを見てみると、文字単価が安くてまったく稼げないような案件もゴロゴロ転がっています。

しかし一方で、実績を重ねれば、文字単価2〜3円程度の案件のオファーが向こうから来ることも少なくありません。

先ほどもお伝えした通り、スキルのあるWebライターは数が少ないので、スキルアップしていけば十分単価は高められますよ。

スキルアップの方法も後述していますから、あきらめずトライしましょう。

③AIはまだまだ追いついていないから

3つ目の理由は、AIがまだまだ追いついていないからです。

確かに、近年のAIの進歩はめざましいものがありますが、現状「本当に良い文章」は書けません。

Webライターとは、本質的には「読者の気持ちを先回りして文章を書くこと」が求められる仕事なので、そう簡単に機械に取って代わられることはありません。

本当に書けるWebライターであれば、別にAIなんて怖くもなんともないのです。

将来性あり!稼げるWebライターの3つの特徴

Webライターは将来性があるとお話ししましたが、あくまでスキルがある人の話です。

では、スキルがあって稼げるWebライターとは一体どのような人なのか。ここではそれを解説します。

稼げるWebライターの特徴

  • スキルアップの意識がある
  • 代替しにくい専門性を持っている
  • コミュニケーションコストが少ない

これから稼ぎたいなら、ぜひ目を通しておきましょう。

①スキルアップの意識がある

スキルアップの意識があるライターは稼ぎやすいです。

そもそも、Webライターに限らず、フリーランスはみんな「自分の能力」で仕事を取る職業ですよね。

だから、常にスキルアップの意識を持って文章に向かい合っていくだけで、自然と需要のあるライターになれるのです。

kazu
稼げるライターになりたいなら、スキルアップの意識を常に欠かさないようにしましょう。

②代替しにくい専門性を持っている

次に稼げるのは、専門性の高いWebライターです。

独自の経験や職歴などを持っていれば、他で替えが効かないので需要は途切れませんし、単価も高くなりやすいです。

kazu
とはいえ、僕自身は特に職歴・資格などもなしにWebライターになれています。

後で資格を身に付けて、専門性を高めることも可能なので、何も持っていないからとあきらめる必要はないですよ。

③コミュニケーションコストが少ない

最後に、意外と重要なのがコミュニケーションです。

クライアントがWebライターに執筆を依頼する理由は、自分で書けないからではなく、「時間を短縮したいから」であることが大半。

つまり、余計なコミュニケーションを要求して、クライアントの時間を奪うWebライターは需要がありません。

kazu
フリーランスなら、相手の時間を奪わない意識は大事です。僕も無意味に時間を奪う人とは付き合いたくありません。

スキルアップして将来性のあるWebライターになる5つの方法

稼げるライターの特徴をお話ししたものの、「自分がそうなれるとは思えない!」と思う人が大半だと思います。

しかし、決してそんなことはありません。

まずは将来性のあるWebライターになる5つの方法を紹介しますので、まずは目を通してください。

ライターとしてスキルアップする方法

  • とにかく実践を積む
  • 本で文章力を身に付ける
  • 得意ジャンルで専門性を高める
  • コミュニケーションコストを下げる
  • スクールで体系的に学習する

もう少し具体的に解説します。

①とにかく実践を積む

スキルアップのコツ1つ目は、とにかく実践を積むこと。

これがもっとも重要事項です。本を読みまくって勉強するより、有名ライターの発信を見るよりも、自分で場数を踏んだ方が結果は出ます。

確かに勉強も大事ですが、それは「走りながら続ける」ことが前提になるのです。

というわけで、最初は「ちょっとキツイな」と思うくらいの仕事を受注し、納期に追われつつも書きまくってみましょう。

②本で文章力を身に付ける

スキルアップのコツ2つ目は、さまざまな本を読むこと。

どんな人の文章にも「クセ」はあるので、自分以外の人の文章を読むことで、表現の幅が広がって自然と文章力が高まっていきます。

たとえば、僕は有名ブロガーの「マナブさん」や、著名なライターである「古賀史健さん」の本を毎朝読み、彼らの文章を取り入れようとしています。

本を読んで「自分以外の文章を知る」ことも重要だと言えるでしょう。

③得意ジャンルで専門性を高める

スキルアップのコツ3つ目は、専門性を高めること。

いくら文章力があっても、持っている情報が薄いとライターとしては活躍しにくいです。医療など、専門性が重視されるジャンルであれば、なおさらです。

資格を取ったり、その業界に関わる本を何冊も読んだりして、専門性も高めていきましょう。

Webライターのジャンルについては、こちらの記事で解説しています。

>>>【解決】Webライターはジャンルが重要!稼げるジャンル一覧と専門性を高める方法を解説

Webライター ジャンル
【解決】Webライターはジャンルが重要!稼げるジャンル一覧と専門性を高める方法を解説

「Webライターのジャンルは何を選ぶべき?」 「おすすめのジャンルは?どんな分野が稼げるのか知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? Webライターで稼ぐには、ジャンル選びが非常に重要です ...

続きを見る

④コミュニケーションコストを下げる

スキルアップのコツ4つ目は、コミュニケーションコストを下げること。

ライターはあくまで「クライアントの時間を節約する」ためにいるので、余計なコミュニケーションでクライアントの時間を奪っては本末転倒です。

特に、次のような点を意識してください。

  • 調べてから質問する
  • 質問はまとめてする
  • ただ聞くだけでなく選択肢を作る

Webライターに限らず、フリーランスは時給制度ではないので、「自分や人の時間を大切にする」という意識を忘れないようにしましょう。

⑤スクールで体系的に学習する

スキルアップのコツ5つ目は、スクールを受講すること。

世の中にはWebライティングの情報がたくさん転がっていますが、効率的に学ぶならやはりスクールが一番です。

スクールでは、ライターになるための情報がしっかりまとめられているため、道に迷ったり不安になったりする心配もありません。

なお、スクールならWritingHacksがおすすめです。

短い動画でWebライティングが理解できるように作られていて、講師への質問・添削もバッチリ。卒業後は案件獲得のチャンスもあり、長く稼いでいきたいなら受講必須だと言えるでしょう。

受講結果はこちらの記事で紹介しています。

>>>【体験談】WritingHacksで本当に稼げるようになる?評判や受講してみた結果を暴露します

Webライターからステップアップする3つの方法

Webライターになるメリットは、単に稼げるだけではありません。

Webライターとしてスキルアップすることで、他の仕事にスケールできる可能性もあるのです。

ここでは、Webライターの先にある仕事を少し紹介します。

ライターからステップアップする方法

  • ディレクター
  • ブロガー
  • SEOコンサルタント

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①ディレクター

ライターの次はディレクターになる人が多いです。

ディレクター業務では、複数人のWebライターをまとめてスケジュール管理やライター確保、コンテンツの品質管理などを行います。

コンテンツの質を担保する役割なので、より高いスキルが求められますが、その分Webライターよりも時間単価は上がる傾向にあるのが特徴です。

Webライターはまずスキルを高め、ディレクターになれるところまで目指していきましょう。

②ブロガー

ブロガーはライターより求められるスキルが多く、意外とハードルが高いのですが、ライターからのステップアップには非常に適しています。

なぜなら、ライターのライティングスキルを活かせる上に、ブログに必要な「サイト設計」や「アクセス解析」のスキルも学べるからです。

某有名ブロガーさんから直接聞いた話ですが、サイト設計までできるwebライターはほとんどいないため、ここでポジションを取れるとかなり強そうですね。

というわけで、Webライターは必ず自分のブログを作っておきましょう。

③SEOコンサルタント

SEOスキルが身に付いたら、SEOコンサルタントを目指してみましょう。

そもそもSEOコンサルタントは、サイト設計や運用方法がわからず困っているクライアントのために、上位表示のための施策を提案・実装する仕事です。

深いSEO知識や自社メディアの上位表示実績などが求められますが、ディレクター以上に短い時間で稼げるようになる可能性があります。

ブロガーを目指すなら、最終的にこういったポジションも取っていけるようになると強いですね。

まとめ|Webライターは将来性が高い!スキルアップを常に意識しよう

Webライターは十分に将来性のある仕事です。

確かに、最近は参入者が増えてきて「もうオワコン」「今から始めても遅い」と言われていますが、決してそんなことはありません。

kazu
スキルアップの意識を持って行動すれば、どんどん稼げるようになりますよ。

最後に、スキルアップして稼げるWebライターになる方法をもう一度まとめておきます。

ライターでスキルアップする方法

  • とにかく実践を積む
  • 本で文章力を身に付ける
  • 得意ジャンルで専門性を高める
  • コミュニケーションコストを下げる
  • スクールで体系的に学習する

早く稼ぎたい方は、スクールもおすすめです。

WritingHacksならWebライティングを体系的に学べ、さらにプロライター集団「沖プロ」に入って大きく稼げるチャンスがあるため、超有益なスクールです。

kazu
僕もWritingHacksを受講し、未経験から月50万円まで稼げるようになりました!

最速で結果を出したいなら、ぜひ受講してみてください!

>>>WritingHacksを受講してプロライターになる

【体験談】WritingHacksで本当に稼げるようになる?評判や受講してみた結果を暴露します

「WritingHacksは稼げるようになる?」 「未経験でも大丈夫なの?値段だけの価値があるのか知りたい!」 あなたはこんなふうに悩んでいませんか? 結論からお伝えすると、WritingHacksを ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kazu

フリーのWebライター&ディレクター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やすべく発信しています。

-Webライター

© 2022 KAZUBLOG Powered by AFFINGER5