Webライター

Webライターで稼ぎ続けるのは割と難しい!現役ライターが効率的な対処法を解説

タイトル

kazu

専業Webライター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やしたい、SEOの実践経験を増やしたいという目的でブログを運営しています。

「Webライターで稼いでいくのは難しい?」
「Webライティング力が向上しない…どうやって練習すればいいか知りたい!」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

Webライターとして生活していきたいものの、中々稼げず挫折してしまう方は非常に多いと思います。

Webライターになるのは簡単でも、稼ぎ続けるのはそう簡単なことではありません。しかし、正しいスキルアップの方法を知っておくことで成功率を高めることは可能です。

kazu
専業ライターとして生計を立てている僕が断言します!

この記事では、Webライターとして稼ぐのが難しいか知りたいあなたのために、以下の情報について解説します!

この記事でわかること

  • Webライターが難しいと感じる理由
  • 上手く稼げない時の対処法
  • Webライターになる手順
kazu
僕はこの記事の内容を実践し、ここまで成果を上げられました!

会社を辞めて独立
未経験から月収65万円
1年でディレクターに昇格

Webライターは難しいという考えが変わり、稼ぐ希望が見えてきますので、ぜひ最後までご覧ください!

Webライターで稼ぎ続けるのは難しい

冒頭でお伝えした通り、Webライターになること自体は簡単でも、稼ぎ続けるのは難しいと言えます。

まずはWebライターがどのようなビジネスなのか、詳しく見ていきましょう。

①Webライターになるのは簡単

Webライターはハードルが低いのが魅力です。

パソコンやネット環境さえあれば、いつでもどこでも作業できますし、スキル取得もプログラミングやWebデザイナーほど難しくありません。

kazu
特にお金がなくて早く収益化をしたい方は、今の会社を一刻も早く辞めて独立したい方には、良いビジネスだと言えるでしょう。

参入障壁が低い分、ライバルは多いです。しかし、スキルアップの意識を持って「文章力・専門性」を身に付けていけば差別化できますよ。

Webライターの仕事内容についてより詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

Webライターとは
Webライターとはどんな仕事?未経験から仕事を取る手順&ライターがおすすめな3つの理由

「Webライターってどんな仕事?」 「本当は稼げないんじゃないの?未経験からライターになる方法も知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていないでしょうか。 Webライターは、文字通りWeb上で文章を書 ...

続きを見る

②Webライターを続けるのは割と大変

Webライターになるのは簡単ですが、以下のような理由から稼ぎ続けるのは大変です。

  • 作業量が多い
  • 収入が不安定

Webライターのビジネスモデルはいわゆる「フロー型」で、常に作業し続けないと稼げません。

また、継続依頼をもらっていても、いつ案件が終わってしまうかは未知数です。よって、スキルを高めつつ、常に新しい取引先を探していかなければなりません。

kazu
安定して継続収入を得ようとすると、それなりに大変であることは理解しておきましょう。

Webライターで食べていくのは難しい?フリーライターが収入を公開

Webライターで稼ぎ続けるのは難しい

Webライター志望の方の中には、フリーライターとしてこれ一本で食べていけるのか不安になる方も多いでしょう。

そこで、最初から専業ライターとして活動している僕の収入変遷をご覧ください。

ライター収入の遷移

3〜4ヶ月目あたりから、生活するには十分な金額を稼げています。

もちろん、新しい取引先を開拓したり、自分自身のスキルをコツコツ高めたりなどの工夫がないと収入は増えません。

kazu
不安な方は、まず副業から始めてみてはいかがでしょうか?

Webライターが難しいと感じる3つの理由

Webライターが難しいと感じる理由

Webライターが難しいと感じる場合、次のような原因が考えられます。

難しいと感じる理由

  • 普通の文章と特性が違う
  • SEOの知識が求められる
  • スキルをコツコツ高める必要がある

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①普通の文章と特性が違う

Webライターに求められる文章力は「Webライティング」と呼ばれていて、学校の国語で習ったような文章とは特性が異なります。

理由は1つで、Webの文章はすぐ読み飛ばされるためです。Webライティングでは読者に離脱されないよう、読者に共感したり、結論から先に書いたりするなどのテクニックが求められます。

kazu
Webライティングは独自の勉強をしないと取得は困難です。

Webライターとして文章力がイマイチな人は、この本質をよく理解していないケースがほとんどです。

②SEOの知識が求められる

文章力だけでなく、SEOの知識も必須です。

SEOとは
Search Engine Optimizationの略。サイトや記事をGoogle検索で上位表示させるための一連の施策のこと。

Google検索では、読者が検索するキーワードを元にニーズに沿って記事を書いていきます。さらに、関連キーワードやメタディスクリプションといった専門用語の理解も必須です。

全く知識のない方にとって、ハードルが高そうに見えてしまうのも無理はありませんね。

③スキルをコツコツ高める必要がある

Webライターで稼ぐにはスキルアップが必須です。

なぜなら、Webライターは誰でも簡単に始められると思われがちな分、ライバルも多いためです。

文章力や専門性、そしてコミュニケーション能力がないと、他のライターに埋もれてしまい、稼げない原因になります。

確かに、スキルよりも営業が大事という声もよく聞きます。しかし、いくら営業力が高くても肝心の商品(つまり自分自身)がイマイチだとすぐ継続を切られてしまうでしょう。

kazu
スキルを高めて継続的に稼いでいきたい方は、次項も引き続きご覧ください。

Webライターが難しいと感じる時の5つの対処法

Webライターが難しいと感じる時の対処法

Webライターで稼ぐのが難しいと感じている方は、以下の方法で対処しましょう。

難しいと感じる時の対処法

  • Webライティングの特性を知る
  • 文章の型を覚える
  • 得意ジャンルを作る
  • SEOを少し勉強する
  • 低単価案件で実績を作る

①Webライティングの特性を知る

まずは「読者を離脱させない」というWebライティングの本質をしっかり頭に入れておきましょう。

理由として、本質を先に知っておけば「なぜこのテクニックが有効なのか」を理解しやすくなり、良い文章が書けるようになるからです。

たとえば、Webライティングではまず結論から書くことが重要ですが、これはなぜでしょうか?

kazu
答えは、結論から先に伝えることで読者に興味付けして、続きを読んでもらうためです。

どんなライティングテクニックも、結局は読者を離脱させないためのものなので、ぜひ覚えておきましょう。

②文章の型を覚える

最初は型に沿って文章を書くと楽です。

特にメジャーなのは以下の「PREP法」ですね。

  • 結論
  • 理由
  • 具体例や根拠
  • 反論への回答
  • 再度結論

初心者に多いのが「主張のない文章」です。ただ事実やサービスの内容を淡々と伝えるだけでは、もはやWebライティングとは言えません。

まずはじめに「ダイエットなら〇〇が一番大切」「この商品は〇〇な方におすすめ」などの主張を伝えることで、理由や具体例に繋げていくことができます。

それでも良い文章が書けないという方のために、以下の記事に役立つテクニックをまとめています。

タイトル
文章下手でもWebライターになれる!文章力が爆上がりする執筆手順&テクニックまとめ

「Webライターは文章下手でもなれる?」 「文章が苦手だと稼げない?文章力を身につけて稼げるようになりたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 結論からお伝えすると、文章下手でもWebライター ...

続きを見る

③得意ジャンルを作る

継続的に稼いでいきたいなら、絶対に得意ジャンルがあった方が良いです。

理由は2つあります。1つ目は強みがあれば他のライターと差別化できるから、2つ目はリサーチに時間がかからなくなるからです。

kazu
理解しているジャンルならリサーチせず書けるため執時間を大幅に短縮でき、時給アップにも繋がります。

とはいえ、何も得意なことがないという方も多いでしょう。そういった場合、ある程度興味が持てそうなジャンルを選び、勉強していくのがおすすめです。

ただし、ライターには稼ぎやすいジャンルとそうでないジャンルが存在しますので、必ず以下の記事に目を通しておいてください。

④SEOを少し勉強する

SEOについてもしっかり理解しておきましょう。

Webライターの仕事の多くは「SEOライティング」で、簡単に言うと、書いた記事を検索で上位表示させることが目的となります。

つまり、SEOがわかっていないと記事を上位表示させることが難しく、クライアントを稼がせられないのです。

kazu
もちろん、クライアントを稼がせられないライターは継続を切られてしまう可能性が高いです。

この辺りは、ブログなどをやっていないと理解が難しいでしょう。SEOについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

WebライターSEO
【最新】WebライターならSEO知識は必須!今すぐ実践できるテクニック10選を紹介

「SEOってどんなもの?」 「Webライターが知っておくべきSEO知識とは?具体的な書き方も知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? WebライターにはSEOの知識が必須です。 しかしそう ...

続きを見る

⑤低単価案件で実績を作る

Webライターで稼ぐには実績も大切です。

あなたがクライアントなら、実績のあるライターとないライター、どちらに仕事を依頼したいでしょうか?まず前者ですよね。

クラウドソーシングではきちんと実績が表示されます。まずはどれだけ低単価でも良いので、少しずつ実績を増やして仕事を取りやすくしていきましょう。

Webライターを始めるまでの手順

Webライターを始めるまでの手順

稼ぐためのポイントを理解したら、次は具体的にどうやってWebライターを始めれば良いのか詳しく解説していきます。

Webライターを始める手順

  1. ブログを開設する
  2. 記事を2〜3記事書く
  3. 案件に応募する

各手順について詳しく解説します。

①ブログを開設する

まずはWordPressでブログを開設しましょう。

WordPressとは
世界中で使われているCMS(コンテンツマネジメントシステム)で、誰でも簡単にブログメディアを立ち上げられる。

WordPressでブログを立ち上げて記事を書けば、クライアントにポートフォリオとして提出できます。さらに、WordPressの操作スキルも身に付くので一石二鳥です。

kazu
多くのクライアントはWordPressを利用しているため、入稿ができるようになれば仕事の幅が広がりますよ。

なお、WordPress立ち上げにはサーバーが必須です。これからブログを始めるなら、ぜひ「エックスサーバー」を活用しましょう。

エックスサーバー

エックスサーバーのメリット

  • 毎月495円(税込)から使える
  • 10日間の無料お試し期間がある
  • ドメイン永久無料
  • WordPressの簡単セットアップ
  • 多くの有名ブロガーも使っている

僕もエックスサーバーを使っていますが、機能性・安全性に優れていて、新しくブログを立ち上げるなら鉄板のサーバーですね。

エックスサーバーが選ばれる理由

>>エックスサーバーで楽々ブログを開設する

ブログの立ち上げ方については、以下の記事で詳しく解説しています。

タイトル
【現役ライターが解説】Webライターはブログ必須!おすすめする5つの理由と開設方法

「Webライターとブログどっちがいい?」 「それぞれの違いは何?Webライターやりながらブログはアリなのか知りたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 結論からお伝えすると、Webライターとブロ ...

続きを見る

②記事を2〜3記事書く

WordPressを開設したら、記事を書きましょう。

記事を書いてクライアントに提示すれば、あなたの文章力がわかるため依頼されやすくなります。

kazu
大切なのは、自分の書きたいジャンルに合わせることです。

たとえば金融系ライターとして仮想通貨のジャンルを書いていきたいなら、仮想通貨に関連するキーワードの記事にすると良いでしょう。

ただ、最初は上手く記事を書くのが難しいかもしれません。まずはWebライティングについて勉強しながら、少しずつ執筆実績を積み重ねていきましょう。

kazu
僕のTwitter宛にDMをもらえれば、記事の添削(無料)も承ります!

>>kazuのTwitter

③案件に応募する

ポートフォリオができたら、案件に応募してみましょう。

ライターとしてスキルを高めるには、実際に案件をこなしていくのが一番です。以下のようなクラウドソーシングサイトに登録し、どんどん応募していきましょう。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
kazu
最初は低単価でも良いですので、まずは実績を作ることを重視しましょう。

④徐々に単価を上げていく

慣れてきたら、単価を上げることも重要です。

理由は簡単で、低単価案件ばかり続けていても稼げませんし、何よりモチベーションが下がってしまう可能性が高いからです。

具体的に言うと、以下受けている案件が単価0.5円なら、次からは単価1.0円以上の案件に応募していきましょう。

頑張っていれば単価が上がると思い込むライターは多いですが、低単価 = クライアントに予算がないため、単価が上がることはまずありません。

kazu
どんどん単価の高い案件を求めて、新規開拓していくことが収入アップのポイントですよ。

Webライターで難しいと思われがちな3つのポイントと解決策

Webライターで難しいと思われがちなポイントと解決策

Webライターで以下のようなポイントが難しいと感じる方も多いと思います。

難しいと感じるポイント

  • 案件の選び方がわからない
  • 求められている文字数が書けない
  • 案件が継続しない

それぞれ詳しく回答していきます。

①案件の選び方がわからない

案件を選ぶ際は、まず得意ジャンルを意識しましょう。

書き慣れているジャンルならリサーチに時間がかからず、記事の質も高くなるため継続されやすくなります。

kazu
それに、強みをアピールすれば仕事獲得もしやすくなりますよ。

得意ジャンルがない初心者は、以下の点に注意しながら選ぶと良いでしょう。

  • 単価は十分か
  • 発注者の評価が高いか
  • レギュレーションが多すぎないか

②求められている文字数が書けない

文字数がどうしても足りない場合は、具体例を追加するのがおすすめです。

具体例を追加することで、文章の流れを変えることなく文字数を増やせるだけでなく、文章の説得力をさらに高められるというオマケ付き。

他にも、構成作成から依頼されているケースでは、新しく見出しを追加するのも良い方法です。

③案件が継続しない

最も大切なのは、継続案件に過度に期待しないことです。

いくらスキルが高くても、予定された記事数が完成した、社内でライターを確保できたなどの理由で継続を切られてしまう可能性はあります。

継続案件に固執せず、常に新規の取引先を開拓することが重要だと言えるでしょう。

kazu
常に3〜5社くらいから取引しておくと万全です。
【結論】Webライターで「稼げない」は嘘!体験談を交えて単価アップの方法を紹介します

「Webライターって稼げないの?」 「今から始めても遅いかな?始めたいけど勇気がない…」 あなたはこんな疑問や不安を抱えていませんか? 結論からお伝えすると、Webライターは取り組み方次第で十分に稼げ ...

続きを見る

Webライターで稼ぎ続けるのは難しい!まずはWebライティングに慣れよう

Webライターとして稼ぎ続けるのは、決して簡単なことではありません。

単価を上げるにはスキルアップが必要ですし、継続を切られるとその瞬間に収入がなくなってしまうため、常に新規開拓を行う必要があります。

Webライターがどうしても難しいと感じてしまう方は、まず以下の対処法を試してみてください。

難しいと感じる時の対処法

  • 普通の文章と特性が違う
  • SEOの知識が求められる
  • スキルをコツコツ高める必要がある

当ブログでは、Webライターの仕事内容について詳しく紹介しています。ライター志望の方は、こちらの記事もぜひご覧ください!

Webライターとは
Webライターとはどんな仕事?未経験から仕事を取る手順&ライターがおすすめな3つの理由

「Webライターってどんな仕事?」 「本当は稼げないんじゃないの?未経験からライターになる方法も知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていないでしょうか。 Webライターは、文字通りWeb上で文章を書 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kazu

専業Webライター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やしたい、SEOの実践経験を増やしたいという目的でブログを運営しています。

-Webライター

© 2022 KAZUBLOG Powered by AFFINGER5