Webライター

【結論】Webライターで「稼げない」は嘘!体験談を交えて単価アップの方法を紹介します

kazu

フリーのWebライター&ディレクター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やすべく発信しています。

「Webライターって稼げないの?」
「今から始めても遅いかな?始めたいけど勇気がない…」

あなたはこんな疑問や不安を抱えていませんか?

結論からお伝えすると、Webライターは取り組み方次第で十分に稼げる仕事です。

間違ったやり方で稼げないのは、どんなビジネスでも同じこと。現状で稼げないなら、その原因を知ることから始めましょう。

この記事では、Webライターは稼げないのか気になるあなたに向けて、以下の情報について解説します。

この記事でわかること

  • ライターが稼げないと言われる理由
  • 稼げない人の特徴
  • 文字単価アップのコツ
  • 受けてはいけない案件の特徴
kazu
僕は正しいやり方を継続して、ここまで成果を上げられました!

  • 会社を辞めて独立
  • 未経験から月収65万円
  • 1年でディレクターに昇格

 

しっかり読めば、あなたもWebライターとしてスタートダッシュを切れますので、ぜひご覧ください!

Webライターが「稼げない」は嘘

Webライターで稼げないは「嘘」

冒頭でお伝えしましたが、ライターが稼げないのは「嘘」だと言えるでしょう。

確かに「ライターはオワコン」「今から始めても遅い」などの意見も見られます。参入者が増えているのは事実だし、僕も流行りに乗った後発組です。

しかし実際にやってみると、スキルアップの意識がある人は希少なので、本気で取り組めば十分差別化できますよ。

kazu
この記事では、1年ほどWebライターをやってきた僕が、稼げるまでの近道を紹介します。

Webライターは本当にオワコン?稼げないと言われる理由

Webライターがオワコンと言われる理由

Webライターは稼げると言い切りましたが、他所ではより「厳しい意見」を目の当たりにすると思います。

なぜライターは「稼げない」とか「オワコン」と言われるのでしょうか?

その理由は次の2つです。

ライターが稼げないと言われる理由

  • ライバルが多い
  • 低単価案件が多い

それぞれ詳しく解説します。

①ライバルが多い

1つ目の理由は、参入者が多いから。

Webライターは、パソコンさえあれば始められるし、家にいながら稼げる「お手軽感」によって、近年人気を博しています。

とあるメディアで1231人を対象にして行われたアンケートでは、大人がなりたい職業の1位に「Webライター」が輝いていました。

しかし、実際は「稼げずにすぐ辞めた」「興味はあるが行動しない」という人が大多数なので、心配する必要はありません。

②低単価案件が多い

2つ目の理由は、低単価案件が多いから。

Webライターは、基本的に1文字書いたら何円という「文字単価」で仕事を依頼されることが大半です。当然、単価が低ければ低いほど、稼ぎにくくなります。

kazu
最近は低単価案件にライターが殺到しており、単価が下がっているように思われがちです。

しかし、低単価はこの記事を読了すれば脱出できるので、安心して読み進めてくださいね。

Webライターで稼げない人の3つの特徴

Webライターを始めたものの、なかなか稼げないという人も少なくないと思います。

書いても書いても稼げない…。そんなあなたは、以下のような「稼げない人」の特徴に当てはまっていないか、確認してみてください。

Webライターで稼げない人の特徴

  • 低単価案件を受けている
  • 書いているジャンルがバラバラ
  • スキルアップの意識がない

それぞれ詳しく解説します。

①低単価案件を受けている

低単価案件ばかり受けている人は、なかなか稼げません。

当然ですが、低単価案件は「求められるスキル」も低い傾向にあります。そんな案件を受け続けても、稼げないしスキルアップできないしで最悪です。

最低でも「文字単価1.0円」以上で受けるようにしましょう。

②書いているジャンルがバラバラ

書くジャンルがバラバラな人は稼ぎにくいです。

まず、Webライターには「金融」や「医療」などといったジャンルがあり、クライアントごとに依頼してくるテーマは異なります。

毎回書くジャンルがバラバラだと、知識が定着しない上に書くのに時間がかかってしまうので、稼ぎづらくなるのです。

kazu
僕は苦手なジャンルをできるだけ避け、「得意or書きやすいジャンル」に絞って効率化しています。

③スキルアップの意識がない

スキルアップの意識がない人は稼げません。

フリーランスはあくまで「能力」でお金を得る世界です。そんな世界にいるのに、スキルアップを優先しないのはかなりやばいと言えます。

スキルが低いままだと、他のライターと差別化できず単価も上がらないでしょう。

具体的なスキルアップの方法(≒単価アップの方法)は次項で解説するので、ぜひ読み進めてください

Webライターで文字単価を上げる5つのポイント

Webライターで文字単価を上げるポイント

Webライターで単価が上がらず悩んでいるなら、以下の方法を試してみましょう。

ライターで単価アップする方法

  • 低単価案件は早く切る
  • 得意ジャンルに注力する
  • できるだけ継続案件を取る
  • 読書やサロンでスキルを高める
  • フィードバックを取り入れる

もう少し具体的に解説していきます。

①低単価案件は早く切る

低単価案件は早く切りましょう。

続けていればいつか単価が上がる、という「幻想」を抱いているかもしれませんが、そのまま続けても多分稼げるようにはなりません。

今の時代、Webメディアなんてたくさんあります。そんな中、低単価で低クオリティの記事を量産するメディアに勝ち目はないです。

低単価案件で頑張り続けても、そもそもクライアントが稼げないので、あなたの単価が上がる日も来ないでしょう。

②得意ジャンルに注力する

まずは得意ジャンルに注力しましょう。

ジャンルがバラバラだと、執筆やリサーチに時間がかかってしまい、稼ぎにくくなります。

kazu
得意ジャンルがまだ決まっていないなら、次のように稼ぎやすいジャンルがおすすめです。
  • 金融
  • 不動産
  • 転職
  • 医療・健康
  • 美容
  • 恋愛・婚活

ジャンル選びはこちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

>>>【解決】Webライターはジャンルが重要!稼げるジャンル一覧と専門性を高める方法を解説

Webライター ジャンル
【解決】Webライターはジャンルが重要!稼げるジャンル一覧と専門性を高める方法を解説

「Webライターのジャンルは何を選ぶべき?」 「おすすめのジャンルは?どんな分野が稼げるのか知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? Webライターで稼ぐには、ジャンル選びが非常に重要です ...

続きを見る

③できるだけ継続案件を取る

できるだけ継続案件を取りましょう。

ライターの案件には「単発で依頼される場合」と「月単位でまとめて発注される場合」がありますが、圧倒的に後者の方が稼ぎやすいです。

なぜなら、案件数の管理がしやすく、自分のリソースを最大限使って執筆に充てられるからですね。

単発案件は、いつ発注が止まるかわかりません。しかし、継続案件ならあらかじめ「月間の記事数」がわかるので、空いたスペースに他の仕事を入れられます。

④読書やサロンでスキルを高める

先に解説した通り、良い文章を書いてクライアントから評価され、単価を上げていくには「スキルアップの意識」が必要不可欠です。

kazu
具体的なスキルアップ方法は、主に「本」や「サロン」ですね。

特にサロンはおすすめで、僕も以下のサロンに入って日々学習しています。

  • Webライターラボ
  • ライター組合

両方ある程度加入者を絞っているので、運営者のSNSをフォローしておきましょう。

⑤フィードバックを取り入れる

成長するためにはフィードバックを取り入れましょう。

案件を受注していると、クライアントやディレクターからフィードバックを受けることがあります。この内容はしっかりメモして、次回以降に繋げるべきです。

kazu
フィードバックを受けると落ち込むかもしれませんが、期待の現れでもあるんです。

自分で直した方が早いのに、わざわざフィードバックするということは、伸び代があるとみなされているサイン。成長するために素直に受け入れましょう。

避けるべき!Webライターで受けてはいけない案件の3つの特徴

受けてはいけない案件の特徴

Webライター初心者は、悪質な案件に引っかかってしまいがちです。

ここでは、受けてはいけない案件の特徴をわかりやすく解説します。

受けてはいけない案件の特徴

  • 文字単価が1円未満
  • レギュレーションが多すぎる
  • 未経験歓迎と謳っている

始めたばかりの人は、必ず目を通しておきましょう。

①文字単価が1円未満

文字単価1円未満の案件は避けましょう。

単価の低い案件を受けても、なかなかスキルアップに繋がりません。

kazu
それどころか「書いても書いても稼げない状態」が続き、ライターという仕事が嫌になってしまうはず…。

最初の「実績作り」という意味であれば、文字単価はいくらでも構いませんが、実績を作ったら一刻も早く卒業しましょう。

②レギュレーションが多すぎる

レギュレーションが多すぎる案件も避けるべきです。

レギュレーションは「執筆におけるルール」で、使ってはいけない文章表現や単語などが記載されています。

ルールを守るのはライターの義務です。しかし、何十ページにも渡る長いレギュレーションを完璧に守るのは、熟練ライターでも大変です。

kazu
むちゃくちゃなルールを提示してくるクライアントは、避けた方が良いですね。

③未経験歓迎と謳っている

未経験歓迎と謳っている案件も避けましょう。

わざわざ未経験者を雇う意味はほぼありませんが、それでも「未経験者歓迎♪」などと記載する案件には、別の理由があります。

たとえば、テストという名目で低単価で記事を書かせたり、公式LINEなどに誘導して高額教材を売りつけたりするケースも多いです。

初心者はトラブルに巻き込まれないため、未経験者募集案件には近寄らないようにしましょう。

Webライターで月50万円稼げるようになった体験談

未経験から50万円達成した体験談

僕は未経験からWebライターを始め、7ヶ月目で月収50万円を達成しました。

元々未経験で、特別な資格や勤務経験もなかった僕がそれなりに稼げるようになった理由を、体験談を踏まえてお伝えします。

稼げるようになった経緯

  1. 低単価案件で実績を作る
  2. 少しずつ高単価案件へシフト
  3. 継続案件をメインに執筆

①低単価案件で実績を作る

僕はまず、低単価案件で実績を作りました。

クラウドワークスやランサーズなどの「クラウドソーシングサイト」では、仕事をやり遂げると実績や評価が表示されます。

kazu
こんな感じで評価されます。

実績を積み重ねれば、他のクライアントにも採用されやすくなりますし、クライアントの方からオファーしてくることも多々あります。

最初は0.2円の案件でしたが、実績を作ったことで、他の案件に提案したときも通りやすくなりました。

②少しずつ高単価案件へシフト

実績を重ねたら高単価案件へシフトしていきました。

最初はクラウドワークスでしたが、低単価案件が多くて手数料も高い(報酬の20%も取られる)ので、次第に「編プロ」での仕事がメインになっていきました。

編プロとは、複数のライターを抱えて案件をこなしている組織のこと。僕の所属する編プロは文字単価1.6円ほどで、高額な手数料を取られることもありません。

さらに、敏腕ディレクターの方からがっつりフィードバックをいただいたおかげで、一気に稼げるようになりました。

③継続案件をメインに執筆

その後は「編プロ」と「外部」の2本立てで仕事をこなしていきました。

次第に、全案件が「固定本数制」の継続案件になっていきます。この形式ならリソースを最大限活かせるので、作業量が上がって稼げるようになりました。

ライター開始7ヶ月目には月収50万を達成。正直セルフブラック気味ですが、未経験・無資格で特別な経歴もなしにここまで来れたのは嬉しいことです。

今ライターとして稼げていない人も、少しずつ単価を上げ、稼げるライターになっていってほしいと思います。

Webライターに関するよくある質問

よくある質問

この項では、Webライターに関するよくある質問をまとめました。

よくある質問

  • Webライターは稼げないの?
  • Webライターは参入者が増えてオワコン?
  • 未経験からでもWebライターで稼げるの?
  • Webライターってどのくらい稼げるの?
  • Webライターの仕事は会社にバレる?

各疑問に本音で回答します。

Q1. Webライターは稼げないの?

A. Webライターはちゃんと稼げる仕事です。

確かに、稼ぐにはスキルアップの意識が大事です。でも、最初はそんなに意識高くなくても大丈夫なので、まずは「行動」することから始めましょう。

Q2. Webライターは参入者が増えてオワコン?

A. 決してオワコンではないです。

確かに参入者は多いですが、納期に飛ぶ、または文章がめちゃくちゃなライターも多いようです。これはお付き合いのあるディレクターさんも仰ってます。

だから、真剣に取り組めば多少スキルが低くても、次第に稼げるようになりますよ。

Q3. 未経験からでもWebライターで稼げるの?

A. 稼ぐのに経験は要りません。

確かに、前職で文章を書いていたり、金融機関勤務などの経歴を持っていたりすると、稼ぎやすくなるのは事実です。

しかし、僕はライティング未経験で、しかも特別な資格や経歴は持っていません。そんな僕でもそれなりに稼げるようになったので、どんどん挑戦しましょう。

Q4. Webライターってどのくらい稼げるの?

A. 収入は人によってまちまちです。

偉そうに語っておいて何ですが、僕が月50万円も稼げたのは「専業」で「実家暮らし」であったことも大きいでしょう。

副業の人だと、最初はおそらく5〜10万円程度になると思います。

Q5. Webライターの仕事は会社にバレる?

A. 会社にバレずに副業することも可能です。

確定申告のとき、住民税の納税方法を「源泉徴収」から「普通納税」にして自分で住民税を納めれば、会社にバレることはありません。

まとめ:Webライターは稼げないは嘘!単価アップの方法を実践しよう

Webライターで稼げないのは「嘘」だと言えるでしょう。

確かに、スキルアップの意識がないと、いつまで経っても低単価案件から抜け出せません。しかし、正しい方法で学んで継続すれば、誰でも稼げるようになると思っています。

kazu
僕は未経験・専門知識なしの状態からでも稼げるようになったので、再現性は低くないはず。

なかなか単価が上がらないなら、まずは以下の方法で単価アップを図りましょう。

単価アップの方法

  • 低単価案件は早く切る
  • 得意ジャンルに注力する
  • できるだけ継続案件を取る
  • 読書やサロンでスキルを高める
  • フィードバックを取り入れる

早く稼ぎたい方は、スクールもおすすめです。

WritingHacksならWebライティングを体系的に学べ、さらにプロライター集団「沖プロ」に入って大きく稼げるチャンスがあるため、超有益なスクールです。

kazu
僕もWritingHacksを受講し、未経験から月50万円まで稼げるようになりました!

最速で結果を出したいなら、ぜひ受講してみてください!

>>>WritingHacksを受講してプロライターになる

【体験談】WritingHacksで本当に稼げるようになる?評判や受講してみた結果を暴露します

「WritingHacksは稼げるようになる?」 「未経験でも大丈夫なの?値段だけの価値があるのか知りたい!」 あなたはこんなふうに悩んでいませんか? 結論からお伝えすると、WritingHacksを ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kazu

フリーのWebライター&ディレクター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やすべく発信しています。

-Webライター

© 2022 KAZUBLOG Powered by AFFINGER5