Webライター

【適正判断】Webライターに向いている人・向いていない人の特徴と始め方について解説!

Webライターに向いている人

kazu

フリーのWebライター&ディレクター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やすべく発信しています。

「Webライターに向いているのはどんな人?」
「やっぱり適正はあるの?自分はライターに向いているか知りたい!」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

Webライターは、基本的に孤独で文章を書き続ける仕事ですから、ある程度の向き・不向きはあります。

この記事では、自分がWebライターに向いているのか知りたいあなたに向けて、以下の情報について解説します。

この記事でわかること

  • Webライターの向き不向きについて
  • Webライターの業務内容やスキル
  • Webライターの経験を活かせる仕事
kazu
僕は未経験からライターを始め、ここまで成果を上げられました!

  • 会社を辞めて独立
  • 未経験から月収65万円
  • 1年でディレクターに昇格

Webライターをやった方が良いか分かりますので、ぜひ最後までご覧ください!

そもそもWebライターとは

Webライターとは

向き不向きを語る前に、まずはWebライターとはどんな仕事なのかわかりやすく解説します。

Webライターの仕事について

  • 業務内容
  • 毎月いくら稼げるのか
  • 将来性はあるのか

①具体的な業務内容

Webライターの業務フローはこんな感じです。

  1. KWをもらう
  2. リサーチしつつ構成
  3. 本文を執筆
  4. 修正後に納品
kazu
Google検索で上位表示させるための「SEOライティング」という仕事がメインですね。

基本的にはずっとパソコンに向かい、ネットで情報をリサーチしたり、リサーチした情報を元に記事を書いたりしています。

②毎月いくら稼げるのか

収入は人によってかなり差があります。

あくまで目安ですが、副業だと5〜20万円専業だと30〜50万円ほどになるでしょう。

kazu
参考までに、僕の収入変遷を載せておきます。

ライター収入の遷移

僕は特別な資格・経歴は持っていません。

それでも並のサラリーマン以上は稼げているので、なかなか頑張りがいのある仕事だと言えるでしょう。

③将来性はあるのか

Webライターは十分将来性があります。

確かに参入者は増えてきていますが、多くのクライアントは「スキルのあるライター」不足で困っている状態です。

kazu
今から始めても、適切にスキルアップしていけば求められるライターになれますよ。

Webライターに向いている人の5つの特徴

Webライターに向いている人の特徴

Webライターは手軽に稼げるというイメージを持たれがちですが、実際には向き・不向きがあります。

次のような人は、Webライターに向いていると言えるでしょう。

Webライターに向いている人

  • 文章を書くのが好き
  • 孤独で作業しても平気
  • 情報収集が嫌いではない
  • さまざまな知識が欲しい
  • スキルアップしたいと考えている

それぞれ詳しく解説します。

①文章を書くのが好き

想像通り、文章を書くのが好きならWebライターに向いています。

執筆作業が好きなら、「こうしたらもっと読みやすくなるかな?」「この表現は変えた方が良いかな?」と試行錯誤できるので、スキルアップしやすい傾向にあります。

kazu
書くのが好きか、少なくとも嫌いじゃない人はWebライターに向いていると言えるでしょう。

②孤独で作業しても平気

孤独でも平気な人はWebライターの適性があります。

Webライターは非常に孤独です。たとえば僕は専業ライターですが、ずっと家に引きこもって作業していて、家族以外誰とも喋らないような日が大半。

孤独に強く、ずっと一人で静かに作業している方が良い人なら向いていると言えるでしょう。

kazu
僕は元々孤独にコンプレックスを抱いてましたが、ライターになってからはその性格をうまく活かせています。

③情報収集が嫌いではない

情報収集が好きな人もWebライターに向いています。

Webライターは「どう書くか」以上に「何を書くか」が重要です。与えられたテーマに対し、まずは構成をしっかり組んで、さらにネットや書籍などで情報収集した上で執筆していきます。

kazu
情報集めが苦にならない人なら、非常に向いていると言えます。

興味のある商品を調べまくったり、好きな分野の記事を読み漁ったりしたことがあるなら、情報収集が好きである可能性が高いでしょう。

④さまざまな知識が欲しい

さまざまな知識が欲しい人は、Webライターになると良いでしょう。

kazu
Webライターの仕事は、決して自分の専門分野についてばかり書くのではありません。

法律やダイエットなど、今までまったく知らなかったジャンルで一から知識を身に付けて、書いていくことも少なくありません。

さまざまな知識を身に付けたい、いろんなことに興味がある好奇心旺盛な人にとって、Webライターは天職とも言えるでしょう。

⑤スキルアップしたいと考えている

Webライターはスキルアップしていきたい人にも向いています。

ライティングは非常に奥が深く、何年間もライターを続けているような人でも「正解はない」と言っているほど。

より良い記事を書き、クライアントから求められるライターになるためには、常にスキルアップの意識が重要です。

スキルアップして大きく稼げるようになりたい、別の仕事にもライティングスキルを活かしたいと考えているなら、Webライターをやってみると良いでしょう。

Webライターに向いていない人の3つの特徴

Webライターに向いていない人の特徴

一方で、次のような人はWebライターに向いていない可能性があります。

Webライターに向いていない人

  • 人と関わっていないと辛い
  • 体を動かす仕事がやりたい
  • スキルアップに興味がない

それぞれ詳しく解説します。

①人と関わっていないと辛い

Webライターは常に孤独作業です。

時折、クライアントとのやりとりやミーティングが実施されることもありますが、大半の時間はコツコツ書き続けることになります。

学生時代、何をするにも人を誘ったり、常に誰かと一緒にいるような人がいましたが、こういった人は作業がつらく感じてしまうでしょう。

②体を動かす仕事がやりたい

Webライター、特に専業となるとほぼ体を動かしません。

おそらく、意識的に筋トレやランニング等を取り入れないと、体が鈍ってしまうでしょう。

ある程度体を動かすのが好き、常に動き回っていたいという人にとって、この仕事はおそらく退屈だと感じてしまうはずです。

③スキルアップに興味がない

スキルアップに興味のない人は、Webライターをやっても意味がないと思います。

Webライターは、文字単価1.0円未満からスタートすることも多いです。時給換算すると大体300〜800円くらいで、最初はなかなか稼げません。

スキルアップの意識がないと、まったく稼げない低単価案件から抜け出せず、挫折してしまうでしょう。

kazu
単価を高めていくためにも、しっかりスキルを身に付けていきましょう。

Webライターに求められる3つのスキル

Webライターに求められるスキル

スキルのないライターは稼げませんが、そもそも具体的にどういったスキルが必要になるのでしょうか?

もっとも基礎的な部分は次の3つです。

Webライターに求められるスキル

  • Webライティング力
  • SEOの基礎知識
  • 円滑なコミュニケーション

それぞれ具体的に解説します。

①Webライティング力

1つ目に重要なのは、Webライティング力です。

Web文章は、本や新聞と違って「結論ファースト」でないと読まれないので、読者の知りたい事を先読みして書く文章力が必要になります。

正直、文章スキルはコツコツ身に付けるしかありません。しかし頑張って継続していけば、一生物のスキルになると断言できます。

文章の書き方については、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>>【文章下手でもわかる】Webライターの記事の書き方は?良い文章を書く10個のポイント

Webライター 書き方
【文章下手でもわかる】Webライターの記事の書き方は?良い文章を書く10個のポイント

「Webライターで記事を書く方法は?」 「文章下手でも書けるようになる?上手い文章を書くコツがあれば知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 結論からお伝えすると、Webライターに文章セン ...

続きを見る

②SEOの基礎知識

2つ目に重要なのは、SEOの基礎知識です。

SEOとは「Search Engine Optimaization」の略語で、記事をGoogle検索で上位表示させる施策のことを指します。

クライアントのサイトを上位に上げて、広告収入アップや自社商品の売り上げに貢献するのがライターの仕事になります。

SEO対策は非常に多くてここでは語り切れないのですが、まずは本質である「読者ファーストで記事を書く」ことを意識しましょう。

SEOのさらに詳しい知識については、こちらの記事で解説しています。

>>>【最新】WebライターならSEO知識は必須!今すぐ実践できるテクニック10選を紹介

WebライターSEO
【最新】WebライターならSEO知識は必須!今すぐ実践できるテクニック10選を紹介

「SEOってどんなもの?」 「Webライターが知っておくべきSEO知識とは?具体的な書き方も知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? WebライターにはSEOの知識が必須です。 しかしそう ...

続きを見る

③円滑なコミュニケーションスキル

3つ目に重要なのは、円滑なコミュニケーションスキルです。

クライアントは、基本的に時短のためにライターに記事執筆を依頼しているので、無駄なコミュニケーションは避けましょう。

無駄なコミュニケーションとは、たとえばこんな感じです。

  • 無駄に質問しまくる
  • 同じ事を何度も聞く
  • マニュアルを守らない

継続依頼をもらえるライターになるには、相手の時間を大切にする意識が重要だと言えるでしょう。

Webライターの経験を生かせる仕事3選

Webライターの経験を活かせる仕事

Webライターの魅力はただ稼げるだけではありません。

ライターとしてスキルアップしていけば、その経験を生かして次のような仕事にスケールできる可能性もあります。

Webライターの先にある仕事

  • ディレクター
  • ブロガー
  • SEOコンサル

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①ディレクター

ディレクターとは、ライターをまとめて記事の品質管理を行う立場です。

ライターに仕事を振ったり、ライターの書いた記事をフィードバックや修正したりして、納品する記事の質を担保する役割を担っています。

ライターよりも時間単価は上がりますが、その分高いスキルを求められますし、責任も増します。

基本的に、ライターとしてスキルアップして、そこからディレクターになる人が多いと言えるでしょう。

②ブロガー

ブロガーは、自分でメディア運営して広告収入を得たり自社商品を販売したりする仕事です。

記事執筆だけでなく、サイト設計やアクセス解析、セールスなどのスキルを求められるため、ライターより多くのスキルが必要になります。

しかし、記事執筆スキルをそのまま生かせるため、ライターとは非常に相性が良いと言えるでしょう。

③SEOコンサル

SEOコンサルでは、自社サイトの運用方法がわからないクライアントに向けて、上位表示のための施策を提案する仕事です。

当然、ライターやブロガー以上に高度なSEOスキルが求められますが、より時間単価をアップさせられます。

ライターからこの仕事に直接スケールアップするのは難しいですが、最終的には視野に入れておくと良いでしょう。

まとめ|Webライターには向き不向きがある!合わないと感じたら別の仕事も考えよう

Webライターはある程度向き・不向きのある仕事です。

最初は低単価案件ばかりで、スキルアップの意識がないと稼げるようになりません。それに、ずっと孤独で作業することになるため、ある程度忍耐力が必要になります。

最後に、ライターに向いている人の特徴をおさらいしておきましょう。

Webライターに向いている人の特徴

  • 文章を書くのが好き
  • 孤独で作業しても平気
  • 情報収集が嫌いではない
  • さまざまな知識が欲しい
  • スキルアップしたいと考えている

どんな仕事にもしんどい部分はあるもの。向いてなさそうと思っても、まずは行動してから判断すると良いでしょう!

早く稼ぎたい方は、スクールもおすすめです。

WritingHacksならWebライティングを体系的に学べ、さらにプロライター集団「沖プロ」に入って大きく稼げるチャンスがあるため、超有益なスクールです。

kazu
僕もWritingHacksを受講し、未経験から月50万円まで稼げるようになりました!

最速で結果を出したいなら、ぜひ受講してみてください!

>>>WritingHacksを受講してプロライターになる

【体験談】WritingHacksで本当に稼げるようになる?評判や受講してみた結果を暴露します

「WritingHacksは稼げるようになる?」 「未経験でも大丈夫なの?値段だけの価値があるのか知りたい!」 あなたはこんなふうに悩んでいませんか? 結論からお伝えすると、WritingHacksを ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kazu

フリーのWebライター&ディレクター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やすべく発信しています。

-Webライター

© 2022 KAZUBLOG Powered by AFFINGER5