Webライター

Webライターで月20万稼ぐのは難しくない!現役ライターが稼ぐ手順を詳しく解説

タイトル

kazu

フリーのWebライター&ディレクター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やすべく発信しています。

「Webライターで月20万円は達成できる?」
「どのくらい作業すれば稼げる?どうやって稼いでいけばいいか知りたい」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

ライティングで稼ぎ、副業収入を得たい、もしくはいずれ独立したいと考えている方は多いと思います。

結論として、Webライターで月20万円は十分現実的です。ただし、長期的に稼ぎ続けるには、並みいるライター以上の努力が必要なことは覚えておいてください。

この記事では、Webライターで月20万円稼ぎたいあなたのために以下の情報について解説します!

この記事でわかること

  • Webライターで月20万円稼ぐ手順
  • 稼げない人の特徴
  • 仕事獲得のポイント
kazu
この記事の内容を実践して、僕はここまで成果を上げられました!

  • 会社を辞めて独立
  • 未経験から月収65万円
  • 1年でディレクターに昇格

Webライターで月20万円を達成し、より充実した人生を送れるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください!

Webライターで月20万稼ぐのは難しくない

冒頭でお伝えした通り、Webライターで月20万円稼ぐのは難しくありません。まずはじめに、必要なスキルや作業量を知っておきましょう。

①最低限必要なスキル

Webライターとして活躍するには、最低限以下のようなスキルが必要です。

  • Webライティング
  • SEOの基礎知識
  • WordPress操作
  • コミュニケーション能力

ライターなので、当然ライティングスキルは必須です。Webの文章にはPREPなどの型があるため、初心者の方はまず型に沿って書いていくと楽でしょう。

また、Webライターは記事をGoogle検索で上位に上げるために「SEO」の知識も求められます。

SEOとは
Search Engine Optimizationの略で、サイトや記事をGoogle検索で上位表示させるための一連の施策のこと。

他にも、WordPressへの入稿スキル、最低限のコミュ力も必要だと言えるでしょう。

kazu
全然わからない方は、以下の記事も必読です。
Webライター 書き方
【文章下手でもわかる】Webライターの記事の書き方は?良い文章を書く10個のポイント

「Webライターで記事を書く方法は?」 「文章下手でも書けるようになる?上手い文章を書くコツがあれば知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 結論からお伝えすると、Webライターに文章セン ...

続きを見る

WebライターSEO
【最新】WebライターならSEO知識は必須!今すぐ実践できるテクニック10選を紹介

「SEOってどんなもの?」 「Webライターが知っておくべきSEO知識とは?具体的な書き方も知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? WebライターにはSEOの知識が必須です。 しかしそう ...

続きを見る

タイトル
WebライターはWordPress必須!開設手順&最低限知っておきたい操作方法

「WebライターはWordPressが必要?」 「お金をかけても開設した方が良い?手順や操作方法について詳しく知りたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 結論からお伝えすると、Webライターは ...

続きを見る

②作業量や期間

Webライターで月20万達成するまでの期間は人それぞれ。初月から達成してしまう人もいれば、1年以上かかる人もいるでしょう。

kazu
僕は3ヶ月目に達成しました。そのときの単価や作業量はこんな感じです。
平均文字単価 1.4円
作業時間 118時間(1日あたり約4時間)
文字数 171,287文字
時給換算 1,967円

文字単価はそこまで高くありません。

しかし、集中できる環境でコツコツ作業すれば、特別な資格や業界経験などがなくても十分に稼げることが証明できていますね。

Webライターで月20万円稼ぐまでの7つの手順

Webライターで月20万円稼ぐまでの手順

Webライターで月20万稼げると言われても、何をすればいいか悩む方がほとんどでしょう。この項では、目標達成のための最短ルートを解説します。

月20万円稼ぐまでの手順

  1. 必要な作業量を考える
  2. Webライティングを勉強する
  3. ポートフォリオとして1記事仕上げる
  4. クラウドソーシングで実績を作る
  5. 単価1円以上の案件をこなす
  6. 取引先を増やす
  7. 少しずつ単価を上げていく

各手順について詳しく解説します。

①必要な作業量を考える

まずは稼ぎたい額に応じ、必要な作業量を逆算して考えましょう。

kazu
必要な作業量は、当然ですが単価によって異なります。
文字単価 必要な作業量
1円の場合 文字数:200,000文字
記事数:1記事5,000文字だと40記事
執筆ペース:1日あたり1.3記事ペース
1.5円の場合 文字数:133,000文字
記事数:1記事5,000文字だと27記事
執筆ペース:1日あたり1.1記事ペース
2.0円の場合 文字数:100,000文字
記事数:1記事5,000文字だと20記事
執筆ペース:1日あたり0.8記事ペース

上記はあくまで目安で、実際には以下の2点も意識しましょう。

  • 執筆にかかる時間
  • クラウドソーシング手数料

当然、1記事あたりにかかる時間が長すぎると、負担は大きくなります。作業に時間がかかるなら、効率化を考えた方が良いでしょう。

また、クラウドソーシングは仕事獲得が楽で安全ですが、報酬に対し20%の手数料がかかります。負担に感じるなら、他の仕事獲得方法も検討してください。

②Webライティングを勉強する

目標が決まったら、早速ライティングを勉強しましょう。

いきなりクラウドソーシングで応募しても、スキルがないのでまず採用されず、落とされまくってモチベーションが落ちてしまいます。

まずは以下の記事を熟読して、さらに実際に記事を書き、Web記事の書き方をしっかり覚えましょう。

Webライター 書き方
【文章下手でもわかる】Webライターの記事の書き方は?良い文章を書く10個のポイント

「Webライターで記事を書く方法は?」 「文章下手でも書けるようになる?上手い文章を書くコツがあれば知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 結論からお伝えすると、Webライターに文章セン ...

続きを見る

③ポートフォリオとして1記事仕上げる

記事の書き方がわかってきたら、ポートフォリオを作りましょう。

ポートフォリオとは
いわゆる作品例のこと。Webライターの場合、ブログやドキュメント等に記事を執筆して、それをポートフォリオとして提出できる。

仕事を取るとき、ポートフォリオがあれば受注率が大幅に上がります。しかも、その後の営業にもずっと役立つため、作っておいて損はありません。

ポートフォリオの詳しい作り方は、以下の記事で解説しています。

タイトル
【未経験でも可】Webライターはポートフォリオ必須!作り方やおすすめサイトを解説

「Webライターのポートフォリオって何?」 「どうやって作ればいいの?実績がないときの対処法についても知りたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? ポートフォリオ、つまり参考となる実績や記事があ ...

続きを見る

④クラウドソーシングで実績を作る

クラウドソーシングに登録したら、まず実績を作りましょう。

実績はどんな低単価案件でも作れるため、まず単価無視で仕事を受けて実績を作り、より単価の高い案件にも応募していくのがおすすめです。

kazu
クラウドソーシングに登録したら、プロフィールと提案文をしっかり作っておきましょう。

それぞれの作り方は、以下の記事で解説しています。

【初心者向け】Webライターのプロフィール文はどう書けばいい?実績がないときの対処法

「プロフィール文ってどう書けばいいの?」 「絶対に書くべきことは?仕事が取れるライターになりたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? クラウドソーシングに登録したらまずプロフィールを作ると思いま ...

続きを見る

【発注者目線で解説】Webライターは提案文で受注率が上がる!書き方&差別化ポイント

「Webライターの提案文はどう作ればいい?」 「全然案件が取れない!どこを改善すればいいか具体的に知りたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? Webライターを始めたばかりの頃は、どれだけ応募し ...

続きを見る

⑤単価1円以上の案件をこなす

仕事が取れるようになったら、1円以上の案件にシフトしていきましょう。

低単価案件は稼げない上に、クライアントのスキルも高くないため、こなしていてもスキルアップに繋がりません。実績があるなら、最低でも文字単価1円以上の案件に応募しましょう。

なお、テストライティングに通らない方は、以下の記事も参考にしてください。

タイトル
Webライターでテストライティングに落ちる原因&合格率を劇的に高める5つのポイント

「Webライターのテストに通る方法は?」 「何度受けてもテストに通らない…何かコツとかあれば知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 初心者にとって、テストライティングはWebライターで稼 ...

続きを見る

⑥取引先を増やす

稼げるようになってきたら、取引先を少しずつ増やしていきましょう。

継続的に稼ぐには、複数の取引先が必要です。取引先が1社だけだと、その案件が終わった途端に収入がなくなってしまいます。逆に多すぎると、どのクライアントからも評価されなくなるでしょう。

kazu
専業なら3〜4社、副業なら1〜2社くらいに絞るのがおすすめです。

⑦少しずつ単価を上げていく

その後は、少しずつ高単価案件に挑戦していきましょう。

文字単価は、必ずしもスキルに比例するわけではありません。せっかくスキルが高くなってきているのに、高単価案件を取らないのは非常にもったいないですよ。

kazu
文字単価2円以上の案件が取れれば、安定的に稼げるようになるでしょう。

Webライターで月20万円本当に稼げるのか?

Webライターで月20万円本当に稼げるのか?

Webライター初心者の中には、本当に稼げるのか怪しむ人も多いでしょう。

確かに、Webライターは急激に数が増えてきています。しかし、実際はスキルのある人は希少で、クライアントは常に書けるライターを探している状態です。

kazu
僕もディレクターとしてライター募集しましたが、大半の人は求めるレベルに達していませんでした…。ライター探しって難しい。

逆に言えば、スキルさえあれば簡単に差を付けられるということ。努力を惜しまなければ、今からライターを始めるあなたの未来は明るいですよ。

Webライターで稼げない人の4つの特徴

Webライターでなかなか稼げない人は、主に次のような特徴があります。

稼げない人の特徴

  • そもそも作業量が少ない
  • 作業環境が悪い
  • 普段から勉強しない
  • クラウドソーシングしかやっていない

原因を知り、早急な解決を図りましょう。

①そもそも作業量が少ない

稼げない人は、単純に作業量が少なすぎるケースが非常に多いです。

仮に文字単価1円で月20万稼ぐ場合、5,000文字の記事が40記事書く必要があります。仮に1記事3時間で書けても、月で合計120時間、毎日休みなし書いても1日4時間です。

kazu
あなたは、このくらいの作業をこなす自信があるでしょうか?

専業ライターとして活動していきたい人は、遊びたい、ダラダラしたい誘惑を押しのけて、継続的に作業量を確保する必要があります。

②作業環境が悪い

稼げない人は、執筆効率が悪いことも多いです

執筆効率を高めるには慣れも必要ですが、初心者でもできる対策としては、ツールを導入しましょう。

ツールを使いこなせれば、構成やリサーチ、執筆が楽になって執筆にかかる時間を減らし、トータルで大きく稼げるようになりますよ。

おすすめのツールは以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

Webライター構成
【丸わかり】Webライターが記事構成を作る手順は?使用すべきツールやコツも解説

「記事構成ってどうやって作ればいい?」 「何かコツとかあるの?サクッと良い構成を作れるようになりたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 「構成は記事の9割を占める」と言われているほど重要ですが ...

続きを見る

③普段から勉強しない

安定的に稼ぐには勉強が必須です。

フリーランスは常にスキルを高め続ける必要があります。特にライターは参入障壁が低く、多くの人が参入してくるため、差別化のためにも日々勉強の意識が重要だと言えるでしょう。

kazu
僕は普段、以下の方法で勉強しています。
  • 読書(これがメイン)
  • YouTube
  • 音声配信
  • ブログ

④クラウドソーシングしかやっていない

クラウドソーシング以外でも仕事を探しましょう。

クラウドソーシングは、非常に仕事獲得しやすいのが利点です。しかし、低単価の案件が多く、さらに高額な手数料を取られるため稼ぎにくいのも事実。

kazu
より安定的に稼ぐなら、以下の方法も検討しましょう。
  • コミュニティ
  • 編プロ
  • Wantedly
  • SNS
  • 直接営業

Webライターで月20万円稼ぐ仕事獲得5つのポイント

仕事獲得のポイント

Webライターで月20万円稼ぐには、仕事獲得が重要です。この項では、仕事を取るときに気を付けたい5つのポイントを紹介します。

仕事獲得のポイント

  • 低単価案件は避ける
  • 得意ジャンルを作る
  • 継続案件をメインにする
  • ブログをポートフォリオにする
  • 資格を取る

①低単価案件は避ける

ここで言う低単価とは、文字単価1円未満を指します。

低単価案件をやり続けても、消耗するばかりでなかなか稼げません。それに、報酬を多く支払えない = クライアントが儲かっていないため、続けていてもなかなか単価は上がらないでしょう。

kazu
最低でも1円以上、可能なら2円以上を目指しましょう。

②得意ジャンルを作る

次に、自分の得意ジャンルを考えてみましょう。

得意ジャンルがあると仕事が取りやすくなる上に、単価も上がります。さらに、リサーチ時間を減らせるため、効率的に執筆できるのです。

kazu
僕は金融系のライターとして活動しており、暗号資産やカードローンならリサーチ量少なめで執筆できます。

Webライターで稼ぎやすいジャンルは、以下の記事で解説しています。

Webライター ジャンル
【解決】Webライターはジャンルが重要!稼げるジャンル一覧と専門性を高める方法を解説

「Webライターのジャンルは何を選ぶべき?」 「おすすめのジャンルは?どんな分野が稼げるのか知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? Webライターで稼ぐには、ジャンル選びが非常に重要です ...

続きを見る

③継続案件をメインにする

多少単価が安くても、継続案件を大事にしましょう。

いくら単価が高くても、すぐに契約が切られてしまっては無意味です。契約が切れると、また仕事を探すのに時間を取られてしまいます。

kazu
仕事を探すときは、長期契約前提のクライアントを選ぶと良いでしょう。

④ブログをポートフォリオにする

可能なら、ブログをポートフォリオにしましょう。

ライターが葉を作る仕事だとすれば、ブロガーは木全体を作る仕事。ブログを作れば、ライティング以外のスキルも身に付き、その結果単価も上がります。

ブログで稼いだ実績をアピールしても良いですし、稼げなくてもブログに書いた記事をポートフォリオとして提出するだけでも効果的です。

ブログの立ち上げ方は、以下の記事で解説していますので、参考にしてください。

タイトル
【現役ライターが解説】Webライターはブログ必須!おすすめする5つの理由と開設方法

「Webライターとブログどっちがいい?」 「それぞれの違いは何?Webライターやりながらブログはアリなのか知りたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? 結論からお伝えすると、Webライターとブロ ...

続きを見る

⑤資格を取る

得意ジャンルが定まってきたら、資格取得も検討しましょう。

現状、Googleは「E-A-T」を重視しています。

E-A-Tとは
Googleがサイトを評価する上で、重視している以下3つの項目のこと。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

わかりやすく言えば、資格や業界経験のあるライターが書いた記事の方が、検索結果で有利になります。したがって、資格を持っていれば、単価も上がりやすくなるでしょう。

Webライターで稼ぐときの3つの注意点

Webライターで稼ぐときの注意点

Webライターで稼ぎたい方は、以下の3点にも注意です。

Webライターで稼ぐときの注意点

  • 必要なものは早めに揃える
  • 自己投資を惜しまない
  • 長期目線で取り組む

①必要な物は早めに揃える

必要なものは早めに揃えましょう。

道具はいつ買っても値段は同じです。それなら、必要な物は早めに導入して効率した方が、結果的に稼げるまでは早くなります。

kazu
これはWebライターだけでなく、どんなビジネスでも重要な考え方だと思います。

パソコンはもちろん、スタンドや椅子など、ライターで稼ぐのに欲しいアイテムはたくさんります。Webライターのおすすめグッズは、以下の記事を参考にしてください。

【必需品】Webライターに必要なものは3つだけ!必携ツールや便利グッズも紹介

「Webライターになるには何が必要?」 「パソコンは何を選べばいい?揃えるべきものや費用についても知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていないでしょうか? Webライターは参入障壁が低く、パソコンと ...

続きを見る

②自己投資を惜しまない

Webライターとして飛躍したいなら、自己投資を惜しまないようにしましょう。

自己投資とは、たとえば本や教材、資格取得のための費用や、オフ会のための交通費・参加費などを指します。無料にこだわっていると学びの場は限られるため、成長に必要だと感じたらしっかり投資しましょう。

kazu
自己投資は金融投資よりもずっとリターンが大きいので、最優先すべきです。

高額な商材やスクールは詐欺リスクも高いです。まずは、少額から投資を始めていくと良いでしょう。

③長期目線で取り組む

どんなビジネスも長期目線で取り組みましょう。

ライターを始めて、すぐは稼げないかもしれません。しかし、どんな人でも最初はノースキルですので、なかなか稼げないものと割り切ってしまうことも重要なのです。

kazu
僕も最初の3ヶ月は、まったく稼げず苦心していました…。

結果が出るまで粘り強く頑張りましょう。早く楽に稼ごうとすると、詐欺でお金を騙しとられるので要注意です。

Webライターで稼げない場合はスクールも検討しよう

スクールもおすすめ

稼げない場合はスクールも検討しましょう。

ライターは独学でもなれますが、時間がかかるし大変です。スクールを受講すれば、必要なスキルが体系的に手に入るので、最短で稼げるようになりますよ。

おすすめのスクールは「WritingHacks」です。

kazu
僕はWritingHacksを受講して、半月で案件を取れるようになりました

おすすめポイント

  • 無期限のLINEサポート
  • プロライターによる計3回の添削
  • 5〜10分の動画でスキマ時間に学習できる
  • 沖プロで仕事が取れる
  • 卒業生としてアピールできる

価格は69,800円(税込)とそこそこです。しかし、僕は受講して計500万円以上稼いでいるので、人生変わるレベルで高コスパだと言えるでしょう。

>>>WritingHacksを受講してプロライターになる

受講した感想は、こちらの記事で解説していますので、興味があればぜひご覧ください。

【体験談】WritingHacksで本当に稼げるようになる?評判や受講してみた結果を暴露します

「WritingHacksは稼げるようになる?」 「未経験でも大丈夫なの?値段だけの価値があるのか知りたい!」 あなたはこんなふうに悩んでいませんか? 結論からお伝えすると、WritingHacksを ...

続きを見る

Webライターで月20万稼ぐのは難しくない!仕事獲得の方法をしっかり実践しよう

Webライターで月20万円稼ぐのは、決して難しくありません。

しかし、途中で挫折してしまう人も多いはずです。まずは月20万円の目標を達成するために、必要な作業量逆算しましょう。

最後に、Webライターで月20万円稼ぐまでの手順をおさらいします。

月20万円稼ぐまでの手順

  1. 必要な作業量を考える
  2. Webライティングを勉強する
  3. ポートフォリオとして1記事仕上げる
  4. クラウドソーシングで実績を作る
  5. 単価1円以上の案件をこなす
  6. 取引先を増やす
  7. 少しずつ単価を上げていく

当ブログでは、初心者Webライターが独立する方法を解説しています。全体の流れを知りたい方は、こちらの記事もぜひご覧ください!

Webライター始め方
【未経験OK】Webライターの始め方は?スキル取得して仕事が取れるまでの完全ロードマップ!

「Webライターは何から始めればいい?」 「Webライターに必要なスキルは?実際に仕事を取る方法について知りたい!」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? Webライターは「他の副業よりも参入障壁が ...

続きを見る

kazu
上記記事では、ゼロからWebライターを始めてスキルを身に付け、稼げるまでの過程を記しています。これからWebライターを始める方は必見です!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Webライター

© 2022 KAZUBLOG Powered by AFFINGER5