NFTとは何かわかりやすく解説!仕組みや始め方、アートを取引する手順について

「NFTってどういう仕組みなの?」
「どうやって始めればいい?NFTアートの買い方などを具体的に知りたい!」

こんな疑問を持っていませんか?

NFTに興味はあるものの、仮想通貨の仕組みがよくわからず、どのようにして始めれば良いか悩む方は非常に多いと思います。

NFTとは、仮想通貨の「ブロックチェーン」という仕組みを利用し、代替できない唯一無二のコンテンツを作る技術です。

この記事ではNFTに興味のあるあなたに向けて、以下の情報について解説します。

この記事でわかること

  • NFTとは
  • NFTが取引された例
  • NFT取引を始めるまでの手順

NFTがどのようなものか5分でわかりますので、ぜひ最後までご覧ください!

NFTとは?特徴をわかりやすく解説

NFTの特徴

NFTとは「Non-Fungible-Token」の略称です。日本語にすると「代替不能なトークン」という意味で、次のような特徴があります。

NFTの特徴

  • 唯一無二のコンテンツを作れる
  • 取引されると作者に報酬が還元される

それぞれ詳しく見ていきましょう。

(1)唯一無二のコンテンツを作れる

NFTで作られたコンテンツは唯一無二で、全く同じようなものを用意したとしても、別物だと証明できます。

なぜなら「ブロックチェーン」で取引を記録しているからです。ブロックチェーンでは、取引情報が記録された「ブロック」を鎖のように繋げることで、改ざんを困難にしています。

従来の画像データは、いくらでも複製できてしまうため資産としての価値はありませんでした。しかし、NFTではブロックチェーン上に「取引情報」や「識別子」が記録されているため、まったく同じものは存在しません。

まとめると、NFTで作られたコンテンツは改ざんも複製もできないため、ただの画像データでも資産としての価値が生まれるのです。

(2)取引されると作者に報酬が還元される

NFTでは、コンテンツの制作者に報酬が入るのも特徴です。

従来のアート作品では、作者の手元を離れてから何回取引されようと、作者に報酬が入ることはありませんでした。

しかし、NFTは取引されるたびに取引額の何割か作者に手数料が入り、クリエイターに報酬が還元されやすい仕組みになっています。

この仕組みにより、クリエイター側もコンテンツ制作に積極的に取り組むようになり、市場は活発化するというメリットがあるのです。

NFTが注目されている3つの理由

NFTが注目されている理由

NFTがなぜここまで注目されているのか、疑問に思う方も多いでしょう。NFTが注目を浴びたのは、次のような背景があります。

注目された理由

  • アート作品が大金で落札された
  • 様々なジャンルに応用できる
  • 投機性がある

(1)アート作品が大金で落札された

NFTが注目を浴びるようになった理由は、コンテンツが多額で取引され話題になったためです。特に大きなものは、以下の3つです。

  • CryptoPunks
  • The First 5000 Days
  • Jack Dorsey氏のツイート

いずれも単なるデジタルアートやツイートですが、いずれも複製できず世界に1つだけの存在であるため価値が高まり、非常に高値で取引されています。

(2)様々なジャンルに応用できる

NFTは様々な分野に応用が効きます。

たとえば、ゲームならゲーム内の武器や防具、アイテムやアバターなどのコンテンツをNFTにすれば、ユーザー間で売買することも可能です。

他にも音楽業界や土地の売買など、他分野での活躍が期待されます。こうして考えると、NFTは非常に将来性のある分野だと言えるでしょう。

(3)投機性がある

NFTは投機性が高いのも特徴です。購入したNFTが何十倍、何百倍にも値上がりすれば非常に大きな利益を狙えるため、投資家からの注目を集めています。

たとえば先ほど紹介した「CryptoPunks」は、元々全く価値がありませんでした。しかしNFTが話題になった途端に高騰し、とある画像は4,200ETH(当時の価格で8億円)で取引されるようになったのです。

NFTは投機性が高く大きな利益を狙えますが、逆に一気に資産が減ってしまうリスクがあることも理解した上で取引しましょう。

NFTが活用されている4つのジャンル

NFTが活用されているジャンル

先ほど解説した通り、NFTは様々な分野に応用が効きます。実際にどのようなジャンルで発展しているのか見ていきましょう。

NFTが活躍するジャンル

  • アート
  • ゲーム
  • 音楽
  • スポーツ

(1)アート

NFTで最もメジャーなのはデジタルアートです。従来のデジタルアートは簡単に複製されてしまうため、価値が付くことはありませんでした。

しかしNFTは仮に同じアートを複製したとしても、取引履歴から偽物だと簡単にわかります。つまり、複製不能なアート作品となり、資産価値が生まれたのです。

ただの画像だと思われていたアート作品が驚くべき価格で取引されたことが注目されています。現在では、国内の著名人もどんどんNFT分野に参入してきており、コンテンツ制作者が増えてきています。

(2)ゲーム

NFTはゲーム分野でも非常に発展しています。NFTを用いることでゲーム内のアイテムをユーザー間で取引したり、アイテムを販売したりできるようになりました。

特に有名なNFTゲームは、以下の3つです。

  • STEPN(ステップン)
  • Axie Infinity(アクシーインフィニティ)
  • Titan Hunters(タイタンハンターズ)

これらのゲームでは、ゲームプレイで独自のトークンを稼ぎ、それを売却して利益を出せるのも大きな特徴です。このように、遊びながら稼げる「Play to Earn」というジャンルが話題になっています。

(3)音楽

音楽業界でもNFTが注目を集めています。

従来の音楽業界では、レコード会社や仲介業者の中抜きが問題とされていました。しかし、NFTで作成されたコンテンツは取引されるたびに作者に報酬が入る仕組みになっており、余計なマージンを排除できるというメリットがあります。

リンキンパークMike Shinoda氏や小室哲也氏をはじめ、国内外で著名人がNFTに参入してきており、十分な将来性があると言えるでしょう。

(4)スポーツ

スポーツ業界もNFTの発展がめざましい分野です。野球やサッカーをはじめ、多くのプロ選手が自身のNFTを発行したり、スポーツ関連のNFTゲームが登場したりしています。

たとえば「sorare(ソラーレ)」というNFTゲームでは、プロサッカー選手のNFTカードでチームを組み、収益を得られる仕組みになっています。

また、NBAプレイヤー「レブロン・ジェームズ氏」のダンクシュートを映像化したNFTがなんと2,400万円ほどの高値で取引されました。

このように、NFTは様々な分野に進出しています。これから取引を始める方は、国内で気軽にNFTアートを取引できる「Coincheck NFT」を利用しましょう。

>>Coincheckに登録する

NFTで利益を出す3つの方法

NFTで利益を出す方法

NFTで利益を出すには、主に次のような方法が考えられます。

NFTで利益を出す方法

  • コンテンツを販売する
  • コンテンツを取引する
  • 関連銘柄に投資する

(1)コンテンツを販売する

自分でNFTコンテンツを作成して販売すれば、利益を得られます。

NFTの場合、売れたときだけでなく売買されるたびに手数料がもらえるため、人気のアーティストになれば自動で収入が入ってくる状態を作ることも可能です。

とはいえ、参入者が増えた現在では素人の作品が簡単に売れるわけではありません。コンテンツを売るには、コンテンツ制作について発信したり無料配布したりするなどのマーケティング戦略が重要になります。

(2)コンテンツを取引する

NFTは誰でも簡単に購入・売却が可能です。

もし購入したNFTが値上がりすれば、将来的に大きなリターンを狙えます。特に、有名なアーティストや著名人の作品、品数が限られているアート等は値上がりして、さらに価値が高騰するかもしれません。

ただし、NFTは投機的な部分が大きい点に注意です。購入したNFTが高騰すれば良いのですが、逆に下落して資産価値を失ってしまうことも考えられます。

投資はあくまで余剰資金かつ、自己責任で行いましょう。

(3)関連銘柄に投資する

以下のような関連銘柄に投資するのも手です。

  • ETH(イーサリアム)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • CHZ(チリーズ)

それぞれの特徴をわかりやすく解説します。

1. ETH(イーサリアム)

関連銘柄への投資なら、まずはイーサリアムを検討すると良いでしょう。

イーサリアムはNFT取引に必須な「スマートコントラクト」機能を備えた仮想通貨で、ビットコインに次いで時価総額が高い銘柄です。

利用者が多い分、処理が追いつかなくなって処理速度や手数料高騰などの問題を抱えていますが、これが解消されればさらに注目されるでしょう。

なお、イーサリアムを購入するなら「GMOコイン」がおすすめです。GMOコインは送金手数料がかからず、他の取引所と比べてコスト面で有利ですので、ぜひ登録しておきましょう。

>>GMOコインに登録する

2. ENJ(エンジンコイン)

エンジンコインは、オンラインゲームに関連する仮想通貨です。

シンガポールの企業「Enjin」が運営するプラットフォーム上で取引されており、国内取引所「Coincheck」とも提携しました。

マインクラフトをはじめ有名なゲームが参画してきており、今後のNFTゲーム分野において注目すべき銘柄です。

3. CHZ(チリーズ)

チリーズは、スポーツ分野においてファントークンとしての利用が期待されている通貨です。

ヨーロッパでは主要なサッカーチームの利用が公表されており、次はアメリカ市場での進出が予定されています。

ただし、実際に購入するにはChilizの公式サイトもしくは海外取引所での購入が必要になります。

NFTを購入するまでの手順

NFTを購入するまでの手順

NFTの取引は難しいと思われがちですが、以下の手順に沿って行えば初心者でも意外と簡単です。

NFTを始める手順

  1. 国内取引所で口座開設
  2. イーサリアムを購入
  3. ウォレットを作成
  4. ウォレットにイーサリアムを送金
  5. マーケットプレイスでNFTを購入

(1)国内取引所で口座開設

NFTを取引するには、マーケットプレイスというサイトに仮想通貨の「ウォレット」を接続する必要があります。

ウォレット内で直接仮想通貨を購入することはできないため、まずは国内取引所でイーサリアムを購入し、ウォレットに送金しましょう。

国内取引所なら、以下の4社が最もメジャーです。

Coincheck
bitFlyer
GMOコイン
DMM Bitcoin

初心者におすすめなのは「GMOコイン」です。多くの取引所は、ウォレットへ仮想通貨を送金する際に手数料がかかりますが、GMOコインなら手数料無料で送金できます。

Coincheckの場合、送金手数料が0.0005BTC(日本円で約1,400円以上)もかかるため、これが無料になるのは非常に大きいです。NFT取引を始めるなら、送金手数料がかからないGMOコインで口座開設しましょう!

>>GMOコインに登録する

(2)イーサリアムを購入

取引所で口座開設したら、イーサリアムを購入しましょう。

仮想通貨を購入するには、主に以下2種類の方法があります。

  • 販売所
  • 取引所

まず「販売所」は、仮想通貨取引所とやりとりする方式で、操作が簡単な代わりに高額な手数料がかかります。

一方で「取引所」は、やや操作が複雑で慣れるまで時間がかかりますが、手数料を抑えて取引できます。

最初は販売所を使い、その後慣れてきたら取引所を使ってみると良いでしょう。

(3)ウォレットを作成

NFTのプラットフォームを利用するには、資金管理のためのウォレットが必要です。

ウォレットにはさまざまな種類がありますが、初心者なら「MetaMask」を選ぶと良いでしょう。

MetaMaskは偽物が非常に多く、間違って偽物に登録すると、せっかく購入したイーサリアムを抜き取られてしまいます。

必ず、ユーザー数が「10,000,000+ 人」と表示されているか確認してください。

(4)ウォレットにイーサリアムを送金

次に、国内取引所からウォレットにイーサリアムを移動します。

MetaMaskを開くとアカウントの下にアドレスが表示されているため、このアドレス宛にイーサリアムを送金してください。

ただし、間違ったアドレスに送金すると二度と通貨は戻ってきません。よって、アドレスは必ずコピー&ペーストで入力し、最初はお試しで0.0001ETH程度を送金するのが良いでしょう。

(5)マーケットプレイスでNFTを購入

マーケットプレイスでNFTを購入しましょう。

マーケットプレイスはいろいろありますが、代表的なのは「Opensea」「Rarible」などです。後ほどおすすめのマーケットプレイスを紹介しますので、そちらもぜひ参考にしてください。

なお、国内のマーケットプレイスは海外と比べて圧倒的に市場が小さいですが、お試しで利用するなら問題ありません

NFTを取引できる主なマーケットプレイス

NFTを取引できる主なマーケットプレイス

この項では、NFTの主なマーケットプレイスを国内・海外に分けて紹介していきます。

(1)国内

国内のマーケットプレイスは規模が小さいですが、気軽に取引できます。国内でおすすめのマーケットプレイスは、以下の2つです。

  • Coincheck NFT
  • Adam byGMO

1. Coincheck NFT

気軽にNFT取引を始めたいなら、Coincheck NFTがおすすめです。

大手仮想通貨取引所「Coincheck」が運営するマーケットプレイスで、The SandboxやSorareなど6種類のコンテンツを取り扱っています。

まだβ版ですので取り扱っているコンテンツは少ないですが、今後どんどん増えていく可能性があるため、登録しておくと良いでしょう。

2. Adam byGMO

NFTの購入だけに絞るなら、 Adam byGMOもおすすめです。

GMOコインと同じGMOグループが運営するマーケットプレイスで、現状ではまだ特定の出品者しかNFTを販売できません。

しかし幅広いジャンルのコンテンツを取り扱っており、さらに今後は商品数が増えて盛り上がっていくことが予想されます。

(2)海外

海外のマーケットプレイスは規模が大きく、本格的にNFT取引を行いたい方に適しています。海外でおすすめのマーケットプレイスは、以下の3つです。

  • Opensea
  • Rarible
  • SuperRare

1. Opensea

少しでも多くの人に作品を見てほしいなら、Openseaがおすすめです。

最大手のマーケットプレイスで、100万人を超えるユーザーが利用しています。出品が簡単で初心者でも取り組みやすいのがメリットで、コンテンツも400万点を超えているため売買で困ることはまずありません。

初心者なら、まずはOpenseaに登録すると良いでしょう。

2. Rarible

自分でNFTアートを作って見たい方は、Raribleもおすすめです。

Raribleでは、ウォレットを接続するだけで簡単にNFTを発行できます。さらに、NFTを売買すると独自通貨「RARI」を獲得でき、これを集めることでコミュニティへの参加権を獲得でき、コミュニティ運営に関わることも可能です。

自分でコンテンツを作ってみたいなら、Raribleが最適だと言えるでしょう。

3. SuperRare

優れたアート作品を売買したいなら、SuperRareがおすすめです。

SuperRareでは、NFTアートを出品する際に審査が必要になっているため、優れたアーティストのみが出品しています。ただし、決済に利用できるのはイーサリアムのみで、独自の通貨はありません。

アート作品の質にもこだわるなら、SuperRareに登録すると良いでしょう。

NFT取引を行うときの3つの注意点

NFT取引を行うときの注意点

NFT取引を行う際は、以下の3点に注意しましょう。

NFT取引の注意点

  • 高額な手数料がかかる
  • 送金ミスをすると仮想通貨を失ってしまう
  • 売買益には税金がかかる

(1)高額な手数料がかかる

NFTでは、初回出品時や購入時などに手数料が発生します。特にイーサリアムのブロックチェーンはユーザー数が多い分、手数料(ガス代)も非常に高いです。

例えば、大手マーケットプレイスの「Opensea」では、出品したり購入したりするだけで数千〜数万円の手数料を取られます。

Polygonのプラットフォーム上で取引すれば手数料は避けられますが、こちらは市場がはるかに小さいのが悩みどころです。

本格的に取引したいなら、やはり高い手数料を払ってでもイーサリアムのブロックチェーン上で取引するしかありません。

(2)送金ミスをすると仮想通貨を失ってしまう

国内取引所からウォレットに送金する際は、仮想通貨の紛失に要注意です。

ウォレットへの送金はアドレスを用いますが、もし間違ったアドレスに送金してしまうと、二度と通貨を取り戻せなくなります。

よって、アドレスを入力する際は必ずコピー&ペーストして、初回はアドレスが正しいか確認するために、少額から送金するようにしましょう。

(3)売買益には税金がかかる

NFTの売買で得た利益には税金がかかります。

例えば、持っているNFTを購入時よりも高い価格で売却したり、自分の持っているコンテンツを販売した場合などです。

NFTの税金は、暗号資産取引と同様「雑所得」になると考えられます。しかし、NFTは登場したばかりの分野で法律も定まり切っていないため、NFTで利益が出たら税理士に相談した方が無難でしょう。

NFTとは唯一無二のコンテンツを作る技術!マーケットプレイスで取引しよう

NFTとは唯一無二のコンテンツを作る技術

NFTは「Non-Fungible-Token」の略称です。

代替できないコンテンツを作れるのが最大の特徴で、取引履歴や番号がすべてブロックチェーン上に記録されているため、偽物を作ることができません。

NFTで利益を得るためには、以下3つの方法があります。

NFTで利益を得る方法

  • NFTを売買する
  • コンテンツを販売する
  • NFT関連銘柄に投資する

なお、NFT取引に必要なイーサリアムを購入するなら「GMOコイン」がおすすめです。

CoincheckやbitFlyerと違って送金手数料がかからないため、ウォレットへ送金する際のコストを大幅に抑えられます。これからNFTを始めるなら、ぜひGMOコインに登録しておきましょう!

>>GMOコインに登録する

© 2022 KAZUBLOG Powered by AFFINGER5