Webライター

会社を辞めたい時におすすめの副業5選!必要な準備や仕事をスムーズに辞めるポイント

タイトル

kazu

フリーのWebライター&ディレクター。未経験からライターに挑戦→半年後に月収50万円達成。スキルのあるWebライターを増やすべく発信しています。

「会社を辞めたい時におすすめの副業は?」
「稼ぎやすい副業は?今の会社がブラックでどうしても辞めたい…」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

今働いている会社の働き方や業務が自分と全く合わず、なんとかして辞めたいと考えている方は非常に多いと思います。

会社を辞めたいなら、副業Webライターがおすすめです。Webライターは稼げるまでが早いだけでなく、ライティングスキルを様々な分野で活かせますよ。

この記事では、副業で稼いで会社を辞めたいあなたのために以下の情報について解説します!

この記事でわかること

  • 会社を辞めたいのは甘いなのか
  • おすすめの副業とその理由
  • 副業を始める時のポイント
kazu
僕は会社を辞めてWebライターになったことで、ここまで成果を上げられました!

  • 会社を辞めて独立
  • 未経験から月収65万円
  • 1年でディレクターに昇格

僕は会社を辞めたおかげで、会社に振り回されない人生を手に入れました。あなたも「自分の人生」を歩めるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください!

会社を辞めたいと思うのは甘えなの?

会社を辞めたいと思うのは甘えなの?

会社を辞めたいと思うのは、決して甘えではないと思います。人には適所適材があり、組織で働くのが得意な人もいれば、個人プレーが得意な人もいるからです。

kazu
これは決して欠点ではなく、個性のひとつです。

ゲームで苦手な敵が出てきたら逃げますよね?その感覚で、合わない会社で働く時間は無駄なので、早く辞めて次の挑戦をした方が絶対にいいでしょう。

僕は過去超ブラック企業で働いていて、働く気が失せて辞めましたが、1秒たりとも後悔したことはありません。

会社を辞めたいなら副業Webライターがおすすめ

会社を辞めたいなら副業Webライターがおすすめ

会社を辞めたいものの、どんな副業をやろうか悩んでいる方は非常に多いでしょう。

僕がおすすめするのは「Webライター」です。Webライターとは、Webメディアに記事を寄稿する仕事で、他の副業と違って次のようなメリットがあります。

Webライターのメリット

初期投資が少ない
稼げるまでが非常に早い
ブログにもスキルを活かせる

それぞれの利点を詳しく見ていきましょう。

理由①:初期投資が少ない

Webライターに必要なのは、パソコンやネット環境くらい。さらに高性能なパソコンは必要なく、10万円もあれば十分なパソコンを購入できます。

動画編集などは非常にハイスペックなパソコンが必要になるためハードルが高いですが、Webライターはそれと比べると参入障壁が低いです。

あまりお金がない方は、とりあえずMacBook Airを買ってWebライターを始めてみるのが良いでしょう。

理由②:稼げるまでが非常に早い

Webライターは稼げるまでが早いのも特徴です。プログラミングやWebデザイナーなどは求められるスキルが多く、甘く見積もっても仕事が取れるまで半年以上かかります。

しかし、WebライターはWebライティングの技術を身に付ければ初月からでも稼げる可能性があります。

kazu
プログラミングとブログで挫折した僕でも数ヶ月で稼げているため、再現性は高いと言えるでしょう。

理由③:ブログにもスキルを活かせる

Webライティングはあらゆる場面で役立ちます。

特に大きいのがブログでしょう。ブログは副業の代名詞のようなイメージがありますが、実は求められるスキルが非常に多くて稼ぐのは困難です。

ただしその代わり、稼げるようになると非常にリターンが大きいです。WebライターでWebライティングやSEOのスキルを身につけていれば、ブログでの収益化も現実的になってきます。

Webライターで稼げるようになったらブログにも挑戦しよう

Webライターで稼げるようになったらブログにも挑戦しよう

Webライターで稼げるようになったら、次はブログを始めてみましょう。

ブログには「Webライティング」「SEOの知見」「マーケティング」など様々なスキルが必要ですが、これらはWebライターでカバーできます。

kazu
Webライターなら、ブログを「強くてニューゲーム」で始められるようなものです。

また、Webライターはフロー収入、ブログはストック収入なのでバランスが取れています。Webライターに加えてブログで稼げるようになれば、会社からの脱却も現実的になりますよ。

Webライター以外でおすすめの副業3選

Webライター以外でおすすめの副業

どうしてもWebライターの仕事が合わなさそうな方は、次のような副業を検討してみても良いでしょう。

Webライター以外の副業

  • せどり
  • 動画編集
  • Webデザイナー

①せどり

せどりとは、仕入れた商品を仕入れ額よりも高い値段で販売し、その差額を利益とするビジネスです。

Webライターと同じく即金性が高いため、初心者でもローリスクで取り組める副業だと言えるでしょう。

kazu
納期がなく、スキマ時間で取り組みやすいのも利点です。

ただし、安定した利益を得るには目利きが必要になるため、余剰在庫を抱えてしまうリスクがあります。

②動画編集

動画編集とは、YouTubeやWeb広告の動画を編集する仕事です。近年ではYouTuberなどが増えて来ており、稼ぎやすくなっています。

kazu
動画編集の仕事は楽しいという人も多く、仕事自体は取り組みやすいと言えるでしょう。

しかし、Webライターと違って本格的に動画編集するにはハイスペックで高額なパソコンが必要になるため、初期投資が大きいのが欠点です。

③Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトのデザインを担当・制作する仕事です。

まずは「Illustrator」「Photoshop」などのグラフィックソフトを使ってデザインした後、コーディングやプログラミングを行います。

デザインからプログラミングまで必要なスキルが多くて、独学で学ぶのはややハードルが高いですが、その分需要があって長く稼ぎ続けられます。

副業を始める時の3つのポイント

副業を始める時のポイント

Webライターに限らず、副業としてビジネスに取り組む時に非常に重要な3つのポイントを解説します。

副業を始めるポイント

  • すぐに行動する
  • 毎日5分でも継続する
  • 長期目線で取り組む

これらは全て、僕がWebライターとして稼ぐ中で副業初心者の人に知っておいてほしいと思うポイントです。

①すぐに行動する

とにかくすぐに行動しましょう。ある程度ビジネスを経験したからこそわかりますが、行動しない(行動が遅い)人は絶対に成功しません。

人間のモチベーションは生物(なまもの)です。今この記事を読んでやる気になっている方も、数時間後には「また今度やろう」という気持ちになっているはず。

kazu
モチベーションがある今のうちに、準備だけでも済ませておきましょう。

②毎日5分でも継続する

成功には継続も重要です。正直なところ、一気に稼げるようになる都合の良い方法は存在しません。

Webライターでもブログでも、毎日コツコツ続けた人だけが勝つのです。

kazu
現実的ですみません。でも、これが事実です。

一日たった5分でいいので、まずは騙されたと思って継続してください。そして、少しずつ作業の基準を高めていきましょう。

③長期目線で取り組む

ビジネスは長期目線で取り組みましょう。Webライターは利益が出るまで早い方ですが、それでも結果が出るまでに半年以上かかる可能性も。

人と違う結果を出すには、みんなが諦めるところでしっかり継続するのが大切です。失敗するのはむしろ当たり前なので、将来の自分の姿を思い浮かべて長期目線で継続しましょう。

会社を辞めるために必要な4つの準備

会社を辞めるために必要な準備

副業を始めて会社を辞めようと考えている方は、次のような準備を進めておきましょう。

会社を辞めるための準備

  • 開業届を出す
  • クラウドソーシングに登録
  • 会計ソフトを用意
  • クレジットカードを作っておく

①開業届を出す

まずは開業届を出しましょう。20万円以上稼いだら確定申告が必要になりますが、開業届を出していないと「青色申告」ができず税制面で不利になってしまいます。

青色申告とは
青色申告の承認を受けていれば、最大65万円分の控除を受けられるため、所得税を大きく抑えられる。

特にデメリットはありませんし、何よりモチベーションにつながるため、ぜひ開業届を出しておきましょう。

②クラウドソーシングに登録

次に、クラウドソーシングアプリに登録しておきましょう。

Webライターが仕事を取る方法は様々ですが、最も再現性が高くて簡単なのがクラウドソーシングです。

kazu
登録するのは以下の2つだけで十分です。

クラウドソーシングのプロフィールの作り方は、以下の記事で解説しています。

【初心者向け】Webライターのプロフィール文はどう書けばいい?実績がないときの対処法

「プロフィール文ってどう書けばいいの?」 「絶対に書くべきことは?仕事が取れるライターになりたい」 あなたはこんな疑問を持っていませんか? クラウドソーシングに登録したらまずプロフィールを作ると思いま ...

続きを見る

③会計ソフトを用意

前述の通り、年間20万円以上の利益が出ると確定申告が必要です。

申告期限は2月16日〜3月15日。直前に全て帳簿記入しようとすると大変ですので、毎月きっちり帳簿を付けておきましょう。

kazu
こまめに帳簿記入しておけば、経費の記入漏れも防げます。

おすすめの会計ソフトは「弥生会計」です。

弥生会計

kazu
弥生会計は多くの税理士さんが推奨しており、非常に扱いやすいツールです。

帳簿記入はもちろん、申告まで全てネットで完結します。税務署に行く必要もないため、確定申告を楽チンで済ませられますよ。

初年度は無料なので、ぜひ登録しておきましょう。

>>やよい会計に初年度無料で登録する

④クレジットカードを作っておく

会社を辞める前に、クレジットカードを作っておきましょう。

普段から決済をクレジットカードにしていれば、帳簿記入が圧倒的に楽になりますし、ポイントが付くなどメリットが非常に大きいです。

kazu
会社を辞めて自営業になると、カードが作れなくなる可能性も考えられます。

会社員で信用のあるうちに、使いやすいクレジットカードを一枚作成しておきましょう。

クレジットカードを6ヶ月以内に連続で申し込むと信用情報に記録されて悪印象を与えてしまうため、まずは一枚に絞りましょう。

会社に副業がバレないようにする方法

会社に副業がバレないようにする方法

会社に副業がバレる原因の多くは、住民税です。

サラリーマンの多くは会社を通じて住民税を納税しているため、副業によって収入が増えて住民税が上がると会社にバレてしまいます。

住民税の納税方法を「普通徴税」にして自分で収めれば、会社にバレる心配はありません。

他にも職場に副業のパソコンや本を持ち込まない、親しい人にも離さないなどバレないように注意しましょう。

副業を禁止する法律はないため、会社が副業禁止でもあなたの可能性を捨てる必要はありませんよ。ただし、公務員は法律で副業を禁止されているため注意しましょう。

副業で稼げないまま会社を辞めてしまった時の3つの対処法

副業で稼げないまま会社を辞めてしまった時の対処法

中には会社がブラックでキツすぎて、副業で結果が出ないまま会社を辞めてしまう方もいるでしょう。

しかし問題ありません。会社を辞めても、以下のような方法で働きながら副業を続けられますよ。

一時的に稼ぐ方法

  • アルバイト
  • フードデリバリー
  • 日雇い派遣

僕は会社を辞めた後、しばらくフードデリバリーで稼いでいました。

①アルバイト

まずおすすめなのがアルバイトです。

アルバイトならフードデリバリーやクラウドソーシングの副業と違い、ある程度の期間は安定収入を得られます。

kazu
シフトを決められるため、副業のための時間を確保しやすいのも利点です。

少しリスクはありますが、今の会社がブラックすぎて副業する余裕すらないなら、早めに辞めてバイトしながら時間を確保するのも良いでしょう。

②フードデリバリー

フードデリバリーは気軽さが非常に魅力です。

自転車やバイクさえ持っていればいつでも好きなタイミングで働けて、アルバイトと違ってわずらわしい人間関係もありません。

kazu
超絶コミュ障の僕でも、フードデリバリーなら続けられました(笑)

現在、国内には以下のようなフードデリバリーサービスがあります。

  • Uber Eats
  • 出前館
  • Wolt
  • menu

それぞれ対応エリアが異なるため、特に大阪・東京以外の地方に住んでいる方は、自分のエリアに対応しているか確認しておきましょう。

③日雇い派遣

今すぐ働きたいなら日雇い派遣も良いでしょう。

通常のアルバイトと違って登録した最短翌日から働けますし、会社によっては手数料を支払えば報酬を早く受け取れます。

なお、日雇い派遣には主に以下のような業務内容があります。

  • 引っ越し
  • 倉庫整理
  • 什器搬入
  • 会場整理
  • キッチン
  • ホール
kazu
力仕事もあれば、体力のない高齢者や女性でも働ける仕事もあります。

ただし、自分の働きたいタイミングでやりたい仕事が募集されているとは限らないため、複数のサービスに登録しておきましょう。

仕事を辞めた時に活用したい2つの制度

仕事を辞めた時に活用したい制度

仕事を辞めてお金がなくて苦しい場合、次のような制度も活用しましょう。

失業した時に活用したい制度

  • 失業保険
  • 就労支援

①失業保険

会社を辞めると失業保険を受けられます。

以下のような会社都合の退職なら、無条件ですぐに失業保険を受け取れるため便利です。

  • パワハラ、セクハラなどのハラスメント
  • 倒産、大量のリストラ
  • 賃金不払い、賃金の低下
  • 求人票と違う待遇
  • 会社から辞めるように言われた
  • 事業所の移転で、通勤時間が大幅に伸びた
  • 親の介護

ただし「会社都合」と「自己都合」では事情が異なり、自己都合の場合は受け取りが最短3ヶ月後からになり、さらに給付制限もあります。

kazu
自己都合の場合はハローワークで仕事を探さなければならないなど面倒な点も多く、僕は使いませんでした。

②就労支援

お住まいの地域によっては就労支援といって、給付金を受け取りながら無料でスキルを身につけられます。

地域にもよりますが、Webデザインやエンジニア、プログラミングなどのコースも用意されているため、役に立つこと間違いなし。

kazu
興味があれば、ぜひ調べて上手に活用しましょう。

会社を辞めたい時の副業にはWebライターが最適!準備も進めておこう

会社を辞めたいものの、どんな副業をやろうか悩んでいる方はまず「Webライター」を検討してみてください。

Webライターは稼げるまで早いのが魅力です。さらにライティングスキルはブログをはじめ様々な分野で活かせるため、将来性も高いと言えるでしょう。

会社を辞めようと考えているなら、次のような準備も進めておきましょう。

会社を辞める準備

  • 開業届を出す
  • クラウドソーシングに登録
  • 会計ソフトを用意
  • クレジットカードを作っておく

会社員をやりながらだと時間がなかなか取れず結果が出るまでに時間がかかるため、より効率的に学習したいならスクールも良いでしょう。

Webライターのスクールでおすすめなのは「WritingHacks」です。

WritingHacks

kazu
僕はWritingHacksを受講してから、半月で仕事が取れるようになりました。

WritingHacksのメリット

  • 無期限のLINEサポート
  • プロライターによる計3回の添削
  • 5〜10分の動画でスキマ時間に学習できる
  • 沖プロで仕事が取れる
  • 卒業生としてアピールできる

価格は69,800円(税込)とそこそこです。しかし、僕は受講して計500万円以上稼いでいるので、人生変わるレベルで高コスパですよ。

最速で結果を出したいなら、迷わず受講すべき内容だと言えるでしょう。

>>>WritingHacksを受講してプロライターになる

以下の記事で受講した感想を書いているため、こちらも参考にしてください。

【体験談】WritingHacksで本当に稼げるようになる?評判や受講してみた結果を暴露します

「WritingHacksは稼げるようになる?」 「未経験でも大丈夫なの?値段だけの価値があるのか知りたい!」 あなたはこんなふうに悩んでいませんか? 結論からお伝えすると、WritingHacksを ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-Webライター

© 2022 KAZUBLOG Powered by AFFINGER5